お米の季節は日本酒の季節! 米処・新潟でこだわりのお酒を楽しめる店その0

お米の季節は日本酒の季節! 米処・新潟でこだわりのお酒を楽しめる店

2018-10-24
17287 Point

image source: tabiiro.jp

秋は新米も見逃せませんが、お米から作られる日本酒も、「ひやおろし」が出るなど、おいしく楽しめる季節ですね。今回は、米処・新潟でこだわりの日本酒が楽しめるお店をご紹介します。

佳肴 あさひ山

佳肴 あさひ山

tabiiro.jp

全国的にもファンの多い「久保田」などを製造している人気の酒造「朝日酒造」のアンテナショップが、「佳肴 あさひ山」です。酒造の直営店なのでやはり日本酒がおすすめで、季節酒や店限定の銘酒なども揃っており、お酒好きなら一度は行ってみたいお店です。

料理は郷土料理が中心。新潟県産の無添加味噌や酒造ならではの酒粕を使ったものなど、日本酒に合うものばかり。また、酒造のある長岡の指定農園で栽培されたお米やそば粉を使ったメニューは〆に最適です。


◆佳肴 あさひ山
住所:新潟県新潟市中央区天神1丁目12番7号LEXN I 1-1
電話番号:025-278-8230
営業時間:昼11:30~14:30(LO14:00)
     夜17:00~23:00(LO22:00)
定休日:無休
    ※元日のみ休業

0258

0258

tabiiro.jp

長岡駅から徒歩5分、こだわりの詰まったお店が「0258」です。終日完全予約制で、昼も夜も3日前までに要予約の懐石コースがメイン。懐石料理には四季折々の旬の食材が盛り込まれています。

器や繊細な盛り付け、一脚一脚に違う木が使われた長岡市の家具職人による椅子など、すべてにセンスが感じられ、落ち着いた雰囲気でゆっくりと料理を楽しみたい人にぴったりのお店です。

オーナーが厳選したお酒だけでなく、コールドプレスジュースや自家製ジンジャーエールもあり、さらに季節の果実を使ったお菓子も終日いただくことができます。お酒を飲まない人とも一緒に行けるのも、魅力です。


◆0258
住所:新潟県長岡市城内町2-5-6
電話番号:0258-86-8520
営業時間:昼11:30~17:00(LO16:30)
     夜18:00~23:30(LO23:00)
     ※完全予約制
定休日:火曜日

新潟古町 風薫る

新潟古町 風薫る

tabiiro.jp

新潟県の魅力を丸々味わえるのが、「新潟古町 風薫る」です。特に地酒の取り揃えは県内でもトップクラスで、県内の酒造と提携し、常時50種類ほど揃っています。さらに、希少な限定酒が飲めたり、詳しい解説がされていたりと新潟のお酒をいろいろと試してみたい人にはぴったりです。

漁港から直送される新鮮な魚はもちろん、塩、みそ、醤油なども新潟産にこだわっています。名物は「いくらのこぼれ寿司」で、思わず歓声が上がるほどの一品です。


◆新潟古町 風薫る
住所:新潟県新潟市中央区古町通7-1002-1
電話番号:025-224-4710
営業時間:月~木・日・祝日17:00~24:00
     金・土・祝前日17:00~翌1:00
定休日:不定休

おわりに

日本酒がおいしい季節にぜひ行きたい! 新潟県でこだわりのお酒が飲めるお店を3軒ご紹介しました。地酒と相性のいい料理を一緒に味わうには、現地に行くのが一番です。ぜひ足を運んでみてください。

新潟 日本酒 グルメ 旅行