今年のテーマは”和”!「東京カクテル7デイズ 2019」で日本を感じるカクテルを堪能その0

今年のテーマは”和”!「東京カクテル7デイズ 2019」で日本を感じるカクテルを堪能

2019-04-04
32868 Point
4月20日(土)から29日(月・祝)までの10日間、「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019(東京カクテル7デイズ 2019)」が開催されます。最初の2日間は東京・青山の国連大学中庭広場がメイン会場で、その後は都内のトップバー60店舗以上でオリジナルカクテルがいただけるバーホッピングも! お酒好きの方はぜひ足を運んでみてください。

「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 」とは?

「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 」とは?
有名レストランやバーの協力を得て、日々進化していくカクテルの魅力を発信する同様のイベントが、ロンドンを発信地としてパリやシドニーへと広がり、海外では多くの人が押し寄せるムーブメントとなっています。

そんな流れを受けて、バーとカクテルファンのためのウェブサイト「Drink Planet(ドリンク プラネット)」が日本で初めて独自に企画したのが「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS」。今年で3年目を迎え、さらなる進化を遂げた内容に注目です。

TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019

TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019
イベント期間中の4月20日(土)、21日(日)の2日間限定で、メイン会場となる京・青山の国連大学中庭広場に9ブランドによるポップアップバーが登場します。カクテルパスポートを購入すれば無料でテイスティングでき、お酒のセミナーも楽しめます。

同時に、イベント期間中の10日間は、東京エリアのトップバー60店舗以上で今年のテーマ「ジャポニカ」に合わせたオリジナルカクテルが提供されるので、お店をはしごしながら、トップバーの味と雰囲気を堪能できます。

パスポートを購入して楽しもう

パスポートを購入して楽しもう
公式サイトでは、カクテルパスポートを事前に購入することできます。このパスポートにはメイン会場で2日間開催される9ブランドによるポップアップバーでの無料テイスティング、特別講師によるお酒のセミナーの受講、東京エリアの60以上のレストランやバーで特別カクテルをスペシャルプライスの1,000円で提供、そして特別カクテルの1杯無料クーポンが含まれています。
パスポートを購入して、イベントをたっぷり堪能しましょう。

特別カクテルは252種類

特別カクテルは252種類
東京エリアに点在する60以上のトップバーやレストランで特別なカクテルを楽しめる「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019」。「THE WORLD’S 50 BEST BARS 2018」に選出されている「Bar Benfiddich」(新宿)、世界大会の優勝経験を持つ石垣忍氏がオーナーバーテンダーを務める「Bar 石の華」 (渋谷)、「The ASIA’S 50 BEST BARS 2018」に選出されている「Trench」(恵比寿)など、いつもは行かないエリアやお店に足を運ぶチャンスです!

それぞれのバーが今年のテーマ「ジャポニカ」に合わせて4つのオリジナルカクテルを考案。柚子やお茶、山椒など日本の素材を使ったり、日本の器を使ったりと趣向を凝らしたカクテルが出そろいます。パスポート購入者限定のカクテルは全部で252種類にも及ぶので、たくさん回ってお気に入りを見つけてみてください。


◆TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019
会場:メイン会場 国連大学中庭広場
開催期間:2019年4月20日(土) 12:00~21:30 、21日(日) 12:00~17:00 
◆バーホッピング
開催期間:2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
料金:前売り 3,800円(税込) 当日券 4,500円(税込)

おわりに

「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019」は、期間限定のオリジナルカクテルを都内のトップバーで楽しめるほか、2日間限定でカクテルのテイスティングが無料で楽しめるイベントです。これを機会に、新しいお店を開拓してみませんか?

グルメ イベント 東京 旅行