【台湾情報】伝統芸能に刺激を受け、DIYで達成感を得る旅。宜蘭傳藝中心を訪れるなら、余韻が楽しめる園内のホテルへ。その0

【台湾情報】伝統芸能に刺激を受け、DIYで達成感を得る旅。宜蘭傳藝中心を訪れるなら、余韻が楽しめる園内のホテルへ。

2019-07-13
66118 Point
台湾鐵路で台北から約1時間、桃園空港からの直通バスでは約2時間の宜蘭地方。豊かな自然と文化施設の充実が魅力で、週末の家族旅行先として人気です。文化体験のメインスポットといえる「宜蘭傳藝中心(宜蘭伝統芸術センター)」。オールド台湾の世界観にどっぷり浸るには、園内にあるホテル「傳藝老爺行旅(ザ・プレイス 宜蘭)」への宿泊がオススメです。

古き良き台湾芸能&芸術を次世代に伝える、一大文化施設が宜蘭に。

古き良き台湾芸能&芸術を次世代に伝える、一大文化施設が宜蘭に。
花が咲き乱れ、緑が生い茂る3.5ヘクタールもの広大な敷地に建つ「宜蘭傳藝中心」。古い街並みを再現し、中国式庭園を造成した園内で催されているのは、台湾オペラや人形劇、雑技などの伝統芸能のステージ、各種伝統工芸のDIY体験など。いずれも現在では非日常となったものとあって、まとめて鑑賞できるのは、とても貴重な機会といえるでしょう。DIYプログラムでは、レザーカービング、竹網細工、懐かしのおもちゃ、香り袋、藍染めなどを体験することができ、ファミリー層に特に人気です。

園内のホテルでは、8月末まで、夏の特別イベントを開催中!

園内のホテルでは、8月末まで、夏の特別イベントを開催中!
「宜蘭傳藝中心」内にあるホテル「傳藝老爺行旅」では、夏休み期間である2019年8月末まで「納涼藝夏」と題した特別イベントを開催中。10時から始まるプログラムは、体験しきれないほどの充実ぶりです。

例えば、15時から紅磚野台で開催される「立夏秤人趣」は、三国時代のはかりを使って体重を測定するというイベント。食料不足で太ることが難しかった時代、体重の増加は喜ばしいことだったそう。となると、これはいわば幸福度をはかる測量体験! 恥ずかしがっている場合じゃないかも!?

週末には、3つの限定プログラムを用意。

週末には、3つの限定プログラムを用意。
同じく紅磚野台では「老爺青草鋪」なるドリンクコーナーを設置。老舗漢方薬店の協力のもと、火照った体のクールダウンに効果があるという青草茶が提供されます。中国の広東・華南地方から伝わり、台湾の生活に根付いた青草茶。台北では薬草街のドリンクスタンドで味わえますが、こちらでは毎日15時から30分間、無料で試飲が可能です。

また、終日開催のスタンプラリー「發現賞夏亭」は、エリア内にある3つの夏らしいスポットを探すラリー。スタンプを集めると、ポストカードかドリンクホルダーがもらえます。

週末限定の夜間イベントも多数。金&土曜は「蛋套編織」と呼ばれる卵型の編みぐるみ制作、金〜日曜は民族音楽などのコンサートとヨガの基礎クラスを開講。ホテルに戻ってからの時間も退屈することなく、めいっぱい楽しめます。

こだわりの設計や内装の秘密に迫るガイドツアーも。

こだわりの設計や内装の秘密に迫るガイドツアーも。
「傳藝老爺行旅」は、外観は伝統的な閩南(びんなん)建築、内装は東西折衷、新旧混合で、見れば見るほど興味深い建築です。内装は、オランダの5大建築グループのひとつMecanooの手によるもので、オランダの藍彩タイルと台湾の花窓やレンガを絶妙に組み合わせるなど、斬新なアイデアで台湾の伝統に新しい息吹きを与えています。

また、台湾の廟の屋根などに見られる、煌びやかな装飾“交趾陶”が施されたロビーの天井も必見スポット。これは、大御所・林洸沂氏による作品で、イベント期間中は、この交趾陶の魅力に迫るガイドツアーが開催されます。

同時間帯には、グリーン・エコ建築の解説ツアーも実施。ホテル「傳藝老爺行旅」は、実は台湾のグリーン・エコ活動のモデル建築。建材や通気に配慮することで、クーラー要らずの涼しさを実現しているのだそう。いずれも建築マニアならずとも聞いておきたいガイドツアーです。

白が基調の涼しげな客室は、ファミリー向けタイプが大充実!

客室は7タイプあり、80の個室と26のドミトリーで構成。3人以上が泊まれるファミリー向けの客室が中心となっています。例えば、お子様連れに適した「舒適親子客房」は、窓の位置が低いのが特徴。これは通気と採光の向上に加え、子どもたちが窓の外の緑を存分に眺められるように……という配慮からの設計です。このタイプの部屋には、キッズ用のテントルームがあり、キャンプ気分を味わうことも。そして、壁を見上げると雲間を泳ぐカラフルな凧のイラストが。子どもたちの想像力をかき立て、気分を上げる仕掛けが部屋中にあふれています。一般的なファミリーには「家庭客房」。2つのベッドルームと小さなリビングルームがあり、4人家族やグループ旅行に最適です。

おわりに

「傳藝老爺行旅」は、有名チェーン「ロイヤル・グループ」のホテル。初めての土地でも、安心して宿泊できますね。レストランやカフェにも期待してOK。台湾文化を満喫したあとは、宜蘭の特産を意識した五つ星級の食事をどうぞ。台北市内では体験できない、ノスタルジックな台湾に触れる旅、この夏休みのメインイベントにしてみるのは、いかが?

◆傳藝老爺行旅(ザ・プレイス 宜蘭)
住所:宜蘭縣五結鄉五濱路二段201號
電話: +886-3-9509-188

DIY 台湾 宜蘭 海外 旅行