「名物グルメ」を味わうしあわせ。昔懐かしいふるさとの味をお取り寄せその0

「名物グルメ」を味わうしあわせ。昔懐かしいふるさとの味をお取り寄せ

2017-03-06
75999 Point

image source: tabiiro.jp

日本各地には、色々な名物グルメが存在します。いくら美味しくて評判でも、販売や生産の事情から大きく展開したり支店を出さないお店も…。そんなお店でも、通信販売であれば手に入る商品もあります。今回は、その土地ならではの名物グルメを味わえる、お取り寄せ商品をご紹介します!
ふるさとの味を懐かしんで、昔を思い出してみてはいかがでしょうか?

静岡県:亀まんじゅう

静岡県:亀まんじゅう

tabiiro.jp

静岡県の遠州地方の名物「亀まんじゅう」。お正月用の飾りとして作ったことがはじまりであるため、現在でもお祝い事にぴったりの和菓子として愛されています。可愛らしい亀の形をしていながら、自家製餡がたっぷりとつまった和菓子は食べ応え十分。ミニ、小、中、大、特大の5つのサイズがあるので、自分用にしっかり食べたい時も、大人数の場所へお土産として持っていくときも、それぞれに合ったサイズが選べます。


◆亀まんじゅう
価格:108円〜(サイズにより異なる)

亀まんじゅう

奈良県:柿の葉すし

奈良県:柿の葉すし

tabiiro.jp

デパートの特産フェアや、サービスエリアや駅弁でもお馴染みの「柿の葉ずし」。1903年創業の「柿の葉すし本舗たなか」では、一つ一つの工程にこだわり、長年愛されている味を作り続けています。今回ご紹介する商品は、定番のさばを使った「柿の葉すし」と、あっさりして塩気のきいたサケがセットになっているもの。お土産やちょっとした会合のお弁当にもぴったりなので、大人数が集まるときに用意しておいてもいいですよね。一つずつ柿の葉で包まれているため、余った分は分けて持って帰ることもできますよ。


◆柿の葉すし(20個詰特製木桶)
価格:3,888円

柿の葉すし さば・さけ 詰合せ20個詰特製木桶

新潟県:へぎそば

新潟県:へぎそば

tabiiro.jp

新潟名物のへぎそばは、新潟へ来ると必ず食べる人がいるほど、他県からの観光客にも人気。お茶のような淡い緑色が食欲をそそる逸品ですよね。
そばのつなぎとして布海苔を使っていて、「へぎ」と呼ばれている四角い器に盛ってあるのが特徴です。強い弾力がへぎそばの魅力で、こしの強さ、つるつるとした喉ごしは他のそばでは味わえません!

そばが名物の地方は他にもありますが、布海苔をつなぎとして使っているそばはこの「へぎそば」だけなので、ぜひ試してみてください!


◆へぎそば 打ちたて生そば(2人前)
価格:1,728円

へぎそば 打ちたて生そば

富山県:中島屋オリジナル ほたるいか黒造り

富山県:中島屋オリジナル ほたるいか黒造り

tabiiro.jp

富山の名産である「いかの黒つくり」を「ホタルイカ」で作ったという、名産の中でもオリジナルな一品がこちら。富山湾の「ホタルイカ」を使用していて、旨みがぎゅっと閉じ込められています。
コクのある「ホタルイカ」のワタとイカのワタ、2つのワタの味わいがダブルであとをひきます。お酒のおつまみとしてプレゼントしても喜ばれそうですね。


◆中島屋オリジナル ほたるいか黒造り
価格:870円

中島屋オリジナル ほたるいか黒造り

おわりに

名物のお取り寄せは、お店のこだわりのつまった逸品を家にいながらにして味わえます。馴染みのある一品を食べれば、きっといろいろなことを思い出すはず。ふるさとでなくとも、旅行先で食べて忘れられなかった名物や、いつか行きたい地方の名物を先取りして、家にいながら旅行気分を味わうのもまた楽しいはずですよ。

【関連記事】飲んでみたい!ジモトの隠れた銘酒[連載]旅色☆大使の◯◯チェック♪vol.15

旅色☆大使のおすすめアイテムや情報をご紹介する企画、『旅色☆大使の◯◯チェック♪』。第15回は...


【関連記事】ごちそうを味わう旅へ。「街道浪漫 おん宿 蔦屋」で木曽の魅力を再発見

長野県の木曽谷は、ミシュラングリーンガイドで二つ星に認定されたことでも有名なスポットで...

お取り寄せ 名物 グルメ フード 飲食