【渋谷】今日から! 森山大道ら100名の写真家が東京を写す「東京好奇心2020」が開催その0

【渋谷】今日から! 森山大道ら100名の写真家が東京を写す「東京好奇心2020」が開催

2020-10-20
47869 Point
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムにて、2020年10月20日から11月12日まで写真展「東京好奇心2020」が開催されます!
100人もの著名な写真家がそれぞれ東京を撮影した作品が一挙に見られるので、写真好きの人は見逃せません。

東京好奇心2020

東京好奇心2020
「東京好奇心2020」は、渋谷の東急デパートにあるアート会場Bunkamuraザ・ミュージアムにて2020年10月20日から11月12日まで開催される写真展です。
「東京好奇心」は2018年にスタートしたプロジェクトで、パリやベルリンなどでも開催されてきましたが、その集大成がいよいよ渋谷で開催となります。

「東京好奇心2020」に作品が展示される写真家はなんと100名で、森山大道やサラ・ムーンなど国内外の著名な写真家の東京をテーマにした作品約200点が一堂に会します。

東京好奇心とは

「東京好奇心」は、100名の写真家たちの作品と強い好奇心を通して、今という時代に向き合うために2018年に発足したプロジェクトです。
2018年に渋谷ヒカリエでキック・オフ展をスタートしたのち、2018年10月にはパリ市4区の庁舎で「ジャポニズム2018」として開催され、2019年4月にはドイツのベルリン庁舎で「ベルリン東京友好都市締結25周年」記念事業の一環として開催されました。

今回の「東京好奇心」はその集大成として今年の5月に開催される予定でしたが、新型コロナ感染症の影響により延期となり、この10月に開催となりました。

4つのキーノート

「東京好奇心」では、4つの方針であるキーノートに沿って作品が集められています。
ひとつ目は「アイデンティティ」で、私たちが何者なのか、そして自分たち自身がどう定義し、他者にそれを認めさせることができるのかというテーマで、2つ目は多様性である「ダイバーシティ」です。
自然環境や文化、宗教や習慣、ライフスタイルなど、世界に共存している多様な価値観や規範とどう向き合うのかというテーマです。

3つ目は「今ここ」で、現代社会の身体感覚と調和する美意識や価値観を通して「今ここ」で生きる価値とはなにかを見つめます。
4つ目は「永遠性」で、伝統や文化を継承させる真髄や永遠に色あせない精神の有様に向かい合います。

写真家100名

写真家100名
「東京好奇心2020」では、100人の写真家の作品を見ることができます。
100人は16の国と地域から選ばれた著名な写真家たちで、それぞれ異なった視点からの東京の姿が楽しめます。

会場では自身のスマートフォンに音声ガイドアプリをインストールすることによって、ジョン・カビラ、クリス智子、ハリ―杉山、マリエによる無料の音声ナビゲートを聞くことができます。オンラインショップではTシャツやピンバッヂなどのチャリティグッズもすでに発売されていますよ。
また、展覧会開催を記念し、本展参加作家の作品を収録した写真集(全232ページ)が製作されたので(7,700円。「東京好奇心 2020 渋谷」会期中に会場にて販売)、こちらも要チェック。


◆東京好奇心2020
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
電話番号:03-5777-8600
会期:10月20日~11月12日
時間:10:00~18:00
定休日:なし
料金:一般 1,000円 大学生・高校生500円

おわりに

「東京好奇心2020」では、有名写真家たちによる東京をテーマにした200を超える作品を見ることができます。
こんな状況だからこそ、今の東京を記憶しておくために東京の写真に触れてみてはいかがでしょうか。

渋谷 写真展 写真家 旅行