【愛媛】謹賀新年! 2020年の幕開けに食べたい、おめで“鯛”料理4選その0

【愛媛】謹賀新年! 2020年の幕開けに食べたい、おめで“鯛”料理4選

2019-12-06
26138 Point

image source: tabiiro.jp

おめでたいときのお祝いにも使われる"鯛”ですが、実は国内の鯛の生産量の半分以上が愛媛であることをご存じですか?
鯛がたくさん獲れる愛媛では、鯛一匹丸ごとを使った「鯛そうめん」や来島海峡で獲れる鯛を使った今治の郷土料理「法楽焼」、小学生が考案した贅沢などんぶり「鯛かつ丼(タイレッ丼)」、特産のみかんとかけあわせた「みかん鯛」など、たくさんの鯛を使った郷土料理があります。
今回はそんな愛媛で、特産の鯛を使った料理が食べられるお店をご紹介します。

炉端焼 海音(みなと)@宇和島・愛南

炉端焼 海音(みなと)@宇和島・愛南

tabiiro.jp

宇和島にある「炉端焼 海音(みなと)」は、新鮮な魚介や愛媛県の牧場から仕入れる肉を使った料理が食べられる海鮮居酒屋。水産業と運送業をしている会社が親会社なので、最も旬な魚介を全国から新鮮なまま仕入れているのが特徴です。その日その日に合わせて仕入れた海鮮を素材にあった調理法で出してくれるので、毎日通っても飽きないお店となっています。

地元・宇和島産の鯛は、鯛めしやお刺身などで堪能できます。徳島の地鶏を使った炉端焼きメニューも人気です。


自然食炭焼ダイニング あじ彩@松山・東温

自然食炭焼ダイニング あじ彩@松山・東温

tabiiro.jp

「自然食炭焼ダイニング あじ彩」は、松山にあり道後温泉や石手寺など観光名所の近くにある郷土料理のお店なので旅行で立ち寄るのにぴったり。中庭を眺められる情緒たっぷりの空間で、地元の旬な食材を使った愛媛の郷土料理を堪能できます。

「宇和島鯛めし」をはじめ、宇和島から入荷する「ヒオウキ貝の炭焼き」や名産の「宇和島じゃこ天」、「鯛のかぶと煮御膳」など、地元の味を味わいましょう。魚介は瀬戸内海の漁師から直送された新鮮なものばかりです。


居酒屋 一進丸@松山・東温

居酒屋 一進丸@松山・東温

tabiiro.jp

「居酒屋 一進丸」は、愛媛の食材や瀬戸内海の海鮮を使った料理が味わえる居酒屋。松山の繁華街である大街道エリアにあり、愛媛の味覚をたっぷり堪能できるので旅行の際には立ち寄りたいお店です。

愛媛の郷土料理である鯛めしは、東予・中予地方の味と南予地方の味の2種類の味が楽しめるので、鯛めしをさらに極めたい人におすすめ。瀬戸内海から直送された海鮮をお造りやわら焼きなどでも楽しめるほか、愛媛ブランドの肉料理も種類豊富に取り揃えています。


せとうち茶屋 大三島@今治・大島

せとうち茶屋 大三島@今治・大島

tabiiro.jp

「せとうち茶屋 大三島」は、しまなみ海道にある食事処で瀬戸内海の海鮮や愛媛県産のコシヒカリなど、地元の食材を使った郷土料理が食べられるお店。看板メニューは鯛のダシで炊いたご飯をせいろ蒸しにしてある鯛めしで、アツアツがおいしい一品。瀬戸内海の魚介を自分で焼く網焼きとセットになったメニュー「鯛めし網焼御膳」も人気です。

ほかにも今治のご当地グルメ「せんざんぎ」や「焼豚玉子飯」もあるので、地元の味がたっぷりと楽しめます。


おわりに

鯛の生産量日本一の愛媛で、鯛を使った郷土料理が食べられるお店をご紹介しました。本場の鯛めしや、新鮮な魚介を使った瀬戸内の幸をぜひ堪能してください。

愛媛 料理 旅行