「さっぽろ雪まつり」は今週末まで! 北海道に来たら絶対食べたい海鮮料理店をご紹介その0

「さっぽろ雪まつり」は今週末まで! 北海道に来たら絶対食べたい海鮮料理店をご紹介

2019-02-09
41502 Point

image source: tabiiro.jp

今年の「さっぽろ雪まつり」は2月11日(月)まで。最強寒波の影響が心配されていますが、みなさまどうぞ暖かい服装で! せっかく北海道を訪れるならおまつりだけではなく新鮮な海の幸を堪能して帰ってくださいね。今回は会場近くでおすすめの海鮮料理店をご紹介します。

おまかせコース一択の名店「鮨わたなべ」

おまかせコース一択の名店「鮨わたなべ」

tabiiro.jp

「鮨わたなべ」は、道東の中標津で地元の人からも観光客からも愛される名店で、昨年の2月に満を持してすすきのへ出店となりました。旬の北海道の魚介を中心にしたメニューは、素材をより美味しく味わえるよう手間暇かけて調理されたおまかせコースのみというこだわりよう。こだわりの赤酢を使ったシャリで握られたお寿司や酒の肴、そして〆には中標津のアイスが楽しめます。北海道、中標津への愛を感じるわたなべ流の蝦夷前鮨を堪能できます。

店内は居心地がよく温かみがある和モダンな空間で、店主との会話も楽しめるカウンター席や、ゆったりと食事ができる個室席があります。すすきの駅より徒歩約5分の好立地なので、観光ついでに立ち寄るのに便利です。


◆鮨わたなべ
住所:北海道札幌市中央区南6条西4丁目1 プラザ6・4ビル4F
電話番号:090-8636-1369
営業時間:17:30~22:30(最終入店21:00)
定休日:不定休

寿司・中国料理 福禄寿 

寿司・中国料理 福禄寿 

tabiiro.jp

「寿司・中国料理 福禄寿」は、テレビでも話題になった北海道のソウルフード「ザンギ」で有名な「中国料理 布袋」の姉妹店です。ジャンルが「寿司・中国料理」となっているのは寿司部門の板長と中華部門の調理長の兄弟が店を切りもりしているから。同じ素材を中華でもお寿司でも、本格派の味で楽しめるのが魅力です。北海道ならではの魚介と中華の融合が味わえる「海鮮麻婆豆腐」は、タコやイカ、帆立やアサリなどが入っており、魚介のダシがよく効いている人気料理です。

中華といえばお酒がすすむ! という方には、飲み放題のオプションは必須。希少な日本酒もスパークリングワインもすべてのお酒が対象となるのが嬉しいポイントです。ランチタイムは連日満席になるほどの人気で、その日の仕入れ次第でできる海鮮丼や、週替わりの「チャイナプレート」、ここならではの握り寿司と中華汁そばのセットなどが揃っています。


◆寿司・中国料理 福禄寿 
住所:北海道札幌市中央区北1条西3丁目3-24 札幌中央ビル3F
電話番号:011-211-6646
営業時間:昼11:30~15:00(LO14:00)※水曜日はランチ休、
     夜17:00~23:00(LO22:00)
定休日:日・祝日

北海道料理 海籠

北海道料理 海籠

tabiiro.jp

地下鉄さっぽろ駅の地下歩行空間から直結しているビルにお店を構えるのが「北海道料理 海籠」。釧路をはじめとした北海道各地で獲れた魚介、お肉、野菜を中心として旬の北海道料理が食べられるお店です。イチオシは、注文が入ってから作り始める「雲丹といくらの土鍋ご飯」で、北海道産のお米「ゆめぴりか」をふっくらと土鍋で炊き上げた上にウニやイクラが贅沢にトッピングされています。和モダンな店内で、和食をベースとした多彩なお料理をコースで堪能しましょう。


◆北海道料理 海籠
住所:北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル 1F
電話番号:011-206-7737
営業時間:昼11:00~15:00(LO14:00)、
     夜17:30~23:00(LO22:00)
     ※土・日・祝日は17:30~22:00(LO21:00)
定休日:不定休

おわりに

この3週末は北海道に行く!という方におすすめの、札幌で海鮮料理が食べられるお店をご紹介しました。せっかく足を運んだなら、新鮮な魚介をたっぷりと味わいましょう!

北海道 グルメ 雪まつり 旅行 海鮮