変化めまぐるしい渋谷に残るレトロ喫茶。難波里奈さん厳選3店【連載vol.3】その0

変化めまぐるしい渋谷に残るレトロ喫茶。難波里奈さん厳選3店【連載vol.3】

2020-01-26
88566 Point
新年が始まってすでにひと月が経とうとしています。みなさまはいかがお過ごしでしょうか? 再開発が続き、訪れる度にその風景をめまぐるしく変える渋谷駅周辺。2012年開業の「渋谷ヒカリエ」を皮切りに、最近では「渋谷スクランブルスクエア」の登場や2020年1月3日に生まれ変わった銀座線のホームなど、話題には事欠かず、少しずつその姿があらわになってきています。便利になる一方、常に混雑している街、渋谷では疲れてしまった時に休憩する場所が思い浮かばないという方もいらっしゃるかと思います。そんな時にひと息つける、昔懐かしい3軒の純喫茶を紹介します。

Text&Photo:難波里奈(東京喫茶店研究所二代目所長)

抜群の雰囲気のなか本格コーヒーがいただける人気店「茶亭 羽當」(渋谷)

抜群の雰囲気のなか本格コーヒーがいただける人気店「茶亭 羽當」(渋谷)
1軒目は、1989年9月創業、渋谷・宮益坂下にある「茶亭 羽當(ちゃてい はとう)」。サードウェーブの先駆けである「ブルーボトルコーヒー」の創始者ジェームス・フリーマンが感銘を受けたというコーヒーを味わえるお店です。
変化めまぐるしい渋谷に残るレトロ喫茶。難波里奈さん厳選3店【連載vol.3】その2
席へと案内され、「羽當オリジナルブレンド」を注文。ふとカウンターのほうに目をやると、コーヒーを淹れようとしていた方と目が合いました。実はこちらでは、数百客以上のカップの中から飲む人をイメージしたもので提供してくれるという楽しみがあり、先ほどの視線はきっと私の雰囲気を見るためだったのでしょう。運ばれてきたカップは白地に青くて可憐な花柄……とても嬉しい心遣いです。
変化めまぐるしい渋谷に残るレトロ喫茶。難波里奈さん厳選3店【連載vol.3】その3
ペーパードリップで抽出される羽當オリジナルブレンドやシングルコーヒーのほかに、コクテール堂のオールドビーンズを使用しネルドリップで抽出される「五番町」「楡(ニレ)」も。平日夕食前の時間帯にも関わらず、ひっきりなしに埋まる席。海外からの訪問客も多く、相席で楽しむ大きなテーブルでは、中央に活けられた生命力を感じる植物を見上げながら、コーヒーや絶品シフォンケーキ、ホットサンドを笑顔で楽しんでいました。
変化めまぐるしい渋谷に残るレトロ喫茶。難波里奈さん厳選3店【連載vol.3】その4
◆茶亭 羽當
住所:東京都渋谷区渋谷1-15-19 二葉ビル 2F
電話:03-3400-9088
営業時間:11:00~23:30(LO22:30)
定休日:なし

街を見守り続ける駅チカの老舗でほっとひと息「Paris COFFEE」(渋谷)

2軒目は、「渋谷マークシティ」の裏に降りてすぐの小道にある「Paris COFFEE」。1975年からずっと変わりゆく渋谷の喧騒を見守っている老舗で、看板に咲いた一輪のバラの花と赤色のファサードが目印です。繁華街の雑音を忘れてしまうような静かでこぢんまりとした店内には窓からの光が差し込み、明るい雰囲気。ずらりと並んだ赤いイス、木のテーブルの上には季節の花々が飾られていて目を潤します。
トーストメニューが豊富なので迷ってしまいますが、ぜひ一緒に注文していただきたいのはウィンナーコーヒーかアイスウィンナーコーヒー。コーヒーの水面にバラの花を模したクリームが乗せられていて、注文した人たちのテーブルでは小さな歓声が上がることもしばしば。誰かと一緒の時には心や話題に華を添えてくれるのです。日によって作る人が違うのか、花の形や大きさに個性があるところも愛おしいポイント。一人で訪れたならカウンター席に座って花びらが象られていく様子を眺めるのも楽しいかもしれません。
以前は全席喫煙でしたが、2019年春から全席禁煙となったことで以前より女性客も多くなりました。駅から近く分かりやすい場所にあるので、待ち合わせのお店として美しい時間を過ごすのもおすすめです。


◆Paris COFFEE
住所:東京都渋谷区道玄坂2-5-6
電話:03-3461-1335
営業時間:火曜~土曜日10:00~22:00(LO21:30)、月曜・日曜日10:00~20:00(LO19:30)
定休日:不定休

昭和元年創業、クラシックとコーヒーに浸る時間を「名曲喫茶ライオン」(渋谷)

3軒目は、道玄坂にある「名曲喫茶ライオン」。こちらへはお一人での訪問をお薦めします。なぜなら、店内1階正面には巨大なパイオニア製のスピーカーが鎮座しており、各々がクラシック音楽を堪能する空間だからです。そのため、店内の撮影や大きな声でのおしゃべりも禁止されています。
※写真は書籍取材時に許可を得て撮影したものです

昭和元年に初代店長が自らデザインを手掛けた内装は、今見てもうっとりするほど緻密でゴージャス。昭和20年の東京大空襲で一度全焼したにも関わらず、その5年後に同様のデザインで再建されたというこだわり。照明は「女性を美しく見せる光」と言われる青色で、京都にある老舗純喫茶「ソワレ」を思わせる艶めかしい雰囲気を醸し出すのに一役買っています。ほとんどのイスがまるで映画館のようにスピーカーに向かって同じ方向を向いているのも特徴的です。背の高いイスたちのおかげで人の姿はすっぽりと隠れ、周囲を気にせずにゆったりと過ごすことができるのです。
毎日15時と19時には約1時間の定時コンサートが開催されていますが、それ以外の時間帯はリクエストも可能だそう。夜22時半まで営業しているのもありがたいです。


◆名曲喫茶ライオン
住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-13
電話:03-3461-6858
営業時間:11:00~22:30(LO22:20)
定休日:1月1~4日、お盆明け5日間

おわりに

賑やかな渋谷の中でも一人のんびり過ごせる純喫茶をご紹介しました。お気に入りのお店を見つけて、ひと時の気分転換を楽しんでくださいね。


◆難波里奈
日中は会社員、日暮れから東京喫茶店研究所二代目所長として活動中。自身のブログ『純喫茶コレクション』や著書『純喫茶とあまいもの』(誠文堂新光社)、『クリームソーダ 純喫茶めぐり』(グラフィック社)などにて、これまでに訪れた喫茶店を記録している。


【関連記事】純喫茶の名物マスターに会いに行く。難波里奈さんがこよなく愛する都内3店【連載vol.4】

例年より凍えるような寒さの日が少ない冬で、あっという間に桜のつぼみも開く季節となりそう...


【関連記事】カレーを求めて純喫茶へ。難波里奈さん厳選・都内3店【連載vol.2】

みなさまは純喫茶を訪れたとき、何を召し上がることが多いでしょうか? ケチャップがよく絡...


【関連記事】純喫茶愛好家・難波里奈さん連載vol.1 寒い夜に寄り道したい21時以降に行ける店3選【中央線沿線】

仕事や用事が済んだ帰り道。そのまままっすぐ帰宅する前に少しひと息つきたい、そんな気分の...

トラベル 純喫茶 レトロ 渋谷