【都内】11/21はボージョレー・ヌーヴォー解禁日! 都内のおしゃれなワインバー4選その0

【都内】11/21はボージョレー・ヌーヴォー解禁日! 都内のおしゃれなワインバー4選

2019-10-20
50528 Point

image source: tabiiro.jp

今年のボージョレー・ヌーヴォー解禁日は、11月の第3木曜日である11月21日です!
ふだんはワインを飲まない人も、この機会にワインを楽しんでみませんか?
都内で立ち寄りたいオシャレなワインバーをご紹介します。

Cafe & Wine Bar jeeco@赤坂

Cafe & Wine Bar jeeco@赤坂

tabiiro.jp

「Cafe & Wine Bar jeeco」は、赤坂駅から徒歩2分というアクセス抜群のお店で、昼はカフェとして、夜はワインバーとして使えます。ワインは世界各国ものがそろっていて、国別に分かれたボトルが置いてあるのでパッケージからピンとくるものを選んだり、店員に好みを伝えて一緒に選ぶこともできます。

産地やブランドにこだわらず納得のいく食材で作ったフードも魅力で、完成度が高いのにリーズナブルに提供。テーブル席だけでなくカウンター席もあるので、1人でふらっと立ち寄ることも可能です。

Ethos(エートス)@六本木

Ethos(エートス)@六本木

tabiiro.jp

「Ethos」は、麻布十番駅の6番出口から徒歩30秒という夜遅くても安心の立地のフレンチワインバー。ワインはオーナーが厳選したヴィンテージワインがそろっているのでワイン好きにはたまらないお店ですが、初心者にも丁寧に教えてくれ、食事などに合うものを選んでくれます。

お料理は季節の食材を活かした極上のフレンチで、腕利きのシェフが季節によって食材を厳選して作っています。カウンター席、テーブル席のほかに個室もあり、リクエストにも応じてくれるので記念日にもおすすめです。

Bistro N@自由が丘

Bistro N@自由が丘

tabiiro.jp

自由が丘にある「Bistro N」は、女性ひとりでも気軽に利用できるビストロ。オーナーはソムリエの資格を持っているので、種類豊富なワインが揃うほか、週替わりでグラスワインが赤3種、白3種とお得に用意されています。カウンター席に座って、オーナーとの会話や料理とワインのマリアージュを楽しみましょう。

料理はタパスから肉料理までいろいろそろった本格的な欧州料理で、まずはお得なタパス盛り合わせを注文するのがおすすめです。デートや友達との気軽な会食のほか、8名以上で貸切にもできますよ。

gindachi@銀座

gindachi@銀座

tabiiro.jp

銀座にある「gindachi」は、銀座2丁目の裏通りの「銀座ロビー」の1階にある立ち飲みワインバーで、気軽にちょっと1杯飲むために立ち寄れる使い勝手のいいバーです。気軽に立ち寄れるものの銀座ならではの天井が高く、開放的でシックな雰囲気で、連日にぎわっています。

ワインと一緒に楽しみたいのは、イタリア版おでんともいえる「ボリート」で、鶏の足や豚スペアリブや野菜などをじっくり煮込んだ好みの具材を単品で注文可能。タパスも20種類ほどあるので、おつまみにも事欠かないワインバーです。

おわりに

11月21日のボージョレ・ヌーヴォー解禁に合わせて都内でワインを気軽に楽しめるオシャレなワインバーをご紹介しました。仕事帰りにちょっと1杯飲めるような、お気に入りのお店を見つけてください。

グルメ ワイン 東京 旅行