見た目も涼やか、夏こそ食べたい!鵜飼を見るなら、銘菓「長良ういろ」も食べておこうその0

見た目も涼やか、夏こそ食べたい!鵜飼を見るなら、銘菓「長良ういろ」も食べておこう

2017-06-15
93370 Point

image source: tabiiro.jp

岐阜観光で欠かせない鵜飼で有名な長良川。その鵜観覧船の待合所にある「長良ういろ直営 鵜飼茶屋しゃぐ」は、銘菓として知られている「長良ういろ」を食べられるお店です。定番商品から季節限定商品まで、豊富なラインナップも魅力的ですよ!

長良ういろとは?

長良ういろとは?

tabiiro.jp

日本伝統の蒸し菓子、「ういろ」。各地に様々な「ういろ」がありますが、「長良ういろ」は歯ごたえのある食感と独特の風味が特徴です。甘さ控えめで食感がよく、古くから人々に愛されてきた岐阜の銘菓なんです。

「長良ういろ直営 鵜飼茶屋しゃぐ」で地茶セットを味わおう

「長良ういろ直営 鵜飼茶屋しゃぐ」で地茶セットを味わおう

tabiiro.jp

「長良ういろ」の直営店である「長良ういろ直営 鵜飼茶屋しゃぐ」は、鵜飼観覧船の待合所にあるお店です。鵜飼観覧船の出船までの待ち時間、一息つくのにぴったり。茶菓子付き地茶セット、ういろの入った餡ころ餅である「金華山」など、手軽に食べられるメニューが揃っています。

お土産としても最適

お土産としても最適

tabiiro.jp

国産米を100パーセント使った米粉に、長良川の天然水を混ぜて2時間以上蒸し上げた「長良ういろ」は、「あずきういろ」「しろういろ」そして、本抹茶を使った「抹茶ういろ」が定番です。中でも「ういろ」好きに好まれるのはシンプルな味の「しろういろ」。
定番の味が食べやすいサイズになっている「一口ういろ」は、大人数に配る際のお土産としておすすめです。

季節限定商品もおすすめ

季節限定商品もおすすめ

tabiiro.jp

「長良ういろ」は定番商品のほかにも、季節限定商品も人気です。旬の果物や味覚を取り入れているため、「ういろ」を食べたことがない人でもチャレンジしやすいかもしれません。桃がたっぷりと入ってアッサリと食べやすい「桃」は、夏限定。凍らせてデザートにしても美味しいそう。秋限定の「柿」は渋みが効いているので和風の味が好きな人におすすめで、春には見た目にも可愛らしい「桜」が登場します! その時期ならではの旬を、じっくり賞味したいですね。


◆長良ういろ直営 鵜飼茶屋しゃぐ
住所:岐阜県岐阜市上材木町428-2(鵜飼観覧船 待合場内)
電話番号:058-264-4506
営業時間:10:00~16:00 ※鵜飼シーズン中:10:00~19:00
定休日:水曜 ※鵜飼シーズン中:無休


 

【関連記事】岐阜にマチュピチュが !? 「天空の茶畑」の絶景に出合う旅へ

岐阜県の揖斐川町春日六合上ケ流の山肌に広がる茶畑が、「岐阜のマチュピチュ」と呼ばれる絶...


【関連記事】せっかくならおいしいお土産を買おう。幸せをおすそ分けしたくなる商品4選

旅の途中で出会う美味しいものって、凄く感動しますよね。そんな美味しいものを自分用はもち...


【関連記事】完成作品にワクワク!「さんぷる工房」で旅の可愛い思い出を作ろう

日本では見慣れた食品サンプル。実は、今海外で人気の商品になっているそう。日本人特有のリ...

岐阜県 グルメ お土産 ういろ 鵜飼 スポット 茶屋 スイーツ 観光 飲食