【高知】秋が旬!名産地・高知でカツオ料理が楽しめるお店その0

【高知】秋が旬!名産地・高知でカツオ料理が楽しめるお店

2019-10-13
35471 Point

image source: tabiiro.jp

魚介類は鮮度が命なので、おいしいものを食べたいなら名産地に行くのがおすすめです!そこで戻りカツオが旬の秋には、名産地である高知でカツオ料理を楽しみませんか?高知で名物のカツオ料理が食べられるお店をご紹介します。

さくらや

さくらや

tabiiro.jp

「さくらや」は、地産地消をかかげて野菜は女将の実家で採れたもの、鶏、豚、牛肉も地元ブランドものにこだわっているお店です。魚は鮮度の良さを重視して、室戸沖から毎日新鮮なものを仕入れていています。中でもカツオは生にだわっていて、刺身やタタキで新鮮なものを味わえます。生カツオ2種盛では刺身に、ポン酢タタキ、塩タタキでカツオを堪能できるのでおすすめです。

ほかにも常連は必ず頼むという臭みがなく脂がのった「清水さば」や、高知産の旬の野菜10種類と「窪川ポーク」、エビなどを調味料は使わず素材の水分だけで調理するタジン鍋も人気メニューです。


山﨑鮮魚問屋

山﨑鮮魚問屋

tabiiro.jp

「山﨑鮮魚問屋」は、四万十市中村にある創業60年の老舗鮮魚店です。地元で獲れる天然アユや清水サバなど海の幸や川の幸を鮮度、品質、種類の多さにこだわって販売しているので地元客や遠方からのリピーターも絶えない人気店です。

カツオは土佐清水でその日に水揚げされた、店の専属職人が目利きして直送されたものを扱っています。おすすめはその場で藁焼きにしたカツオのたたきで、自家製の秘伝ダレをつけた色にも香りにもこだわった、本場ならではの絶品の味を出来立てで食べられます。


割烹 松尾

割烹 松尾

tabiiro.jp

「割烹 松尾」は、1929年創業の老舗割烹で旬の素材や土佐湾で獲れた海の幸をふんだんに使った日本料理が楽しめます。カツオは鮮度にこだわりがあり、獲れたてで質の良い生ガツオを使った「鰹の塩たたき」でカツオの風味や旨味が楽しめます。

厳選された土佐の味を季節感あふれる会席料理で味わえるお店で、見た目にも鮮やかな細やかなこだわりが光るお料理を楽しめます。少人数の普段使いから、最大160名に対応できる部屋まで幅広い用途に使えるお店です。




活魚いけす料理 柳憲

活魚いけす料理 柳憲

tabiiro.jp

「活魚いけす料理 柳憲」は、土佐の郷土料理や地魚料理が楽しめる、店内にある巨大ないけすがシンボルのお店です。いけすには室戸海洋深層水を張っているので、仕入れた魚が獲れたてと変わらない鮮度で保たれています。

1番の人気メニューはやはり名物のカツオで、「生ガツオのタタキ」は全国発送もされています。
宇佐直送の鮮魚を熟練の職人が一番おいしい調理法で提供してくれる魚料理に、オリジナルの焼酎やワインなどアルコールも充実しています。


おわりに

秋が旬の戻りカツオを楽しめる、名産地である高知のお店をご紹介しました。カツオといえば高知というくらい、抜群のおいしさを誇る高知のカツオをぜひ味わってみてください。

高知 グルメ カツオ 旅行 旅色