【大阪】有形文化財を活用したホテルがまもなくオープン!その0

【大阪】有形文化財を活用したホテルがまもなくオープン!

2020-01-09
35478 Point
1月18日(土)にオープンする「シタディーンなんば大阪」は、有形文化財の高島屋東別館をリノベーションしたホテル。外観は歴史ある重厚さを残しつつ、まるで暮らすように過ごすことができるモダンなつくりで長期滞在もOK。定番スポットへもすぐの距離にある便利な立地です。

レストランやショップ、キッズルームまで併設する滞在型ホテル

レストランやショップ、キッズルームまで併設する滞在型ホテル
なんば駅から徒歩約10分の場所にオープンする「シタディーンなんば大阪」は、ジム、ミーティングルーム、レジデンスラウンジ、キッズルームなどを併設する滞在型ホテルです。

国の有形文化財として登録されている高島屋東別館を活用した建物の外観は、アールデコ調の装飾が華やか。1階のエントランスには、高島屋だった時の装飾や石畳がそのまま残されており歴史が感じられます。ロビーの天井も高く開放感がありますよ。

ホテル内には、イタリアンレストランや燻製専門店といった4つのレストランやショップも併設。外に出ずに食事や買い物ができて便利ですね。ホテル周辺には黒門市場や道頓堀といった観光スポットもあるので、観光拠点としてもおすすめです。

長期滞在も可能な明るくモダンな客室

長期滞在も可能な明るくモダンな客室
ホテル名にある“シタディーン”というのは、フランス語で「都市生活者」という意味。全313室ある客室は、木のぬくもりを感じられるモダンなデザインで統一され、ホテルの客室というよりマンションの一室といった雰囲気。大きな窓から太陽の光がふんだんに入る、明るい空間も魅力です。

ベッドのマットレスには、世界で愛用されている高級ブランド「Sealy」を採用し安らかな眠りへと誘います。また、すべての客室に、ケトルや冷蔵庫といった設備に加えて電子レンジも完備。一部の客室には、キッチンや洗濯乾燥機まで用意されています。まるで暮らすように滞在できるので、短期だけでなく長期でも利用したいところですね。

自炊もOK。コミュニケーションの場として活躍するレジデンスラウンジ

自炊もOK。コミュニケーションの場として活躍するレジデンスラウンジ
ホテル6階には24時間利用できるレジデンスラウンジがあります。キッチンが付いているので、滞在中の食事はこちらで自炊することも。現地で調達した食材を調理するなんて、まさに暮らしているよう。ほかにも、ソファで読書や仕事をしたりほかの宿泊者とのコミュニケーションを楽しんだりと、思いおもいの過ごし方ができますよ。

24時間いつでもトレーニングできるジムも併設

24時間いつでもトレーニングできるジムも併設
4階にあるジムには、さまざまなフィットネスマシンが揃います。24時間使えるので、いつでも好きな時にトレーニングできるのが魅力。おいしいものを食べすぎて、体を動かしたい時にぴったりです。

◆シタディーンなんば大阪
住所:大阪府大阪市浪速区日本橋3-5-25
電話番号:06-6695-7150

おわりに

便利な立地にオープンする「シタディーンなんば大阪」は、美しい外観やオシャレな客室、暮らすように滞在できる設備など気になるポイントがたくさん。これからの大阪旅行でぜひ泊まってみたいホテルですね。

オープン 大阪 ホテル 有形文化財 旅行