建築と歴史を学ぶ。長野県の定番観光スポットは見どころいっぱい!その0

建築と歴史を学ぶ。長野県の定番観光スポットは見どころいっぱい!

2017-10-23
12988 Point

image source: tabiiro.jp

過ごしやすく、洗練された高原などのイメージが強い長野県。魅力的な観光スポットが多くありますが、定番どころは回り切れていない、なんてこともありますよね。今回はその中でも、今改めて行きたい定番観光スポットをご紹介します。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会 内村鑑三記念堂

tabiiro.jp

軽井沢は外国人が多く逗留する避暑地だったことから教会も多く、軽井沢での結婚式は多くの方の憧れでもあります。今回ご紹介する「石の教会 内村鑑三記念堂」でも、多くの結婚式があげられています。

こちらは挙式日以外であれば見学が可能で、明治・大正時代のカトリック指導者である内村鑑三の「無教会主義」の思想に基づいて作られた荘厳な教会は、自然界の構成要素「水、緑、光、石、木」で構成されているので、自然と調和している建築も見どころ。建築美を堪能できるスポットです。


◆石の教会 内村鑑三記念堂
住所:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号:0267-45-2288
営業時間:9:00~18:00
見学日:金~日曜、祝日 ※挙式時は見学不可


重要文化財 旧開智学校校舎

重要文化財 旧開智学校校舎

tabiiro.jp

松本市にある「重要文化財 旧開智学校校舎」は、日本で最も古くからある小学校のひとつ。明治9年から昭和38年まで小学校として使われていた建物が残っていて、内部見学も可能で。教育資料や建築資料を見ることができます。

木造で桟瓦葺、中央には八角塔があり各窓には舶来もののガラスが取り付けられている和風と洋風の入り混じった建築物は、擬洋風建築の代表と言われています。重要文化財にも指定されていて、建物を見るだけでも見ごたえがあります。


◆重要文化財 旧開智学校校舎
住所:長野県松本市開智2-4-12
電話番号:0263-32-5725
営業時間:9:00~16:30(閉館17:00)
定休日:第3月曜、12月~翌2月は月曜、祝日の場合は翌日、12月29日~翌1月3日


松本城

松本城

tabiiro.jp

安土桃山時代の末期から江戸時代初期に建造されたと言われている「松本城」。現存している5重6階の天守の中で最古のもので、国宝に指定されています。

広大な土地にお城や石垣、堀などがあり、日本のお城の雰囲気を味わうにはぴったりの場所です。中に入って見学をすることができるので、長野県の歴史に思いを馳せる旅をしましょう。


◆松本城
住所:長野県松本市丸の内4-1
電話番号:0263-32-2902
営業時間:8:30~16:30(閉館17:00、時期により異なる)
定休日:12月29日~31日


白馬ジャンプ競技場

白馬ジャンプ競技場

tabiiro.jp

長野県の避暑地として知られる白馬村は、夏には登山、冬にはスキー客でにぎわい、秋には色とりどりの紅葉が見られる風光明媚な土地です。その白馬村の「白馬ジャンプ競技場」は、1998年に開催された冬の長野オリンピックのジャンプ競技の会場で、当時使われたジャンプ台が残っています。

競技会が行われていることもありリフトも運行されていますが、期間外ならスタート地点まで登ることができるので、ジャンプ競技をする気持ちが味わえます。


◆白馬ジャンプ競技場
住所:長野県北安曇郡白馬村北城4133
電話番号:0261-72-7611
営業時間:8:30~16:00(閉場16:30、時期により異なる)
料金:入場料460円、観覧料(スタート地点とオリンピック記念館の見学)大人500円、小・中学生300円


長野県 定番 観光 旅行 国内 アート