こだわり続ける生解説。「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」って?その0

こだわり続ける生解説。「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」って?

2016-12-05
60759 Point

image source: www.civic.jp

プラネタリウムを見たいことはありますか?
普段は、じっくりと見ることの無い星空を分かりやすい解説とともに鑑賞できることで人気ですよね。その解説を全編を通して生解説を行っている日立シビックセンターの「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」をご紹介いたします。

日立シビックセンターとは?

日立シビックセンターとは?

www.facebook.com

茨城県日立市といえば、「この木なんの木、木になる木」でお馴染みの総合電気メーカーである日立製作所の創業地です。日立市の沿岸部には、日立製作所の工場が点在しています。

そして、今回ご紹介する「日立シビックセンター」は、名前から分かるように日立市にある文化センターです。センター内には、図書館や音楽ホール、科学館が併設してあります。

天球劇場の星空の秘密

天球劇場の星空の秘密

www.facebook.com

今回ご紹介する「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」は、日立シビックセンターに併設してある科学館に付随する「天球劇場」と呼ばれる場所で開催されます。

こちらでは、なんと1500万個もの巣晴らしい星を見ることができるんです。この夜空を演出しているのが、デジタルプラネタリウム「プレアデスシステム」と最新の光学式プラネタリウム投影機である「MEGA STAR-ⅡA(ES)」です。

1日4回上映されており、子供から大人までどの年代でも楽しめる上映内容が取り揃えられています。神秘的な星空の世界へと誘ってくれますよ。

上映中は、全て生解説!

上映中は、全て生解説!

www.civic.jp

毎日上映されている「星と宇宙を楽しむプラネタリウム」は、開館してから25年の間続けられている生解説が見どころです。
前編を通して生で解説する形なので、天球劇場でしか楽しむことができないプラネタリウムを体感できるんです。

また、映像のクオリティー以外にも、前後の感覚にゆとりのある配置がされている席が約100席あり、ゆったりとリラックスできます。心地よい空間で、臨場感のある宇宙空間へと旅立つことができますよ。

◆星と宇宙を楽しむプラネタリウム
住所:茨城県日立市幸町1-21-1 日立シビックセンター内天球劇場
電話番号:0294-24-7711
営業時間:9月3日~12月27日 14:30~15:20 
※9月26日・10月31日・11月28日・11月29日・12月26日は上映なし
※上映時間の変更がある場合あり

星空と一緒に科学の不思議を楽しもう

星空と一緒に科学の不思議を楽しもう

www.ibaraki.biz

宇宙の神秘的な世界を楽しんだ後は、併設している科学館で科学の不思議を体験しましょう。約130もの体験型の展示はもちろんのこと、プラネタリウムで見た星空の広がる宇宙を科学の観点から見ることもでき、星空と宇宙のロマンをより一層強く感じることができます。

体験型展示のほかに、サイエンスショーや科学工作などのイベントもあり、童心にかえってたくさんの「不思議」を体験してみましょう。


◆日立シビックセンター 天球劇場
住所:茨城県日立市幸町1-21−1 シビックセンター
電話番号:0294-24-7711(日立シビックセンター)
営業時間:上映スケジュールにより異なる
定休日:月により異なる
天球劇場入館料:小中学生・65歳以上および障害者320円
大人(高校生以上)520円
※幼児は無料

日立シビックセンター 天球劇場

宇宙 プラネタリウム 日立シビックセンター 茨城県 観光 旅行