秀吉が見込んだ才覚者!斬首で幕を閉じた「石田三成」ゆかりの地5選その0

秀吉が見込んだ才覚者!斬首で幕を閉じた「石田三成」ゆかりの地5選

2016-03-25
1472220 Point

image source: tabiiro.jp

石田三成とは、豊臣軍を率いて、関が原の合戦や大阪冬の陣・夏の陣の戦いを繰り広げた、戦国大名として有名です。
結果的に、武将に恵まれず大敗してしまい、悲運な最期を迎えますが、そうした点も根強いファンを惹きつけている理由でしょう。
今回は、そんな「石田三成」のゆかりの地をご紹介いたします。

石田三成とは?

石田三成は、豊臣秀吉のブレーンとして活躍した近江国坂田郡(現滋賀県長浜市)出身の戦国大名です。

石田三成は、豊臣秀吉が近江長浜城主になった際に、15歳で小姓として仕えはじめました。
そして、石田三成が23歳の頃に本能寺の変が起こり、豊臣秀吉が織田信長の後継者として活躍し始めると、石田三成もその側近として活躍し、名前が知られていくようになりました。

石田三成が39歳の時に、豊臣秀吉が死去します。
徳川家康が台頭してくることを懸念し、上杉景勝・直江兼継らと家康打倒の計画をし、後の関が原の戦いに発展していくのです。
西軍となった石田三成でしたが、軍勢の戦意の低さと小早川秀秋などの徳川軍への寝返りによって総崩れとなり、敗れてしまいました……。

その後、石田三成は徳川家康より命が下り、京都の六条河原にて斬首され、41歳という人生に幕を下ろしました。

石田三成ゆかりの地その① 大徳三玄院

まず最初にご紹介する石田三成ゆかりの地は、大徳三玄院です。

大徳三玄院は、約400年前に豊臣政権五奉行として知られていた石田三成、浅野幸長、森忠政の3人によって創建されたお寺です。

京都でも人気の観光地の中にある大徳寺に、石田三成の墓があります。
しかし、通常はお墓が非公開となっているため、大徳三玄院の門前には「石田三成公墓地」の石碑が建っています。

見学はできませんが、石碑の前で少しだけ足を止めて、石田三成について思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

◆「大徳三玄院」
場所:京都府京都市北区紫野大徳寺町76

石田三成ゆかりの地その② 大原観音寺

次にご紹介する石田三成ゆかり地は、大原観音寺です。

ここは、豊臣秀吉と石田三成の出会いの場であるという、「三椀の才」の伝説が残っています。

豊臣秀吉が鷹狩りに訪れた時、その寺の小姓であった石田三成。
石田三成は、汗だくの豊臣秀吉に1杯目はぬるめのお茶を大きな椀に入れて出しました。
豊臣秀吉が2杯目を所望すると、先ほどより小さい椀に、1杯目より少し熱めのお茶を半分だけ入れて出しました。
そして、再び豊臣秀吉がお代わりを求めると、熱いお茶を小さい椀に入れて出したという話があります。

この石田三成のもてなしと気遣いを受けて、豊臣秀吉は石田三成を自分の小姓としてスカウトしたのです。
大原観音寺ではこのとき、石田三成がお茶の水として汲んだとされる古井戸も残っています。

◆「大原観音寺」
場所:滋賀県米原市朝日1342
TEL:0749-55-1340

大原観音寺

石田三成ゆかりの地その③ 長浜駅

次にご紹介する石田三成ゆかりの地は、滋賀県の長浜駅です。

長浜駅には、豊臣秀吉と石田三成の出会いである「三椀の茶」を表現した銅像が置かれています。

駅前のロータリーにあって、大変分かりやすいのでおすすめのスポットです。
しかし、車の往来もありますので、写真撮影をする場合は十分に注意を払いましょう!

◆「長浜駅」
場所:滋賀県長浜市北船町1-5

石田三成ゆかりの地その④ 石田会館

次にご紹介する石田三成ゆかりの地は、石田会館です。

石田会館とは、石田三成が住んでいた屋敷跡に建てられた史料館です。
館内には、石田三成の活躍の軌跡をたどることができる絵巻や、「治部池」と呼ばれる石田屋敷にあった池跡など、石田三成の史料や史跡をじっくりと見ることができます♪

また、石田三成の「頭蓋骨の写真」なども展示しているので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

◆「石田会館」
場所:滋賀県長浜市石田町治部576
TEL:0749-62-8285
営業時間:9:30~12:30/土日祝日:13:00~17:00(1月2月除く)
定休日:不定休なので、問い合わせが必要です。
料金:入館無料

石田会館

石田三成ゆかりの地その⑤ MITSUNARI11

最後にご紹介するのは、「夢京橋あかり館」で開催されている企画展「MITSUNARI11」です。

石田三成と志をともにした10人の武将たちをクローズアップし、宮下秀樹氏が書いた石田三成をはじめとする11人の武将の肖像がが展示されています。

他にも石田三成記念映像や、戦国無双等身大パネルなど石田三成ファンにはたまらない展示がされていますよ☆

スマートフォンをかざすと「ひこにゃん」が映る仕掛けもありますので、大人から子供まで楽しむことができますよ♪

◆「MITSUNARI11」
場所:滋賀県彦根市元町4番2号
TEL:0749-30-6119
開館時間:9:30〜17:30
休館日:火曜日
入館料金:大人 200円 / 小・中学生 100円

MITSUNARI11

おわりに

豊臣秀吉の右腕として力を持っていた石田三成は、現代でも人気が高く、ゲームや漫画などの登場人物としても登場します!
その才覚から、魅力的なキャラクターで描かれることが多いことも確かです☆
もし石田三成に興味を持ったら、「石田三成」のゆかりの地を巡礼してみてはいかがでしょうか?

石田三成 ゆかりの地