京都の中心地に町家を改修したホテルが誕生! 「カンデオホテルズ」その0

京都の中心地に町家を改修したホテルが誕生! 「カンデオホテルズ」

2021-04-20
84525 Point
上質ながら利用しやすい価格帯で人気の“4つ星ホテル”カンデオホテルズが、京都に新しいホテルを開業します。京都の町家文化を肌で感じられるとあり、今からオープンが待ち遠しい! 今回はその魅力や詳細を少しだけご紹介しちゃいます。

目の前で山鉾も見られる! 旧伴家住宅をリノベーションしたホテル

目の前で山鉾も見られる! 旧伴家住宅をリノベーションしたホテル
“4つ星ホテル”をコンセプトに、手頃な価格帯ながら上質なホスピタリティーが特徴のカンデオホテルズ。6月には京都・中京区に新ホテル「カンデオホテルズ京都烏丸六角(仮称)」がオープンを控えています。

京都らしさを求めてやって来る旅行客に喜ばれるように、新ホテルは登録文化財である旧伴家(ばんけ)住宅をリノベーション。レセプション棟・客室棟・大浴場棟の3棟で構成され、京町家独特の空間美を楽しめます。また、毎年7月に行われる祇園祭の時期には、ホテルの目の前で祭りのシンボルである山鉾が組み立てられるので、迫力満点の姿を間近で見学できますよ。

京都市営地下鉄烏丸御池駅から徒歩約3分とアクセスの良さも抜群。周囲には二条城や八坂神社といった観光スポットもあり、観光拠点としても好立地ですよ。

伝統とモダンが融合したデザインにも注目

伝統とモダンが融合したデザインにも注目
ホテルのベースとなっている伴家住宅とは、居住棟と店舗棟が縦につながった京町家のこと。明治後期まで一般的だった中二階と呼ばれる建築様式で、2階の天井が低く虫籠窓があるのが特徴です。今回の改修で2棟をつなぐ通り土間が飾り棚や照明で幻想的なロビーに生まれ変わるなど、伝統的な造りの良さはそのままに現代的なモダンデザインと融合して居心地の良い空間へと昇華されています。宿泊の際には、そういった京都らしさを肌で感じられる点にも注目してみましょう。

客室は全部で106室。大浴場や畳のラウンジも素敵

客室は全部で106室。大浴場や畳のラウンジも素敵
くつろぎの時間を過ごす客室棟は106室の客室を有する10階建ての建物。そのうち2室にはプライベートスパが付いていて、記念日など特別な日の滞在先にぴったりです。2階と4階にはカンデオホテルズ自慢の大浴場も設置。内湯・外湯のほかにサウナまであり、一日観光して疲れた体もこれなら次の日へ疲れを残さずにリフレッシュできそうですね。

レセプション棟1階のロビーの床は畳敷きになっていて、日本人の心をくすぐるリラックスできる空間を提供。2階にあるラウンジ・バーも、畳のある空間をそのまま活かしていることが特徴です。滞在の夜はここでの1杯で締めくくるのも良いですね。


◆カンデオホテルズ京都烏丸六角(仮称)
住所:京都府京都市中京区六角通烏丸西入骨屋町149
電話番号:0120-710-540
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

おわりに

伝統的な京都らしさだけでなく、現代的なモダンさも上手く取り入れている「カンデオホテルズ京都烏丸六角(仮称)」。ぜひこちらに滞在して、素敵な京都旅行を楽しんでくださいね。

町家 ホテル オープン 旅行