まりこふんさんがナビ! 世界遺産・仁徳天皇陵の日帰り旅その0

まりこふんさんがナビ! 世界遺産・仁徳天皇陵の日帰り旅

2019-07-06
73078 Point
令和に入って初めて、かつ大阪府としては初の世界文化遺産登録となる仁徳天皇陵。古墳にコーフン協会会長・まりこふんさんに、仁徳天皇陵を堪能する日帰り旅をナビゲートしてもらいました。

仁徳天皇陵がある百舌鳥(もず)・古市古墳群とは

仁徳天皇陵は日本最大の前方後円墳で、エジプト・クフ王のピラミッド、中国・始皇帝陵と並ぶ世界三大墳墓です。それを有する百舌鳥・古市古墳群は、独特な鍵穴型の前方後円墳が多数集まり、これらと多数の中小墳墓が密集して群を成しています。

まずは古代人たちと同じ目線で仁徳天皇陵を見つめて。

まずは古代人たちと同じ目線で仁徳天皇陵を見つめて。
Photo:まりこふん

──世界文化遺産登録、嬉しいですね! 話題の仁徳天皇陵を堪能するには、どんな旅プランがおすすめですか?

今はセスナ機で上空から眺められたりできますが、まずは仁徳天皇陵の周りをぐるっと歩きましょう! その雄大な姿を俯瞰で見たくなると思いますが、昔は古墳を上から見ることはできなかったじゃないですか。なので、古墳を作っていた1500年前の古代人たちと同じ目線で1周歩いて、その大きさを体感してほしいです。

旅プランは阪和線百舌鳥駅から仁徳天皇陵に向けてスタート。拝所(写真)があるので、初めにそちらに参拝を(※宮内庁管轄なので中には入れません)。ここが唯一、前方部が少し見えるところなんです。仁徳天皇陵は3重の濠(ほり)と2重の堤で囲まれていて頑丈にガードされています。鉄壁のガードのさまは、まるで大スター。仁徳天皇陵に会いに行くのは、大スターに会うようなものなんです。段階を踏んでお近づきになりましょう。
まりこふんさんがナビ! 世界遺産・仁徳天皇陵の日帰り旅その3
Photo:まりこふん

その後はかわいい案内板などを頼りに歩きます。1周は3km弱、ゆっくり歩いて1時間弱です。陪塚(ばいちょう)と呼ばれる仁徳天皇の家来や家族の墓とも言われている古墳も近くに10基以上点在しているので、寄ってみたり、歩道橋があるので、そこに上って別角度から仁徳天皇陵を見てみたり。後円部が歩道橋の上から見えるんですよ。少しでも姿が見たい人にはおすすめポイント。

最近は近くに「もず庵」というお土産屋さんもできたので、そこで古墳グッズを購入してもいいですね。


◆仁徳天皇陵
住所:大阪府堺市堺区大仙町
時間:なし
定休日:年中無休

ちょっと高いところからその雄姿を確認

ちょっと高いところからその雄姿を確認
Photo:まりこふん

──古代人たちと同じ景色を見て、当時に思いを馳せることが大事なのですね。周りをぐるりと1周したら、どこへ行きましょう?

「堺市博物館」へ。百舌鳥古墳群のほぼ真ん中に位置する「大仙公園」内にあります。博物館へ向かうところまでにも陪塚があるので、それらを見ながら行くのもまたいいですよ。博物館には出土品や棺のレプリカがありますが、面白いのはクフ王のピラミッドと秦の始皇帝陵、仁徳天皇陵の3つの大きさを比較した展示(写真右)。私は仁徳天皇陵が一番大きいとわかるこの展示で衝撃を受けるとともに、「なんで仁徳天皇陵は世界遺産じゃないの?」と疑問に思っていたんです。

そして何といってもドローンの映像が見られるVRツアーがおすすめ。空からの仁徳天皇陵や今まで見られなかった石室を見ることができますよ。


◆堺市博物館
住所:堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁 大仙公園内
電話番号:072-245-6201(学芸課)
開館時間:9:30~17:15 ※入館は16:30まで
休館日:月曜日(祝日・休日の場合は開館)、年末年始
Photo:まりこふん

その後は百舌鳥駅に戻り、堺東駅へ。電車で10分ほどです。駅から徒歩5分の「堺市役所」の21階、展望ロビーへ行きましょう。360度の展望が楽しめる回廊式ロビーは無料で入れて、斜め上から仁徳天皇陵を眺められます。鍵穴の形にはまだまだ見えませんが……、周りの古墳の配置を見たり、住居や電車の大きさと見比べたりしましょう。
Photo:まりこふん

景色を満喫したら、同じロビー階にある「喫茶ミエール」でランチを。ここからは仁徳天皇陵は見えーないのですが(笑)。
古墳の形のご飯がかわいい「GORYOカレー」や「GORYOカフェラテ」をいただきます。


◆堺市市役所
住所:堺市堺区南瓦町3番1号
電話番号:072-233-1101(代表)
開館時間:9:00~17:30 
休館日:土・日曜、年末年始

午後はセスナ機で念願の全景を!

Photo:まりこふん

──少し高いところから見る仁徳天皇陵も感動しそうです。午後はどこに行きますか?

いよいよセスナ機に乗って上空から古墳を眺めましょう。堺東駅から電車で50分弱の八尾南駅で降り、歩いて10分弱で八尾空港に到着します。遊覧飛行をしている第一航空へ。「百舌鳥・古市古墳巡り」コースを飛んでもらいます。
Photo:まりこふん

上空から見る古墳は感動もひとしお。ほんとうにダイブして埋葬されたくなりますよ(笑)。これは古墳に興味がない方でも一生に一度は見た方がいいんじゃないかな。


◆八尾空港
住所:八尾市空港2丁目12(八尾空港事務所)
電話番号:072-992-0031


◆第一航空
住所:八尾市空港2丁目12番地(八尾空港内)
電話番号:072-923-8095 ※予約制は無し。希望日の2〜3日前に要問い合わせ
料金:百舌鳥・古市古墳巡り(ショート)15分 243,00円(3名まで)
   百舌鳥・古市古墳巡り(ロング)22分 35,640円(3名まで)

おわりに

世界文化遺産になって、ようやく多くの方に「古墳」を知ってもらうチャンスがきた! と嬉しく思います。十何年前は世界のみならず日本の方の認知度もとても低くて……。世界最大の墳墓が日本にあるということをもっと世界中の人たちに知ってもらい、訪れてもらいたいです。ぜひこの旅プランで、仁徳天皇陵の魅力を味わってください!


◆まりこふん
古墳シンガー。2013年、「古墳をゆるく楽しく愛でる」をモットーに「古墳にコーフン協会」を設立、会長を務める。古墳を「かわいい!」という独自の目線でひも解き、「堅苦しい古墳のイメージをカジュアルにしたい」と日々活動中。全国各地のイベントや、TV・ラジオ番組、新聞、雑誌記事などメディアにも多数出演。毎年はとバス主催の「まりこふんと行く古墳バスツアー」を開催中。CDに「古墳deコーフン!」「装飾古墳」他、古墳関連の著書6冊発売中。

【関連記事】話題の古墳を関東で! まりこふんさんおすすめ4選

十数年前に音楽活動の合間に仁徳天皇陵古墳に行ったのがきっかけで古墳の曲が生まれ、古墳を...

旅行 古墳 まりこふん 仁徳天皇陵 世界遺産