心に残る新年のご挨拶。めでたい紅白食品のお取り寄せその0

心に残る新年のご挨拶。めでたい紅白食品のお取り寄せ

2018-12-21
17388 Point

image source: tabiiro.jp

新年のご挨拶には、目にも美しい紅白の商品がおすすめです。今年お世話になった人に感謝の気持ちを込めて、おめでたい2色を使った食品ギフトを届けませんか?

旬菓匠 くらやの「やわらかい羽二重餅 衆楽雅藻」

旬菓匠 くらやの「やわらかい羽二重餅 衆楽雅藻」

tabiiro.jp

西の京都ともいわれている岡山県の津山で、創業130年余りを迎える和菓子専門店「旬菓匠 くらや」。その代名詞とも言える銘菓「やわらかい羽二重餅 衆楽雅藻(しゅうらくがそう)」は、とろけそうなほどに柔らかい羽二重餅で餡を包んだ餅菓子です。

優しい味わいの餡は。紅い梅餡と白い白味噌餡の2種。紅白の色と味を楽しめる上品なお菓子となっています。「全国菓子大博覧会」で内閣総理大臣賞を受賞した銘菓なので味も確かな上、風情ある包み紙に水色の張り紙の箱と見た目も上品。特に目上の方へのお土産にぴったりです。

「衆楽雅藻」という名前は、津山藩の2代目藩主が作らせた回遊式庭園「聚楽園」で行われていた宴の様子を今に伝える木版画に由来しています。「曲水の宴」と呼ばれたその宴は、清流の淵で詠んだ歌を舟にして下流へ流し、受け取った人がまた歌を詠むという、なんとも風流なものだったそうですよ。

旬菓匠 くらやの「やわらかい羽二重餅 衆楽雅藻(しゅうらくがそう)」の詳細はこちら

中野屋の「紅白うどん10食」

中野屋の「紅白うどん10食」

tabiiro.jp

創業100周年を迎える「中野屋」は、うどん県としてお馴染みの香川県にある、讃岐うどんを取り扱うお店です。テレビや雑誌などでも「中野うどん学校」として取り上げられ、自宅で気軽にうどん作りを楽しめるテキストや特製麺棒のついた「うどん学校セット」、手ぬぐいや前掛けなどのオリジナル雑貨が有名です。

そんな「中野屋」でお正月の手土産におすすめなのが、「紅白うどん10食【化粧箱入り】」です。これは一本のうどんに紅白2色が練りこまれている讃岐うどんで、真っ白なうどんときれいな薄紅色のうどんが楽しめます。1本で2色のこの紅白うどんのように、おめでたいことが永遠に離れることなく、長く、そしてうどんのように太く続くようにとの願いが込められているので、お正月の手土産だけでなく、結婚のお祝いなどにもぴったりです。

中野屋の「紅白うどん10食【化粧箱入り】」の詳細はこちら

井上蒲鉾本舗の「かまぼこ(小板紅白)2本箱入り」

お正月だけでなく、結婚や結納のときの贈り物としても喜ばれる「かまぼこ」のおすすめは、愛媛で一つひとつ手作りの味を作り続けている「井上蒲鉾本舗」の「かまぼこ(小板紅白)2本箱入り」です。愛媛県の宇和海で水揚げされ、厳選された新鮮な魚のみを使った風味のよさと、技を磨き上げた職人による手作りの味が魅力のかまぼこです。

卸売りではなく直接販売のみなので、新鮮な味が楽しめます。中でも「かまぼこ(小板紅白)2本箱入り」は、獲れたての「えそ」の鮮魚をふんだんに使っているので、本物志向の人に愛され続けている逸品です。紅白かまぼこが2本、化粧箱に入っているのでかしこまった場に持っていくお土産にもぴったりですよ。

井上蒲鉾本舗の「かまぼこ(小板紅白)2本箱入り」の詳細はこちら

おわりに

お年賀にぴったりの、紅白食品のお取り寄せを3つご紹介しました。新しい年を楽しく、お祝いムードで始められるギフトで、大切な人に感謝の気持ちを伝えましょう。

正月 お取り寄せ グルメ 旅行 紅白