【台湾情報】薔薇を模したデコレーションが目印。埔里発のレモンタルトの人気が沸騰中!その0

【台湾情報】薔薇を模したデコレーションが目印。埔里発のレモンタルトの人気が沸騰中!

2022-02-26
89710 Point
年々勢いを増す台湾のスイーツ界。美味しさはもちろん、安心感ある素材選び、オリジナリティと三拍子が揃ったブランドが続々と登場しています。南投の埔里発の「瀾島de GRATO」もそのひとつ。埔里の名産であるレモンを使ったタルトがブレイク中で、オンラインショップでは、実に1ヶ月待ちの人気ぶり。新フレーバーの発売、主要都市でのポップアップショップ展開など話題が尽きないスイーツブランド、注目です!

主役は郷里の豊かな恵み。感謝の気持ちと挑戦する勇気をレモンタルトで表現。

主役は郷里の豊かな恵み。感謝の気持ちと挑戦する勇気をレモンタルトで表現。
ブランド名の“GRATO”とは、イタリア語で“感謝”の意味。この言葉に閩南語(いわゆる台湾語)の発音が近い“瀾島”を当て、語呂合わせの名がつけられたそう。そこに込められているのは、感謝の気持ちから始めたいという思いです。創始者のデニス氏は、2021年の始め、10年間もの間、深く携わってきたホテルでのシニア・エグゼクティブの職を離れました。コロナ禍は、彼にそうした試練を与えましたが、同時に自分の可能性に挑戦する勇気をもたらしました。そして彼は過去の思いを整理し、純粋に熱中できることを求め、故郷の埔里に戻り、大学で料理学の手工芸を学びました。埔里の地元農家の友人が自然農法で育てた果物、父親が飼っている地鶏の卵を使うことにこだわり、来る日も来る日もレモンタルトを試作し、最適な食感を追求。さらには商品開発、ブランディング、パッケージデザインにも取り組み、自身の10年のキャリアをブランドの個性に反映させていきました。そして、複数の肩書きや職を持つスラッシュ族として、個人のアトリエから「瀾島」ブランドをスタート。手作りの幸福感を分かち合うだけでなく、夢を追い求める気持ちを伝えることで、理想を実現しようとする若者たちに勇気と励ましを届ける…そんなブランドを目指しました。

薔薇の花びらを模したデコレーションはブランドの象徴。

薔薇の花びらを模したデコレーションはブランドの象徴。
【台湾情報】薔薇を模したデコレーションが目印。埔里発のレモンタルトの人気が沸騰中!その3
埔里はレモンの三大産地のひとつ。この名産品を生かした「玫瑰檸檬塔(薔薇レモンタルト)」がブランドの看板商品であり、オンラインショップのリピート率はナンバーワン。薔薇の花に見立てて絞り出したクリームは、地元産の新鮮なレモンの果汁とピールで作ったバタークリーム。一口食べるとレモンの自然な香りを嗅覚がとらえ、なめらかな口当たりと甘酸っぱい味わいを舌が受け取り、その味わいが次の一口を誘います。

1か月待ちの大人気商品! パッションフルーツの濃厚な味わいが魅力。

1か月待ちの大人気商品! パッションフルーツの濃厚な味わいが魅力。
「玫瑰百香果塔(薔薇パッションフルーツタルト)」には、埔里の大坪頂の名産・パッションフルーツの搾り汁とフランスから輸入したバターで作ったクリームの薔薇をオン。濃厚な果汁感、サクサクのタルト皮とクリームの多層的な味わいがポイントで、甘すぎずペロリと食べられる一品です。ネットでの好評を得て、現在予約数が倍増中。公式オンラインショップでは、1か月以上のウエイティングが必要な人気ぶり。忍耐強く待つ価値のある美味しさです。

2021年末には、新竹のショッピングモール・Big City遠東巨城購物中心に初のポップアップを開設。オープンに際してデニス氏は、毎年売上高を更新しているデパートで接客する機会を得たことを意外に感じていましたが、予約の受付後、ネット上で熱い話題となったことで、現場での販売数は予想を上回るものに。デニス氏は、新竹市民をはじめ、台湾各地での熱い支持や注目に感謝し、また同時に起業時の過程を思い返しました。目的にそのものにフォーカスするより、起業のプロセスを楽しむことを重視したい。経験してきたことにはすべてに意味があり、それらに感謝したい…それが創業当初の決心であり、こだわりでした。

梅の香りや食感が爽やか! 國姓郷の青梅を使った新フレーバーが登場。

そして、このほど、待望の新商品「青檸梅香塔(青レモン&梅タルト)」を発表。デニー氏は、時間を見つけては新作の研究に取り組み、創造性を発揮してきましたが、新作のヒントは、家にあった梅干しにありました。南投は良質な山と水があることから名産物が多く、國姓郷では青梅の栽培が盛んで、梅干しはおなじみの食材。そこで、この青梅を新フレーバーの食材にフィーチャー。レモンのバタークリームに青梅を加えました。フルーティーな甘みとトッピングのドライプラムが織りなす多層的な食感が特徴で、噛むほどに口に広がる梅の淡い香りがクセになる味わい。初お披露目は、台北のSOGO復興店のポップアップショップにて。2月末まで先行販売されます。

ギフトボックスを一新。南投の魅力を伝えるカラー&イラストがポイント。

また、ブランドの発祥地のイメージに近づけるべく、ギフトボックスのパッケージを一新。山岳都市を思わせる落ち着いたグレイッシュグリーンをメインカラーに、マカロンカラーのラインやイラストをプラス。モチーフとなっているのは、南投の美しい土地、甘く清らかな水、時間の経過と共にさまざまな人生経験の物語が生まれる年輪。詩的で悠然とした雰囲気が好評です。

おわりに

公式オンラインショップでの予約購入以外にも、台北信義遠百百貨と台中金典綠園道のレストラン「義饗屋」、台南の民宿&ブランチ「逗之apt. DouZ」でいただく、という方法も。また、國泰世華ATMと連携したオンラインショッピングでの優待も実施中。さらに、期待が集まるポップアップショップの出店予定も続々。4月には新竹のBig City遠東巨城購物中心、5月には台北の信義誠品での販売を予定。詳細は、公式HPを要チェック! 熱く支持される噂のスイーツ、購入しやすい機会をお見逃しなく。


◆瀾島de GRATO
住所:南投縣埔里鎮中山路三段327號
電話:+886-983-165-675

台湾 グルメ 海外 レモンタルト 旅色 旅行