温泉とスキーが同時に楽しめる!群馬県「草津国際スキー場」の魅力その0

温泉とスキーが同時に楽しめる!群馬県「草津国際スキー場」の魅力

2016-12-06
43633 Point

image source: www.photolibrary.jp

冬のスポーツと言えば、スキーやスノボを思い浮かべる方も多いはず。どうせならスキーやスノボと一緒に温泉を楽しみたいという欲張りな方におすすめなのが、「草津国際スキー場」です。
今年の営業は12月17日から予定されていて、現在オンライン予約の受付を開始しています。
来場する前に知っておきたい、「草津国際スキー場」の魅力をご紹介します。

「草津国際スキー場」とは?

「草津国際スキー場」とは?

www.photolibrary.jp

草津国際スキー場は、とても歴史のあるスキー場です。元々は1914(大正10)年に開設された町内スキーが原型。その後、1935(昭和10)年に天狗山ゲレンデができ、戦後1948(昭和23)年に日本で最初の民間スキーリフトが併設されたスキー場として知られています。

まさに、日本のスキー場の歴史とともに歩んできた老舗のスキー場が「草津国際スキー場」なのです。

「草津国際スキー場」のゲレンデ概要

「草津国際スキー場」のゲレンデ概要

www.photolibrary.jp

コース数は9コースあり、最大標高は2171m、最低標高は1245mで、その標高差は926mあります。最長滑走距離は8000mあり、日本有数の長さを誇るスキー場です。

レベル割合でいうと、スキー初級者が30%、スキー中級者が50%、スキー上級者が20%となっており、初心者から中級向けのゲレンデです。

「草津国際スキー場」の魅力

「草津国際スキー場」の魅力

www.photolibrary.jp

「草津国際スキー場」は名湯に隣接するスキー場として有名で、スキーと草津の名湯をセットで楽しめるのが最大の魅力です。

ゲレンデは縦の長さはありますが横の長さはないので、高いところまで上がってロングクルーズを楽しむのが醍醐味。

特にゲレンデ上部にある振子沢コースは、ハーフパイプのような狭い滑走路の両側がせりあがった造りになっており、日本離れしている光景ともいわれています。ただ、全体的に斜面構成は緩やかなので、中級者向けのゲレンデかもしれませんね。

また、風が強い場合もあるため、訪れる際は天気予報をこまめにチェックしましょう。

草津国際スキー場へのアクセス方法

◆車を利用する場合
関越道渋川伊香保ICから降りて、57kmほどの場所にあります。インターからの乗車時間は約80分ほど。
もしくは上信越道碓井軽井沢ICから53kmで、乗車時間は同じく約80分程度です。高速を降りたあと下道を長い距離で走るので、スタッドレスタイヤが必須です。

◆電車を利用する場合
吾妻線長野原草津口駅で下車し、バスに乗り換えて25分程で無料のシャトルバスが発着するバスターミナルに到着します。
しかし、長野原草津口駅までの特急列車の本数は少ないので、電車よりも旅行会社で企画されているバスツアーに参加する方が移動は便利です。各所から出発するツアーが組まれていますので、各旅行会社でチェックしてみるのもいいかもしれませんね。


◆草津国際スキー場
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根国有林158林班
電話番号:0279-88-8111
営業期間:12月17日~2017年4月9日予定
営業時間:ゲレンデの状況によって異なる

草津国際スキー場

おわりに

草津国際スキー場は、このほかにも「ゲレ飯」というゲレンデでのレストランが充実していますよ。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

草津国際スキー場 群馬県 スキー スノボ 観光