今外国人に大人気!吉祥寺にある「ハーモニカ横丁」ではしご酒!その0

今外国人に大人気!吉祥寺にある「ハーモニカ横丁」ではしご酒!

2016-12-18
124097 Point
吉祥寺にある「ハーモニカ横町」は、レトロな雰囲気で昔から人気がありましたが、最近では外国人観光客にも人気のスポットとなっています。
そんな「ハーモニカ横町」の魅力をご紹介します。

「ハーモニカ横町」の魅力①吉祥寺駅北口

「ハーモニカ横町」は、吉祥寺駅北口に入口がある狭い間口の商店街です。立ち並ぶお店は小さい店が多いため、それがハーモニカの吹き口に似ていることから「ハーモニカ横町」と名前が付きました。

1945年、戦後に誕生した闇市がルーツとされ、ディープな雰囲気が漂っています。お店は100軒ほど立ち並んでいて、昔からのお店もありますが、近年ではこの雰囲気に惹かれてきた若い人がお店をやっていることも多いそうですよ。

「ハーモニカ横町」の魅力②外国人観光客にも人気

「ハーモニカ横町」の魅力②外国人観光客にも人気
吉祥寺界隈に住んでいる人や若い人にはもともと人気のあった「ハーモニカ横町」ですが、最近では外国人観光客の姿も増えています。

人気の理由のひとつは、アクセスの良さ。吉祥寺には世界的人気を誇る「三鷹の森ジブリ美術館」がありますし、都会にいながら田舎の良さが味わえる「井の頭恩賜公園」など、外国人観光客に人気のスポットがあるので訪れやすいようです。

もうひとつの理由は、チェーン店ではないお店に入れることです。
都心にはチェーン店が多く、どこにいても、下手をすると自分の国に居ても食べられるものが多いので、日本でしか入れない個人店が好まれるよう。また、小さいお店ならではのフレンドリーな接客も支持されている理由なようです。

「ハーモニカ横町」の魅力③5つの通り

「ハーモニカ横町」と聞いてイメージするのは「ハモニカキッチン」などが立ち並ぶ狭い通りかもしれません。ですが実際は、5つの通りから構成されています。

吉祥寺駅側に位置する仲見世通り、黄色い地に赤字で「ハモニカ横町」と書いてある看板が目立つ朝日通り、電球で飾られたレトロな看板が目印で、夜は人々で賑わうのれん小路、メンチカツが有名な「サトウ」がある祥和会通り。そして「ハモニカキッチン」があり、よく写真で登場する、入口に「不二家洋菓子店」のペコちゃん人形が目印の中央通りの5つの通りです。

「ハーモニカ横丁」は、この多くの店舗で構成され、数多くの美食店が軒を連ねているんですね。

「ハーモニカ横町」の魅力④昼から遊べるスポット

「ハーモニカ横町」の魅力④昼から遊べるスポット
「ハーモニカ横町」の醍醐味を味わいたければ、やはり夜の飲み屋に行くべきです!
でも、雰囲気を味わうのに必ずしもホッピーや焼酎を片手におつまみを食べなければいけないわけではありません。「ハーモニカ横町」にはお洒落なバルやパスタ、タコライスなどの店もあるので、好きなものを食べたり新しいジャンルの料理に挑戦したりしましょう!

また、夜だけではなく昼から遊ぶこともできるんです。
ランチをやっている店もあり、おしゃれなカフェも増えてきていますよ。さらに通りによっては生活雑貨を売っている店もあるので、昼からずっと遊ぶことができるスポットとなっています。

武蔵野市観光機構「ハーモニカ横丁」

吉祥寺 ハーモニカ横町 外国人 国内 旅行 飲食 東京都