歴史ロマンを感じて。おとぎ話に登場しそうな「ウォリック城」観光その0

歴史ロマンを感じて。おとぎ話に登場しそうな「ウォリック城」観光

2016-11-20
47653 Point

image source: www.warwick-castle.com

イギリスには、世界遺産やお城など、様々な観光スポットがたくさんありますよね。
特に歴史的な建物は、ロマンチックなものばかり。
今回は、そんな中でもヨーロッパのおとぎ話に出てきそうな「ウォリック城」についてご紹介します。

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」とは?

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」とは?

www.warwick-castle.com

ウォリック城は、イングランド中部にあるウォリックシャーのウォリックにある、中世に建てられた名高いお城の1つです。

ウォリック城は14世紀から15世紀に、イギリスとフランスの間で起こった100年戦争の頃、要塞として使用されるようになりました。

現在では、民間で管理するようなっており、ショーや歴史的アトラクションの数々が毎日実演されています。

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」の歴史

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」の歴史

www.facebook.com

ウォリック城があった場所は、元は914年に建設されたアングロ・サクソン人の砦がありました。そこに1068年、ウィリアム征服王が建築したのです。

1088年以降はウォリック伯爵の所有となり、伯爵の名前からお城の名前が付きました。

しかし、1153年にヘンリー2世によって接収されると、囚人を閉じ込めるための収監場所として機能することに。その後は、エドワード4世を監禁するために使用されたりと、歴史的な場所となりました。

現在の姿の原型ができたのは、11世紀の頃。
12世紀には、木造から石造に変えられ、14世に典型的な軍事城塞となります。

17世紀になると英国式庭園が造られ、20世紀に入るとレジャー会社に買収され、その結果、観光地として整備されました。

現在はイギリスの指定遺跡に指定されており、第一級指定建築物としてイギリスから保護されています。

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」の見どころ

ウォリック城は、日本にもあるマダム・タッソーの蝋人形館でおなじみの、タッソー・グループが買収したお城です。

そのため、お城の内部のいたるところに蝋人形が置いてあるんです。昔の生活を蝋人形によって忠実に再現しており、一緒に記念撮影もできますよ。

スタッフも中世風の衣装に身を包んでいるので、より雰囲気のある空間となっています。

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」へのアクセス方法

イギリス観光で行きたい!「ウォリック城」へのアクセス方法

www.facebook.com

最後に、ウォリック城へのアクセス方法をご紹介します。
車を使用すれば、高速道路を使用してバーミンガムから約20分です。

電車を利用する場合は、ロンドンのメリルボーン駅のロンドン地下鉄ベイカー線を利用します。
直行便で、所要時間は約1時間20分です。その後、下車し徒歩約5分で到着します。

◆ウォリック城
住所:Warwick CV34 4QU England
電話番号:+44-871-265-2000
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし

ウォリック城

おわりに

イギリス観光にぴったりの、「ウォリック城」の美しい姿を実際に眺めてみませんか?
伝統と歴史に彩られた美しいお城は、現在の私たちに歴史ロマンを感じさせてくれます。
日本のお城とはまた違った魅力をぜひ発見してみてくださいね。

ウォリック城 イギリス 観光 旅行