【都内】寒い時期に食べたい! 心も体も温まるすき焼きが食べられるお店その0

【都内】寒い時期に食べたい! 心も体も温まるすき焼きが食べられるお店

2019-11-28
19000 Point

image source: tabiiro.jp

寒くなってくると温かいものが食べたくなりますよね。グツグツ煮込むすき焼きは、温かい上にお肉と野菜を一緒に食べられて栄養バランスもバッチリ! せっかくなら、自慢の絶品すき焼きが味わえるお店を訪れてみましょう。

SNS映え抜群なインパクト大のお肉 が楽しめる「厨 七代目松五郎」

SNS映え抜群なインパクト大のお肉 が楽しめる「厨 七代目松五郎」

tabiiro.jp

肩ひじ張らずカジュアルに楽しみたいなら「厨 七代目松五郎(くりや ななだいめまつごろう)」がおすすめ。フレンドリーなスタッフが多く、アットホームな雰囲気の中で食事が楽しめます。

山のようにお肉が盛り付けられた「牛すき鍋」は見た目のインパクト大! 固くなりにくい牛肉を使っているので、ついつい煮込み過ぎても最後まで美味しくいただけますよ。最初はスタッフが作ってくれるの、作り方が曖昧でも大丈夫です。ほかにも1皿500円という種類豊富なタパスなど、牛すき鍋以外の料理も充実。カウンター席もあり、1人でフラッと立ち寄ってみるのも良いですね。

専門店ならではの価格で上質牛が味わえる「肉の田じま」

専門店ならではの価格で上質牛が味わえる「肉の田じま」

tabiiro.jp

創業40年以上の肉の専門店「肉の田じま」は、松坂牛など高級なお肉を低価格で堪能できるお店です。「東京食肉市場」の卸問屋で「松阪肉牛協会」の会員でもあるため、扱う肉はA5~A4ランクと高品質。柔らかく甘みのある牛肉は、一度食べたらやみつきになる味わいで女性にも人気です。

お店の3階がすき焼き・しゃぶしゃぶを楽しめる飲食店となっており、この上質な牛肉を使ったすき焼きは絶品以外のなにものでもありません。宴会コースも充実しているので、忘年会や新年会での利用もおすすめです。

老舗旅館のような空間でいただく繊細なすき焼き「銀熊茶寮」

老舗旅館のような空間でいただく繊細なすき焼き「銀熊茶寮」

tabiiro.jp

東京にいながらその喧騒を忘れられる「銀熊茶寮(ぎんくまさりょう)」は、「都忘れ」をコンセプトにした日本料理と鉄板焼きのお店。静かな老舗旅館に来ているかのような雰囲気の中で、ベテラン職人が長年の修行で培ったテクニックで作り出す繊細な味わいを堪能できます。

こちらでいただけるすき焼きは、特選の前沢牛を使ったもの。雪国の大地で育ったこの黒毛和牛は、きめ細やかな霜降りでしっとりしてとろけるような旨みが特徴。すき焼きにして味わえば、柔らかな肉の感触が口いっぱいに広がります。

香り立つ薫香を楽しむ新食感すき焼き「EBISU燻製APARTMENT CAVE」

香り立つ薫香を楽しむ新食感すき焼き「EBISU燻製APARTMENT CAVE」

tabiiro.jp

2018年にオープンした燻製料理店の「EBISU燻製APARTMENT CAVE」。恵比寿の住宅街の中にあるアパートの地下1階で営業し、燻製料理とそれに合わせたお酒を楽しめるまさに大人の隠れ家のようなお店です。

こちらのすき焼きは一風変わっていて、なんと燻製トマトシャーベットと一緒に味わうという新感覚が楽しめます! 割下には燻製醤油を使い、仕上げの生卵も燻製させたもの。芳醇な薫香に包まれながら味わう黒毛和牛の肩ロースは、今までに味わったことのない味覚になるはず。鍋は一人1台なので、自分のペースでじっくりとお肉を味わえますよ。

おわりに

肉のうま味がしっかり味わえるすき焼きは、お腹も心も満たしてくれます。アツアツのすき焼きで体を温めて、寒さを忘れてみませんか?

都内 グルメ すき焼き 旅色