「知らない」はNG!インドやドバイで女性が着てはいけない服装とはその0

「知らない」はNG!インドやドバイで女性が着てはいけない服装とは

2016-12-14
173203 Point
近年、アラブ圏への旅行者が増えていますよね。
そこで気になるのが服装です。「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、その地域の風習に合わせた服装は、安全な旅行をするための手段のひとつです。
今回は、ついつい旅行者が着てしまいがちなイスラム文化圏で女性が着てはいけない服装をご紹介します。

女性が着ていてはいけない服装① タンクトップ

女性が着ていてはいけない服装① タンクトップ
イスラム文化圏の女性は肌を見せることはありません。
イスラム文化圏では、女性は男性に誘惑されやすく、餌食になりやすいため、守るべき宝物のような存在とされています。よって女性たちは家族に大切に守られ、なおかつ自衛のために肌を見せないのです。

そのため、タンクトップのような腕や胸元が大きく露出する服装はタブーです。暑いからといって日本で過ごしているときと同じような感覚でいると、危険な目に合う確率が上がるため、きちんと情報を得てから出かけるようにしましょう。

女性が着ていてはいけない服装② 短パン

女性が着ていてはいけない服装② 短パン
短パンも足が大きく露出するスタイルなので、絶対に避けるようにしましょう。

この肌の露出は、イスラム圏の人からすると、日本の街中を下着や水着を着て歩いているのと同じくらいのインパクトがあると言われています。
しかも、肌を露出してい旅行をいしている=アバンチュール目的ととられてしまい、「この女の人には何をやってもOK」と考える男性もいます。トラブルや事件に巻き込まれるのを防ぐためにも、ファッションには気を付けるべきですね。

女性が着ていてはいけない服装③ 半袖Tシャツ

女性が着ていてはいけない服装③ 半袖Tシャツ
タンクトップがだめなら、「半袖のTシャツならいいのでは?」と思うかもしれませが、実はTシャツも危険アイテムのひとつ。

腕が大きく露出するというのも理由として挙げられますが、実は他にも理由があります。身体にぴったりとくっついて、体のラインがわかる服装もイスラム圏ではタブーなのです。

肌の露出はNG、体のラインがわかる服装もNGだということを覚えておきましょう。

女性が着ていてはいけない服装④ ジーンズ

女性が着ていてはいけない服装④ ジーンズ
意外に思うかもしれませんが、ジーンズも実はタブーな服装とされています。
露出してないから大丈夫だと思うかもしれませんが、こちらも体のラインが出る服だという認識になるのだとか。そのため、着用は避けたほうがいいでしょう。

イスラム圏でもジーンズやTシャツなどの服装の女性はいます。
しかし、それは近くに男性家族が居ますので、地元の男性が地元の女性に何かしたら、男性家族から何をされるかわかりません。また、親戚も同じ町に多く住んでいることが多く、手を出した女性が実は友人の親戚だったということがあったりしますが、旅行者はそのようなことがないので、痴漢被害の対象になりやすいのです。

自衛のためにも、ファッションには気を付けるべきですね。

おわりに

イスラム圏に出かける際におすすめなのが、くるぶしまであるロングスカートや、お尻まで隠れる長袖のTシャツやYシャツなど、肌の露出がないもの。体のラインが出ない服を着て、髪の毛の隠れる帽子やスカーフを身に着けるようにしましょう。
最近では、おしゃれなスカーフもたくさんあるので、イスラム圏にあったおしゃれを開拓してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】《ナノ・ユニバース》のお洒落スタッフが提案する”冬旅コーデ”SNAP

冬の旅行はどんな格好が理想的?着飾りたいけどキメキメすぎは動きにくそうだし、寒さ対策も...


【関連記事】エッセイスト一青妙さんが語る!台南のディープな楽しみ方

12月2日(金)、西荻窪にある旅の本屋「のまど」にて、『台南「日本」に出会える街』の著者一...

イスラム 服装 女性 旅行 海外 インド ファッション 危険