ついに下北沢の再開発の全貌が!2020年度にフルオープンその0

ついに下北沢の再開発の全貌が!2020年度にフルオープン

2020-04-13
46063 Point
小田急小田原線の東北沢駅から世田谷代田駅間までを開発した「下北線路街」が、ついに一部オープン!
「下北線路街」は、気軽にお出かけできるようになったらまず最初に訪れたいワクワクが詰まった場所。フルオープンを前に、ついに見えてきた全貌をご紹介します。

4月にオープンした「BONUS TRACK」って?

4月にオープンした「BONUS TRACK」って?
2020年4月1日(水)にオープンした「BONUS TRACK(ボーナストラック)」は、個性豊かな 13テナントが出店している新しい形の商店街。個人事業主も入居しやすいよう、住宅と一体型の店舗にしたことで、大型店舗にはないユニークなショップが揃いました。
たとえば、元編集者が手掛けるカレー&バー「アッダ(ADDA)」、有名コレクターのレコード店「pianola records」や、カルチャーを発信する新刊書店「本屋B&B」などシモキタらしいものから、日記専門店「日記屋 月日」、発酵食品専門店「発酵デパートメント」、コロッケ専門店「恋する豚研究所 コロッケカフェ」などどれもここにしかないお店ばかりです。

そもそも「下北線路街」って?

そもそも「下北線路街」って?
「下北線路街」とは、全長約1.7kmの線路跡地を開発して新しく生まれた”街”で、商業施設はもちろん、温泉旅館や個性的なショップが並ぶ商業施設、学生寮や保育園など多種多様なものが揃います。

大まかに3つのエリアに分かれていて、世田谷代田エリアには輸入食品でおなじみの「カルディ」の商品開発キッチンと事務所兼カフェや、オーナーの個性が光る「BONUS TRACK」のほか、温泉旅館、保育園ができ、下北沢エリアには学生寮や商業施設、自由に使える「空き地」と呼ばれるイベントスペースが、そして東北沢エリアには商業施設や飲食店、宿泊施設が開業する予定です。

これからオープンする施設にも注目!

これからオープンする施設にも注目!
「下北線路街」はすでに一部オープンしていますが、まだまだ新しい施設のオープンが続くので見逃せません。2020年12月に開業予定の東北沢エリアの商業施設は、洗練されたショップが集まっている次世代型の商業ゾーンとなる予定です。シモキタらしさを大切に、感性を刺激してくれる「いいもの」が多彩に揃う路面店をイメージしているそうで、路地を巡るように楽しめる施設です。

セレクトショップや、こだわりの食材を使ったレストランなど、お買い物もグルメもすべて楽しめそうですね。

小劇場の街、シモキタならではの施設にも期待!

小劇場の街、シモキタならではの施設にも期待!
もう一つ、東北沢エリアで注目なのが、小劇場の街として名を馳せるシモキタらしい施設です。こちらも2020年12月開業予定で、その正体は、演劇やライブ、パフォーマンスなどができる設備を兼ね備えた「エンタメカフェ」! 一般の人でもレンタルスペースとして貸切利用ができるとのことで、ここから新たなカルチャーが生まれそうです。

おわりに

「下北線路街」は、線路跡地にさまざまなものが集まり、新しい”街”を作り上げているユニークな試みを実践中。シモキタらしい個性的なものやカルチャーにも触れられる最先端の場所なので目が離せません。早く訪れてみたいですね!

下北沢 オープン カフェ 旅行