3月25日は「散歩にGoの日」!? 温泉街の散歩が楽しい伊香保の宿3選その0

3月25日は「散歩にGoの日」!? 温泉街の散歩が楽しい伊香保の宿3選

2019-03-23
64995 Point

image source: tabiiro.jp

3月25日は、3(さんぽ)2(に)5(ゴー!)という語呂合わせから、散歩の日とされています! ちょうど暖かくなって散歩に出たくなる季節ですね。今回は、ぶらぶら散歩するのが楽しみ方の醍醐味、伊香保の温泉街でおすすめの宿を3軒ご紹介します。たくさん歩いて、食べて、温泉でゆったり。そんなお散歩旅にでかけましょう。

明治の文豪に愛された 「千明仁泉亭」

明治の文豪に愛された 「千明仁泉亭」

tabiiro.jp

「千明仁泉亭」は、明治の文豪にも愛された由緒ある老舗旅館です。伊香保の温泉街を象徴する石段沿いにあるので、散歩をするにはぴったりです。

すべての客室に源泉掛け流しの半露天風呂がついた別館と、趣を感じられる大正から昭和初期の木造建築の本館があります。「黄金の湯」を源泉掛け流しで堪能できる露天風呂は、立ち上がれば伊香保の街並みを一望できる景色のよさが魅力的。4つある貸切風呂は24時間使用でき、空いていれば予約なしでいつでも使うことができます。赤城牛や上州牛のすき焼きなど、地元の旬の食材をたっぷりと使った会席料理も宿の自慢。たくさん歩いてお腹を空かせてから臨みましょう。


◆千明仁泉亭
住所:群馬県渋川市伊香保町45番地
電話番号:0279-72-3355



ロビーや湯殿などレトロな雰囲気が魅力 「旅館ふくぜん」

ロビーや湯殿などレトロな雰囲気が魅力 「旅館ふくぜん」

tabiiro.jp

伊香保の玄関口にある「旅館ふくぜん」は、創業300年余りの歴史があり、ロビーや湯殿などのレトロな雰囲気が魅力の老舗宿。石段街まで徒歩約15分ほどと散歩にちょうどよい距離に位置しています。

近年湧出された「白銀の湯」を広々とした大浴場で楽しめるほか、壁一面の窓から、街並みや上州の山々など、伊香保ならではの風景を眺めながらの湯浴みができます。露天風呂付き客室も2部屋あり、夕方には間接照明の灯りの中でゆったりとお湯を堪能できます。食事は群馬県の食材をふんだんに使った創作和食料理を客室でいただけるので、温泉旅館ならではのゆったりとした時間を過ごせます。ベビーバスやバスチェア、ベビー布団、キッズスペースなども用意されているので、小さい子どもを連れていくのにも安心です。


◆旅館ふくぜん
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保396-1
電話番号:0279-72-2123



北関東最大級となる1,300坪もの湯殿をもつ 「ホテル木暮」

北関東最大級となる1,300坪もの湯殿をもつ 「ホテル木暮」

tabiiro.jp

石段街の中程から徒歩約10分、創業450年余りの老舗旅館「ホテル木暮」は、北関東最大級となる1,300坪もの湯殿があるのが特徴です。深さ1メートルある立ち湯や、源泉を楽しむ座り湯、開放的な気分を味わえる寝湯など、26もの湯処があります。貸切展望風呂からは、目の前に上州の山々の壮大な景色を望むことができます。

客室は和の趣と、洋室の快適さを併せ持ったモダンな空間になっていて、大きく取った窓から伊香保の景色が楽しめます。足浴スペースのある湯上り処で庭園を眺めたり、ロビーで読書や軽食をいただいたりと、散策のあとの夜はゆっくり自分の時間を持ちたい、という人におすすめなラグジュアリーな空間です。


◆ホテル木暮
住所:群馬県渋川市伊香保町135番地
電話番号:0279-72-2701



おわりに

「散歩の日」に散策に出かけたい、伊香保でおすすめの宿をご紹介しました。情緒ある石段街は徒歩で回れる広さなので、ゆったりと散歩を楽しんでみてはいかがですか?

ホテル 群馬 旅色 グルメ