【東京】毎冬のお楽しみ!期間限定の屋外アイススケート3選その0

【東京】毎冬のお楽しみ!期間限定の屋外アイススケート3選

2020-12-31
25526 Point
毎年冬だけのお楽しみといえば、屋外で楽しめるアイススケートです!
今年も開催される、東京都内の期間限定屋外アイススケート場を3つご紹介します。

東京ミッドタウン「MIDTOWN ICE RINK」

東京ミッドタウン「MIDTOWN ICE RINK」
東京ミッドタウンでは、イルミネーションやこの時期限定のグルメメニューなどで冬の季節を楽しむ「MIDTOWN WINTER MOMENTS」というイベントが2021年2月28日(日)まで開催されています。
東京ミッドタウンの冬の風物詩でもあるアイススケートリンク「MIDTOWN ICE RINK」も同時にオープンしています!


本物の氷の上で滑ることができるアイスリンクなうえに、都内の屋外スケートリンクのなかでは最大級なので、ゆったり楽しむことができます。
ガーデンの木々、そして都会のビル群に囲まれた都会の真ん中で自然を感じられるアイススケート場です。
営業時間の前後には貸し切ることもできるので、親しい人たちだけで楽しむことも可能です。
滑走チケットには東京ミッドタウン館内の約30店舗で利用できるお得なカフェチケットがついているので、スケートを楽しんだ後はカフェで温かいドリンクをいただいて一休みしましょう。


◆MIDTOWN ICE RINK
場所:東京ミッドタウン芝生広場
会期:~2021年2月28日(日)
営業時間:11:00~21:00(受付20:00まで)
休館日:1月1日(金・祝)
料金:大人(高校生以上)平日:2,000円 土・日・祝:2,500円
小人(中学生以下)平日:1,500円 土・日・祝:2,000円
※貸靴料込、館内で利用できるカフェチケット付

アーバンドック ららぽーと豊洲「Sea Side アイススケートリンク」

アーバンドック ららぽーと豊洲「Sea Side アイススケートリンク」
三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲では、屋外アイススケートリンクの「Sea Side アイススケートリンク」が2021年2月14日(日)までオープンしています。
本物の氷を使用したアイススケートリンクで、約360平米もある大きなリンクとなっているうえ、大人と子どものお得なペアチケットもあるので親子や家族で楽しむのにもぴったりです。
また、海を望む立地にあるので、都心にいながら海のそばでアイススケートができるという貴重な体験ができます。


期間中はスケートリンクの横にシトロエンの各モデルが1カ月ごとに展示され、土日祝日は車両乗降も可能になるのでこちらも注目です。
利用時に必須となる5本指手袋や、寒さ対策になるニット帽も販売しており、気軽に参加できます!


◆Sea Side アイススケートリンク
場所:三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲内
会期:~2021年2月14日(日)
営業時間:<土・日・祝・12/28(月)~31(木)>11:00~21:00(最終受付は20:15)
<平日>14:00~21:00(最終受付は20:15)
料金:大人(中学生以上)1,500円(税込)
小人(4歳~小学生)1,100円(税込)
ペア(大人+小人)2,400円(税込)
※マイシューズ持込の場合300円引き 
※滑走補助具(トミー)1台500円(45分間※延長なし)

二子玉川ライズ「Skate Garden 2020」

二子玉川ライズ「Skate Garden 2020」
二子玉川ライズでは、特別な冬を楽しむためのクリスマスツリーや音楽、影絵アートのフォトスポット、毎年人気のウインターイルミネーションなどのイベントが開催されています。
二子玉川ライズの冬の風物詩である「Skate Garden 2020」も2021年2月28日(日)までオープンしています。


本物の氷の屋外リンクで、昼には都会にいながらにしてさっそうと氷を滑る開放感を、そして夜にはライトアップされた幻想的な雰囲気のなかでのアイススケートが楽しめます。
アイススケートが好きな人はもちろん、スケート教室や個人レッスンも開催されるので初めての人でも安心です。
未就学児の子どものためのキッズタイムや補助器具の貸し出しなどもあるので、小さい子どもがいても楽しめます。


◆Skate Garden 2020
場所:二子玉川ライズ 中央広場
会期:~2021年2月28日(日)
営業時間:平日13:00~19:00
土日祝11:00~19:00
料金:大人2,000円/学生(中・高・大)1,800円 ※要学生証/小人1,500円(税込)

おわりに

冬だけのお楽しみ、屋外アイススケートリンクを都内から3つご紹介しました。
寒い冬でも屋外で遊べるアイススケートで、楽しい冬を過ごしましょう。

レジャー アイススケート 旅行