どこにいく?どこに泊まる?岩手県で立ち寄りたいおすすめスポットその0

どこにいく?どこに泊まる?岩手県で立ち寄りたいおすすめスポット

2017-09-06
32969 Point

image source: tabiiro.jp

自然とのんびりした空気が魅力の岩手県は、ゆったりとした旅をしたい方に人気の旅行先です。今回は、この秋、岩手県を訪れるなら、ぜひ立ち寄りたい観光名所や飲食店、宿泊したくなる宿をまとめてご紹介します!

小岩井農場

小岩井農場

tabiiro.jp

日本全国で販売されている、「小岩井農場」の牛乳。スーパーで販売されているため、いつでも手に入れることができますが、岩手県を訪れたら、やはり本場の味わいを体験しておきたいところ。「小岩井農場」の観光エリアには、ここでしか食べられないスイーツや買えないおみやげ、できない体験が待っています。

農場で羊を見たり、馬車に乗ったり、乗馬をしたりとアクティブな旅行ができますよ。フレッシュなジェラートを楽しんだら、ここでしか買えないバターケーキやアイスなどをお土産に買っていきましょう。


◆小岩井農場
住所:岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
電話番号:019-692-4321
営業時間:9:00~17:00(時期により異なる)
定休日:要問い合わせ
料金:大人800円、小人300円(基本入場料)


宮沢賢治イーハトーブ館

宮沢賢治イーハトーブ館

tabiiro.jp

もう一か所ゆったりした観光を楽しみたいのなら、岩手県出身の日本を代表する作家である宮沢賢治について学べる「宮沢賢治イーハトーブ館」がおすすめです。
企画展示はどれも見ごたえがあり、宮沢賢治をもっと知りたくなる深い内容ばかり。売店では数多く出版されている絵本や研究書を販売しています。

宮沢賢治のお話には岩手県を彷彿とさせる舞台がたくさん登場するので、新しい魅力を発見できそうです。


◆宮沢賢治イーハトーブ館
住所:岩手県花巻市高松1-1-1
電話番号:0198-31-2116
営業時間:8:30~16:30(閉館17:00)
定休日:なし


日本料理 新亀家

日本料理 新亀家

tabiiro.jp

岩手ならではの郷土料理を食べたいのなら、格調ある老舗「日本料理 新亀家」がおすすめです。旬の魚介、新鮮な野菜を使った料理は、岩手らしい素朴で奥深い味わいが魅力。

郷土料理であるひっつみに六穀を加えた「六殻ひっつみ」がメインの定食、「六穀ひっつみ御膳」は創業以来ずっと愛され続けているメニューです。また、岩手県を代表するブランド食材の「前沢牛」や「白金豚」をあいびきにしたハンバーグも人気があります。気軽に岩手の味を楽しめるお店なので、ぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。


◆日本料理 新亀家
住所:岩手県花巻市四日町3-16-11
電話番号:0198-22-3336
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:年末年始


渚亭 たろう庵

渚亭 たろう庵

tabiiro.jp

1日の締めくくりの役割を果たす宿は、日本海の絶景が見渡せる「渚亭 たろう庵」を選んでみてはいかがでしょうか。
小高い丘の上にあり、「三陸復興国立公園」や大断崖など岩手ならではの景色を眺めながらゆっくり夜を過ごしましょう。

展望棟の4階には貸切できる露天風呂があるので、そこからも絶景が眺められます。アワビやワカメなど、地元の新鮮な食材を使った夕食のあとは、閑静で暖かい雰囲気のお部屋でリラックス。岩手の魅力を満喫した一日になるでしょう。


◆渚亭 たろう庵
住所:岩手県宮古市田老字青砂里164-1
電話番号:0193-87-2002


岩手県 旅行 観光 国内 宿 グルメ 飲食