ただ食べるためだけに泊まりたい!食事を楽しむ“食泊”ホテルって?その0

ただ食べるためだけに泊まりたい!食事を楽しむ“食泊”ホテルって?

2017-05-11
99814 Point

image source: tabiiro.jp

茨城県日立市にある「ホテルウィングインターナショナル日立」はビジネスホテルでありながら、その域を超えた食事が楽しめる食泊ホテルということで人気を博しています。そんなホテルウィングインターナショナル日立の魅力など、人気の秘密をご紹介します。

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力①抜群の立地

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力①抜群の立地

tabiiro.jp

「ホテルウィングインターナショナル日立」はJR常磐線日立駅から徒歩2分、車だと日立中央ICから約7分と、ビジネスにも観光にも便利な立地にあるホテルです。「日立市かみね動物園」「アクアワールド大洗」や「国営ひたち海浜公園」などの観光スポットがあり、茨城県での観光の拠点としての利用もおすすめです。日立駅は太平洋を一望できる展望スペースやガラス張りのカフェがあるため、天気の良い日には、太平洋に沈む夕日や水平線から昇る日の出をのんびりと眺めるのも素敵。日立には6つの海水浴場があるため、夏は海水浴を思いっきり楽しめますよ。

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力②多彩なプランの夕食

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力②多彩なプランの夕食

tabiiro.jp

ホテルの宿泊でまず気になるのが、食事ですよね。「ホテルウィングインターナショナル日立」では、茨城県で飼育されたブランド牛「常陸牛」を味わえるプランや、「活きアワビ踊り焼き」など季節ごとに替わる期間限定のプラン、日替わりメニューなどさまざまなプランが用意されているので、予算や好みに合わせて選べるのが魅力です。どのプランも味もボリュームも満足できるのに、驚くほどリーズナブル。まさに“食泊ホテル”にふさわしい豪華な食事内容となっています。

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力③こだわりの朝食

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力③こだわりの朝食

tabiiro.jp

朝食は、ビュッフェスタイルで和食と洋食の中から好みのものを選べます。「食」にこだわり、試行錯誤を繰り返して作り出された料理ばかりで、定番のメニューだけでなく手作りの味にこだわったメニューが並びます。また、土・日・月曜日限定で茨城県の特産品「久慈浜しらす」を提供。栄養満点でご飯が進みますよ。ご飯は30分から1時間の間隔で、炊き立てのご飯が提供されるので、遅めの朝食でもおいしいご飯を食べることができるのも嬉しいですね。

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力④多彩な客室タイプを用意

「ホテルウィングインターナショナル日立」の魅力④多彩な客室タイプを用意

tabiiro.jp

一人旅にぴったりのシングルルームから広めのダブルルーム、トリプルまで全8種の客室は、用途に合わせて選びやすい造り。白を基調とした清潔感ある部屋、赤を基調としたおしゃれな部屋のほか、レディースシングルの客室は内装も可愛いデザインですよ。女性に嬉しいレディースセットのアメニティも用意されているため、気軽に宿泊することができますね。
食にこだわりぬいた“食泊ホテル”で、日立の旅を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。


◆ホテルウィングインターナショナル日立
住所:茨城県日立市幸町1-5-12
電話番号:0294-23-2111


 

【関連記事】女性専用からコスパのいいホテルまで!シーン別・連泊で利用したい関東圏の宿4選

どうせ旅行するなら、連泊して思いっきり遊び倒したいですよね。連泊でも滞在重視型やコスパ...


【関連記事】週末に“おこもりステイ”という贅沢を!都内から1泊2日でいける高級宿4選

今年もめっきり寒くなってきて、温泉でゆっくりしたいなぁなんて思いますよね。長期で休みは...

ホテルウィングインターナショナル日立 茨城県 日立 旅行 国内