神秘的な体験ができる。沖縄県にある「ガンガラーの谷」観光ガイドその0

神秘的な体験ができる。沖縄県にある「ガンガラーの谷」観光ガイド

2017-01-14
30513 Point

image source: tabiiro.jp

沖縄に遥か昔から育まれてきた自然の谷があることをご存知でしょうか?
それが、昔から人々に信仰されてきた場所でもあり、自然の移動さを感じることができる「ガンガラーの谷」です。リフレッシュの旅をしたい方におすすめのスポットですよ。

ガンガラーの谷とは?

ガンガラーの谷とは?

tabiiro.jp

「ガンガラーの谷」は、数十年万年前まで鍾乳洞だった場所が崩れて出来たといわれています。亜熱帯の植物が生い茂り、豊かな自然が現在も広がります。

約1万8000年前に存在している「港川人」が居住区としていた可能性が高いとされ、発掘調査も行われています。自然豊かな亜熱帯の森で形成されている谷の広さは約14500坪で、歩行距離は約1km程。太古の世界を感じることができるスポット、それが「ガンガラーの谷」なんです。

ガイドと一緒でなければ入れない谷

ガイドと一緒でなければ入れない谷

tabiiro.jp

太古の自然が根付く「ガンガラーの谷」へは、ガイドと一緒でなければ先に進むことができません。しかし、ガイドが必要だからといって特別道が険しいわけではありません。体力に自信がない方でも、道が整備されているのでゆっくり説明を聞きながら散策することができます。

一般公開されたのは2008年のこと。沖縄のコアな場所を体験することができるので、沖縄旅行リピーターの方にもおすすめです。

ツアーは見どころがたくさん

ツアーは見どころがたくさん

tabiiro.jp

「ガンガラーの谷」のツアーは、自然が作り出した見どころがたくさんあります。

推定樹齢約150年の大主(うふしゅ)と呼ばれるガジュマルの木は現在も成長を続けているそうで、自然のパワーを感じられそう佇まいです。ほかにも、琉球時代から沖縄に住む人々や他の島の住人たちが命の誕生や子どもの健康などの祈願を行ってきたイキガと呼ばれる鍾乳石など、昔から人々が信仰してきたパワースポットがあります。

他にもガジュマルの木の上に設置された展望台や、古代人が生活していたという「港川フィッシャー遺跡」など、見どころに溢れたツアー内容となっていますよ。

ツアーにおすすめの服装

ツアーにおすすめの服装

tabiiro.jp

ツアーに参加する服装は普段着で大丈夫ですが、夏場は虫刺されを防ぐために長袖を着る、長ズボンを履くなど対策をするようにしましょう。また、冬場は体が冷えるので風邪を通さないウインドウブレーカーの着用がおすすめです。

また、悪天候の場合は中止となりますが、雨天時の場合はツアーは実施されるため、レインコートなどの備えがあると安心です。


◆ガンガラーの谷ツアー
住所:沖縄県南城市玉城字前川202番地
電話番号:098-948-4192
営業時間:9:00~18:00


おわりに

「ガンガラーの谷」のガンガラーとは、谷底に投げた石が転がった音が由来なんだとか。谷の入り口にある鍾乳洞カフェの「ケイブカフェ」では、コーヒーやジュースを提供しているので、ツアーが終わった後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【関連記事】旅行コーデを簡単アップデート!「バケツ型かごバッグ」コーデ4つ

夏になるとかごバッグを持つ方が多くなりますが、ずっと同じかごバッグを何年も使い回してい...


【関連記事】2017年の旅行トレンドの予感。「エコツアー」ってどんな旅?

最近注目されている「エコツアー」は、2017年は旅行トレンドとしてさらに広がっていくと言わ...

沖縄県 ガンガラーの谷 観光 旅行 国内