【台湾情報】墾丁國家森林公園内の秘境探検はいかが? アクティビティつきの欲張りプランでひと味違うリゾートステイを。その0

【台湾情報】墾丁國家森林公園内の秘境探検はいかが? アクティビティつきの欲張りプランでひと味違うリゾートステイを。

2018-10-13
16640 Point
台湾最南端、恒春半島にあるリゾート地.墾丁。台湾の人々が抱く墾丁のイメージといえば、国民的映画『海角七號』で描かれた青い海、白い砂浜。旅の目的は、美しい海岸でのひととき……という人が多いよう。でも、実は豊かな緑も、この土地の魅力のひとつ。墾丁國家森林公園内にあるホテル「華泰瑞苑 グロリアマナー」では、他の地域では経験できない多角的な自然体験、地元の文化に触れる機会を提供するユニークなプランを企画しています。台湾をよりディープに楽しみたい人には必見のニュースです。

3食+アクティビティつきで、ラクラク滞在!

3食+アクティビティつきで、ラクラク滞在!
台湾のリゾートホテルは、基本的に食事料金込みの設定。朝食はもちろん、夕食も館内でいただくことができ、ホテル滞在を楽しむ“おこもりステイ”が定番です。今回紹介する「華泰瑞苑 グロリアマナー」は、さらにランチと周辺でのアクティビティも含めた“全部のせ”タイプとも言える体験型の宿泊プランをリリース。台湾でも珍しい宿泊スタイルとして注目を集めています。

豊かな自然に囲まれる、贅沢なひとときを

豊かな自然に囲まれる、贅沢なひとときを
「華泰瑞苑 グロリアマナー」は、蒋介石の迎賓館だった建物で、敷地内の至るところに当時の雰囲気が色濃く残っているのが特徴。また、國家森林公園内の豊かな自然環境を活かし、墾丁の魅力を伝えるとともに、地域住民と連携し、地元文化の普及にも貢献。“台湾の原風景”を体感できるホテルを目指しているそう。その真骨頂が、全12種類のアクティビティです(季節限定コースもあり)。

五感を刺激し、心身が目覚めるアクティビティが勢揃い

五感を刺激し、心身が目覚めるアクティビティが勢揃い
【台湾情報】墾丁國家森林公園内の秘境探検はいかが? アクティビティつきの欲張りプランでひと味違うリゾートステイを。その4
例えば、朝は100年ものの台湾黒檀の神秘に触れるべく、140ヘクタールもの広大な保護林へ。午後は龍水地区にある湧き水の用水路に入って、ズボンを濡らしながらのシジミ狩り……というコース。有機栽培の水田の中に裸足で入ってみると、田舎にいる実感がわき、得難い感動を覚えるといいます。

希少動物との触れ合い、季節限定の農業体験も!

また、墾丁は国宝として名高い“ハナジカ”の保護地区でもあり、区内では日本の奈良公園の鹿のように生活していて、至近距離で眺めたり、餌をあげたり。もちろん、ハナジカの観察コースも用意されています。

季節限定ものでは、1月の田植え、5月の稲刈り体験が人気。5〜10月には蟹の夜間の生態観察を楽しめるコースも。どの時期に訪れても、その時々の良さがあり、忘れがたい思い出が出来ること請け合いです。

昔ながらの台湾の暮らしを体感できる工夫が多数

また、DIYメニューも大充実。この地で採れた“龍水米”を使い、祝い菓子の“紅龜粿”(中華版の大福ともいえる、亀の形をした赤い餅菓子)の製作体験のほか、館内アクティビティでは、サイザル麻を編んで仕立てるトートバッグ、大豆油で作るロウソクや石鹸などなど……台湾の伝統的な手工芸が体験できる多彩なプログラムが揃っています。先人たちの知恵に感銘を受け、その素晴らしさに気付くプロセスは“親子での参加がとても有意義”と好評です。

見どころ満載! 一泊二日では足りないかも!?

リゾートホテルといえば、水上アクティビティがメインとなっている昨今、他とは一線を画すサービスを提供している「華泰瑞苑 グロリアマナー」。田畑を駆け、南台湾の懐かしの味に舌鼓を打つ。そうした人々の暮らしに踏み込む“生きた”体験ができるのは、地域の協力があってこそ。それはホテルでの利益を地元に還元し、一帯を盛り上げていこうという「華泰瑞苑 グロリアマナー」の姿勢でもあるようです。

知られざる墾丁の魅力に触れたなら“もう一日滞在したい!”と後ろ髪引かれること間違いなし。ディープな台湾旅行をと考えているなら、「華泰瑞苑 グロリアマナー」で年末まで実施中の体験型の宿泊プランで、南台湾の自然を満喫して。

◆ 華泰瑞苑 GLORIA MANOR
住所:屏東縣恆春鎮公園路101號
電話:+886-8-886-3666

墾丁 台湾 旅行 海外 アクティビティ リゾート地 旅色