新しい旅スタイルに最適! ミニマムスーツケースその0

新しい旅スタイルに最適! ミニマムスーツケース

2020-10-11
11874 Point
withコロナ時代の旅行は、国内や近場に出かけることが多い傾向に。そうなると、スーツケースのサイズも小さいもので十分になってきますよね。今回は国内でも有数のかばんメーカー、エース株式会社ののラインナップから、一般的なサイズのコインロッカーにも入るミニマムなスーツケースを紹介します。

標準サイズのコインロッカーにスーツケース!?

標準サイズのコインロッカーにスーツケース!?
機内持込ができるサイズのスーツケース、駅などに多い小型のコインロッカーに入るとは限らないこと、知ってましたか? 小型のコインロッカーは横幅30cm~40cmくらい、奥行きは55cm~57cm前後が多く、機内持込ができるスーツケースすべてがコインロッカーに入るとは限りません。とはいえ、大型のロッカーは数が少ないため「空いてるロッカーがなかなか見つからない!」と、大変な思いをした経験がある人も多いのではないでしょうか。さらに料金も高いので、標準のコインロッカーに預けることができればうれしいですよね!

まずは、「ace.(エース)」の新商品「パリセイド2-Z」から見ていきましょう。

一番人気のモデルが軽量化! 傷や汚れを防ぐカバー付き「パリセイド2-Z」

一番人気のモデルが軽量化! 傷や汚れを防ぐカバー付き「パリセイド2-Z」
バッグ&ラゲージブランド「ace.(エース)」の新商品「パリセイド2-Z」は、同ブランド一番人気だった「パリセイド-Z」がリモデルしたもの。高い機能性は変わらずに軽量化を果たし7サイズ展開しています。

一般的なコインロッカーにも入るサイズは、22L。旅行だけでなく買い物や趣味のお出かけなど、普段の生活の中でも役立ちます。普通のコインロッカーに預けることができるのなら、移動の自由さがさらに広がりそう。また、小回りがきくので人混みの中でも歩きやすいというメリットもあります。近場の移動だけならこのサイズで十分ですね。

「パリセイド2-Z」、コンパクトなのに機能も充実!

「パリセイド2-Z」、コンパクトなのに機能も充実!
安定した走行、そして小回りがきく双輪タイプを採用。走行音の静かな「サイレントキャスター」ならば早朝・深夜の出発でも安心です。さらに、ボディにポリプロピレンを使用しているため重さが2.2kgと軽く、たくさん歩き回る旅も楽しめます。

中には荷物を仕分けしやすいポケット付きの仕切りがあり、開けたときに荷物が飛び出すのを防いでくれます。キズや汚れなどを防いでくれるカバーも付いているので、預け入れする時にも便利。カラーはブラック・ネイビー・ホワイト・レッドの4色。あなたはどの色を選びますか?

日本製のプロテカにもミニマムサイズが登場

日本製のプロテカにもミニマムサイズが登場
「パリセイド2-Z」と同じく、エースの人気スーツケースブランド「プロテカ」からも新商品が登場。北海道の工場で、徹底した品質管理の下で製造されている「プロテカ」は一貫して国内で製造する世界で唯一の日本製スーツケースです。その品質の高さは維持しつつも、標準コインロッカー対応のスーツケースが発売されています。

「プロテカ」は縦横どちらからでも開けられる機能性の高さも魅力

「360T」の特徴は、なんといっても縦横どこからでも開けることができるところ。外でちょっと中の荷物を取りたいとき、縦開きできるとサッと取り出せるので便利です。また、床に広げる必要がないので、空港など狭い場所で荷物整理するときにも助かります。

キャスターは滑らかな走行をしてくれる静音タイプ。ストッパー機能が付いているので、バスや電車で急ブレーキがかかった時に転がっていく心配がありません。色はブラック・コズミックネイビー・ウォームグレー・マーメイドピンク・ピーコックブルーの全5色。3年間無制限の無償保証付きなので、万が一壊れてしまっても安心です。ステッチデザインもかわいく、お出かけするのが楽しくなりそう!

おわりに

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出かける機会が減っていましたが、GoToキャンペーンの後押しもあり少しずつ旅することも増えてきそう。今回紹介したミニマムなスーツケースと一緒に、まずは近場の旅行を楽しみませんか?

キャリー スーツケース 発売 旅行