【和歌山】名物のサンマ寿司から干物まで!秋の味覚・サンマが味わえるお店3選その0

【和歌山】名物のサンマ寿司から干物まで!秋の味覚・サンマが味わえるお店3選

2019-09-17
35987 Point

image source: tabiiro.jp

秋が旬のサンマを、郷土料理「サンマ寿司」のある和歌山県で味わいませんか? サンマ寿司から干物まで、秋の味覚が味わえるお店をご紹介します。

灰干さんま 西出水産

灰干さんま 西出水産

tabiiro.jp

和歌山市の「灰干さんま 西出水産」は、伝統の「灰干乾燥製法」で極上の干物を作り、販売しているお店です。「灰干乾燥製法」とは、おいしい干物は鮮度がカギで、酸化をさせない干し方を追求するという考え方のもと生み出された製法。「灰干さんま 西出水産」は灰干一筋で50年以上にわたり干物を作ってきました。

秋の味覚・サンマを使った「灰干さんま」は看板商品で、「第16回全国水産加工品総合品質審査会」でも会長賞を受賞しています。灰干の魚は両面を焼いてスダチなどの柑橘類と合わせて食べたり、鮮度がいいのでカルパッチョや酢締めにしたりと使い勝手も抜群です。

お店は加工工場に隣接しているので、新鮮なものが手に入ります。


◆灰干さんま 西出水産
住所:和歌山県和歌山市雑賀崎755-3
電話番号:073-444-7173
営業時間:10:00~18:00
定休日:土曜日※メール返信・発送業務休み

かあちゃんの店

かあちゃんの店

tabiiro.jp

「かあちゃんの店」は、熊野地域の郷土料理が味わえて、地元食材の購入もできる「道の駅瀞峡街道 熊野川」の隣にあるお店。実際に地元の「かあちゃん」たちによって経営されている熊野地域の家庭料理のお店なので、サンマを使った名物の「サンマ寿司」や「めはり寿司」などが食べられます。

お昼時には高菜などの和歌山の名産を使った定食も提供されるほか、地域で有名なヨモギ餅である「忠度もち」も購入できます。「サンマ寿司」はお祭りやお正月に食べられるなどして1,500年以上人々に親しまれてきた郷土料理で、サンマと酢、かんきつ類などとの組み合わせがマッチした一品です。


◆かあちゃんの店
住所:和歌山県新宮市熊野川町田長54-7
電話番号:0735-44-0480
営業時間:9:00~16:00※食事処:11:00~14:00
定休日:水曜

ふれあい名産館 まつや

ふれあい名産館 まつや

tabiiro.jp

「ふれあい名産館 まつや」は、JR白浜駅からすぐ、創業75年の地元のお土産やおふくろの味が楽しめるアットホームな雰囲気が魅力のお店。お料理はマイナスイオン水を使いヘルシーに仕上げていて、天然だしを使った梅うどんや炭そば、創業以来変わらない味の焼き飯などが人気です。

秋の味覚・サンマを使った郷土料理「サンマ寿司」をはじめとする紀州の味を楽しみたいなら、めはりずしや梅うどんなどもセットになった「よくばり御膳」がおすすめです。


◆ まつや ふれあい名産館
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田1471番地
電話番号:0739-42-2802
営業時間:9:00~19:30(LO19:30)
定休日:不定休

おわりに

秋の味覚サンマを、サンマを使った郷土料理もある和歌山で味わえるお店をご紹介しました。こだわりの干物やさっぱりとした味わいの押し寿司で、秋をたっぷり堪能しましょう。

サンマ 和歌山 旅行