ごちそうを味わう旅へ。「街道浪漫 おん宿 蔦屋」で木曽の魅力を再発見その0

ごちそうを味わう旅へ。「街道浪漫 おん宿 蔦屋」で木曽の魅力を再発見

2017-02-24
150839 Point

image source: tabiiro.jp

長野県の木曽谷は、ミシュラングリーンガイドで二つ星に認定されたことでも有名なスポットです。そんな場所に佇む「街道浪漫 おん宿 蔦屋」は、を堪能できる老舗温泉宿。なんと約320年もの間、旅人を癒し続けてきた宿なんです。今回は、「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力をご紹介します。

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは①創業してから約320年

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは①創業してから約320年

tabiiro.jp

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」には、中山道のなかでも険しい道だった木曽街道に位置し、昔から旅人たちを癒し続けてきた歴史があります。宿に入ってすぐには囲炉裏があり、訪れた人々が囲炉裏を囲いながら旅の話に花を咲かせる様子は、昔と変わりません。そんな居心地のいい雰囲気と、歴史を感じられる情緒あふれる佇まいに、到着すぐに心がほぐれていくのを実感できるはずです。

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは②饗応料理おごっつお

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは②饗応料理おごっつお

tabiiro.jp

宿一番の自慢は、なんといっても「饗応料理おごっつお」です。饗応料理とは、かつて江戸時代に木曽の代官の客をもてなすために作られた料理を指し、おごっつおは木曽地方の言葉でごちそうを意味しています。

ビュッフェ形式と卓上コース料理形式の二つを掛け合わせた食事内容は、どれも心温まる優しい料理ばかり。代々女将に伝えられる幻の漬物「すんき」のほか、社長の津田氏が栽培・収穫した野菜を使用した料理を提供しています。とくに、宿泊客からは野菜のおいしさに驚く声が多数あがっているほど。心ゆくまで「饗応料理おごっつお」を堪能しましょう。

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは③伝統の湯

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは③伝統の湯

tabiiro.jp

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」には、わざわざこの温泉に入るために訪れる人もいるほど、評判のお風呂があります。それは昔から伝わる「百薬の湯」。身体を芯から温めてくれる薬湯です。長い間、旅人を癒し続けてきたお湯なので、ゆっくり浸かれば疲れも溶けていきます。女性に評判の「せせらぎの湯」は、手足の冷えに効果的。朝、晩と2回入浴すればより効果を実感できるはずですよ。

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは④日本情緒をたっぷり堪能できる

「街道浪漫 おん宿 蔦屋」の魅力とは④日本情緒をたっぷり堪能できる

tabiiro.jp

素朴な純和風のお部屋のほか、2室限定の露天風呂付客室を完備し、どちらもゆるりとした癒しの時間を過ごせる空間となっています。とくにおすすめしたいのは露天風呂付客室。プライベートな空間で湯浴みができると同時に、夜は満天の星空を堪能できる贅沢な宿泊が叶いますよ。

そして、不定期開催ですが、若旦那が案内してくれる「木曽路夜まわり闊歩」に参加すれば、この中山道の福島宿の魅力がいっそう味わえます。日中とはまた違った雰囲気が、観光客にとても人気だそうですよ。


◆街道浪漫 おん宿 蔦屋
住所:長野県木曽郡木曽町福島5162
電話番号:0264-22-2010


蔦屋 宿 木曽 旅行 国内 料理 長野県