地元のシンボルタワーに立ち寄ろう!旅行プランに入れたい観光名所4選その0

地元のシンボルタワーに立ち寄ろう!旅行プランに入れたい観光名所4選

2018-04-15
24458 Point

image source: tabiiro.jp

東京タワーや京都タワーなど、日本各地にあるシンボルタワー。写真やポスターなどによく描かれていて、その土地のランドマーク的な役割を果たしています。遠くから眺めるもよし、展望台から見下ろしてその土地を空から体感するもよし。
今回は代表的かつ定番の、シンボルタワーを4つご紹介します!

東京タワー

東京タワー

tabiiro.jp

東京のシンボルタワーであり、言わずと知れた日本を代表するタワー「東京タワー」。季節や日時によってライトアップが変わる姿は、東京のさまざまな場所から眺めることができます。

東京観光の目玉として日本全国から人が集まるほか、ドラマや映画、アニメなどの作品にもたびたび登場するので、今では海外からの観光客も多く訪れます。東京都内に住んでいても、日本人なら一度は登るという大定番のスポットです。
150メートルの高さにある展望台と、250メートルにある大展望台があり、全方位から東京がを望むことができます。昼と夜で異なる表情が楽しめる点もおすすめです。

◆東京タワー
住所:東京都港区芝公園4丁目2-8
電話番号:03-3433-5111
営業時間(開催期間):通年
9:00~22:30(閉館23:00)
定休日:無休
料金:大展望台=大人900円、小・中学生500円、4歳以上400円/特別展望台=大人700円、小・中学生500円、4歳以上400円/ノッポンボールチェーンマスコット=590円/
障がい者と同伴者1名半額


別府タワー

別府タワー

tabiiro.jp

九州にある大分県別府市にある「別府タワー」は、日本で3番目に建てられた電波塔です。高さは90メートルで、地上55メートルのところには別府湾や別府の夜景を一望できる展望台がある、地元の人たちに50年以上愛されてきた別府の元祖シンボルタワーです。決して高さがあるわけではありませんが、そのレトロな外観からはどこか貫禄を感じます。

大分は日本でも有数の温泉県としても有名です。源泉の数も、湧く量も日本一の大分での温泉旅行の合間に、ぜひ訪れてみて。

◆別府タワー
住所:大分県別府市北浜3丁目10-2
電話番号:0977-21-3939
営業時間(開催期間):通年
9:00~22:00(閉館)
定休日:水曜、祝日の場合は開館
12月31日休
料金:高校生以上200円、小・中学生100円
障がい者は1割引


さっぽろテレビ塔

さっぽろテレビ塔

tabiiro.jp

豊かな自然や、質のいい雪、日本最北端の岬があることなどで人気の北海道の中心地、札幌のシンボルタワーが「さっぽろテレビ塔」です。札幌の大通公園の東側にあり、ここから街が東西南北に分かれるので街歩きの拠点として覚えておくと便利な場所でもあります。

地上90メートルには展望台があり、札幌市街を見渡すことができます。
館内にはレストランやお土産屋、展望台入場者のラウンジなどが揃っているので、
観光の立ち寄りに、家族連れでのちょっとしたお出かけにもおすすめです。

◆さっぽろテレビ塔
住所:北海道札幌市中央区大通西1丁目
電話番号:011-241-1131
営業時間(開催期間):通年
9:00~22:00(閉館、冬期は9:30~21:30、イベントにより異なる)
定休日:不定休
1月1日休
料金:展望台入場料=大人720円、高校生600円、中学生400円、小学生300円、幼児100円/


京都タワー

京都タワー

tabiiro.jp

昔ながらの日本の雰囲気が楽しめる京都にあるシンボルタワーが、その名も「京都タワー」。
京都駅前に建つ灯台をイメージした高さ131メートルのタワーで、駅を降りるとすぐ目に飛び込んでくる、まさしくランドマークです。

地上100メートルの展望台で360度の眺望を楽しみながら京都の全景を見渡したり、お土産を買ったり、レストランでの飲食も楽しめます。地下3階には朝の7時からやっている大浴場があるので、深夜バスで移動してきた時なども重宝しますよ。


◆京都タワー
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下ル
TEL:075-361-3215
営業時間(開催期間):通年
9:00~20:40(閉館21:00、時期により異なる)
定休日:無休
料金:大人770円、高校生620円、小・中学生520円、幼児(3歳以上)150円
元旦初のぼりは別料金、五山の送り火観賞は別料金・完全予約プランのみ営業、障がい者手帳の提示で本人のみ350円


おわりに

全国各地を代表するシンボルタワーを4つご紹介しました! 地元の人々から愛され、ぞれぞれ長い歴史を持つタワーたち。ぜひ観光名所のひとつの目的として、全国制覇を目指してみてください。

旅行 国内 タワー 観光 名所