宇宙に一番近いまち「鹿児島県肝付町」の旅を真矢ミキさんがナビゲートその0

宇宙に一番近いまち「鹿児島県肝付町」の旅を真矢ミキさんがナビゲート

2020-02-25
49328 Point
2月25日に、電子雑誌『旅色 肝付町特集』が公開。鹿児島県大隅半島の東側に位置する肝付町の旅を、女優の真矢ミキさんが案内します。900年続く流鏑馬(やぶさめ)行事など歴史が伝承される町でありながら、JAXAの施設からはロケットが飛び立つ最新技術の見どころも! 幅広いスケールを持つ肝付町の魅力をご紹介します。

Text:旅色編集部

900年の歴史を持つ流鏑馬行事の舞台「四十九所神社」へ

900年の歴史を持つ流鏑馬行事の舞台「四十九所神社」へ
肝付町で900年以上受け継がれてきた「流鏑馬」。色鮮やかな狩衣をまとった少年が、駆ける馬上から的をめがけて矢を放つ伝統行事で、毎年10月に五穀豊穣などを祈願して奉納されます。この舞台となっているのが、由緒正しい「四十九所神社」です。
宇宙に一番近いまち「鹿児島県肝付町」の旅を真矢ミキさんがナビゲートその2
真矢ミキさんも参拝に訪れ、その歴史に圧倒。流鏑馬のイラストが描かれた絵馬に「笑顔多き一年となりますように」と願いを綴りました。肝付町の産土神に挨拶をして、1泊2日の旅のスタートです!

こちらは建造から200年! 薩摩藩の武家屋敷「二階堂家住宅」

こちらは建造から200年! 薩摩藩の武家屋敷「二階堂家住宅」
続いて訪れたのは、鹿児島県南部の特徴的な茅葺き屋根でつくられた「二階堂家住宅」。日中国交正常化に尽力した政治家・二階堂進氏の生家で、1810年頃の建築といわれています。立派な庭園とともに見学することができ、重ねてきた歴史の重みを感じます。

本土唯一のロケット発射場「内之浦宇宙空間観測所」

本土唯一のロケット発射場「内之浦宇宙空間観測所」
2日目は、湾岸エリアへ。太平洋を望む山地には、JAXAの施設「内之浦宇宙空間観測所」が設置されています。鹿児島のロケット発射場といえば「種子島」がよく知られていますが、ここ肝付町からも「はやぶさ」などのロケットや人工衛生・探査機が打ち上げられているんです! 敷地内には車で入場し、発射台や実物大の試験機などを見て回ることができますよ。
施設の向かいには、おみやげショップも。JAXAの公式宇宙グッズや宇宙食など、ここならではのグッズが揃います。真矢さんも夢中で買い物を楽しみました。

新鮮な“えっがね”をいただける人気店「網元」へ

実は肝付町、鹿児島県内でも屈指の漁獲量を誇る伊勢エビの産地。活魚料理の店「網元」では、新鮮な活き造りや、伊勢エビの味噌汁がついた定食などをいただくことができます。

地元では伊勢エビのことを「えっがね」と呼び、毎年秋と春には「えっがね祭り」を開催していいます。町内の飲食店がオリジナルのえっがね料理を提供し、さまざまなかたちで伊勢エビを楽しむことができるイベントです。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

今回の旅の様子は、動画でも公開中!

おわりに

公開中の『旅色 肝付町特集』では、肝付町を巡る1泊2日のモデルコースや、真矢ミキさんの旅をふり返ってのスペシャルインタビューなどをご覧いただけます。ぜひチェックしてみてください!

『旅色 肝付町特集』はこちら

トラベル 鹿児島 真矢ミキ ロケット