【北海道】6月からが実は旬! 夏の北海道でウニを堪能しようその0

【北海道】6月からが実は旬! 夏の北海道でウニを堪能しよう

2019-06-22
31540 Point

image source: tabiiro.jp

ウニは4月ごろから水揚げはされますが、身入りが良くて味がのってきておいしくなるのは実は6月なんです!
ウニが特別おいしい初夏の北海道で、旬のウニを堪能できるお店をご紹介します。

お食事処 みさき

お食事処 みさき

tabiiro.jp

積丹の絶品のウニをリーズナブルに味わいたいなら「お食事処 みさき」がおすすめ。
店主自らが早朝に獲ってきたウニを、すぐに一つひとつ丁寧に殻を割って身を取り出している新鮮なウニが食べられます。
新鮮なもののみを使い、防腐剤を一切使用していない天然ウニなので甘く、口の中でとろけるように味が広がります。

旬の時期である6月から8月は、1日20食限定で絶品の「赤ばふん生うに丼」が登場するので要チェックです。

海を眺めながら、鮮度抜群の無添加ウニをたっぷりと味わってみてください。


◆お食事処 みさき
住所:北海道積丹郡積丹町大字日司町236
電話番号:0135-45-6547
営業時間:9:30~LO15:30
定休日:第2・4水曜日(第1・3水曜日は不定休)

北海道料理 海籠

北海道料理 海籠

tabiiro.jp

地下鉄のさっぽろ駅から徒歩約1分、地下歩行空間で直結しているビルの1階にありアクセス抜群な「北海道料理 海籠」。
釧路産など、北海道各地の魚介や肉、野菜を使った北海道ならではの料理が四季折々で揃っています。デザイナーズ空間なので女性一人でも入りやすいのが嬉しいところ。

たっぷりのウニを載せたどんぶり(記事トップの写真)や、北海道産米の「ゆめぴりか」を土鍋で炊いた上にウニやイクラをたっぷりトッピングした「雲丹とイクラの土鍋ご飯」がおすすめです。

贅沢に盛られたウニをお洒落な空間でいただく、至福の時を過ごしましょう。


◆北海道料理 海籠
住所:北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル 1F
電話番号:011-206-7737
営業時間:昼:11:00~15:00(LO14:00)、夜:17:30~23:00(LO22:00)※土・日・祝日は17:30~22:00(LO21:00)
定休日:不定休

純の店

純の店

tabiiro.jp

積丹で創業40年余、地元産にこだわった旬の和食が味わえるのが「純の店」です。

季節ごとの旬の海鮮を提供していますが、地元の濃厚なウニをご飯を覆い隠すほど贅沢に使った「うに丼」や、2種類のウニが味わえる「赤白うに丼」(要予約)、地元で獲れた海産物だけを使ったウニと甘エビ、いくらの3色丼・「三浜丼」などさまざまなメニューでウニが楽しめます。

「海がしけて漁に出られないときは提供しない」と決めているほどこだわりのウニは濃厚。ここならではの味覚を堪能してみては?


◆純の店
住所:北海道積丹郡積丹町大字美国字船澗42-20
電話番号:0135-44-3229
営業時間:10:30~20:00
定休日:月曜日※6~8月は翌日が祝日の場合、火曜日休み

海鮮家 はこだて 本店

海鮮家 はこだて 本店

tabiiro.jp

すすきの駅から徒歩約5分と、観光時に立ち寄りやすい「海鮮家 はこだて 本店」。
北海道ならではのお料理をパフォーマンスとともに楽しめるお店です。水槽で泳ぐ函館・松前から直送されたイカをオーダー後にさばいてくれる「活烏賊踊り」など、職人技に注目。

イカやウニ、カニなど北海道ならではの美食が揃っているので、色々な食材や料理を味わいたい時にぴったりです。

職人技が光るパフォーマンスとウニに感動する旅を。


◆海鮮家 はこだて 本店
住所:北海道札幌市中央区南7条西3丁目 第一青樹社ビル1F~3F
電話番号:011-518-5755
営業時間:17:00~23:30(フードLO22:30、ドリンクLO23:00)※12月1日~12月29日は17:00~24:00
定休日:なし

おわりに

6月が旬のウニを、本場北海道で味わえるお店をご紹介しました。
夏の北海道で爽やかな陽気を楽しみつつ、新鮮なウニを食べに行きませんか?

北海道 ウニ グルメ 旅行