2017年の旅行トレンドの予感。「エコツアー」ってどんな旅?その0

2017年の旅行トレンドの予感。「エコツアー」ってどんな旅?

2016-12-15
118364 Point
最近注目されている「エコツアー」は、2017年は旅行トレンドとしてさらに広がっていくと言われています。
そこで、「エコツアー」とは何なのか、おすすめスポットと合わせてご紹介します。

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?①気になる内容は?

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?①気になる内容は?
「エコツアー」とは「エコツーリズム」と同様、その土地固有の自然、歴史、文化に敬意を払う旅行方法のことです。
つまり、自然や歴史や文化を観光の対象として旅をしつつ、その資源に負担をかけず、保全や保護を考えるということなんです。

たとえば、野生の動物を狩りの対象としないで観光ツアーを組めば、動物は生き延びられるし、観光ツアーの収入で保護をすることができる、というような考え方ができます。自然や文化を残していくには、その土地を荒らさないことと、観光によってその土地の収入を確保して、保護をしていくことが必要になってきます。

それを実行する旅が、「エコツアー」なんです!

「エコツアー」に関して詳しく知りたい方は、「日本エコツーリズム協会」のサイトをのぞいてみるとさらに興味がわくかもしれませんよ。

日本エコツーリズム協会

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?②エコツアーの選び方

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?②エコツアーの選び方
「エコツーリズム」の考え方にもとづいた旅行が「エコツアー」ですが、いくつか特徴があります。
自然を訪れて環境学習をするツアーや、漁村や農家などを訪れて地域の風土や文化を学ぶツアー、少数民族の暮らしや人々に触れるツアーなど、地域の人々と触れ合い、学ぶというプログラムが組まれているのが特徴です。こういったツアーが開催されると、地域の活性化にもつながります。

そして、それには「インタープリター」の存在が欠かせません。自然と人との仲介という意味で、つまりは「エコツアー」のガイドを指す言葉です。

体験型ツアーともいえる「エコツアー」では、ガイドさんの役割はとても重要。なので、信頼できるガイドさんを選ぶことも、「エコツアー」をする上で大切な要素となっています。

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?③おすすめのスポット:屋久島

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?③おすすめのスポット:屋久島

yakukan.jp

「エコツアー」をする際におすすめしたいスポットのひとつが「屋久島」です。世界自然遺産指定域として注目されているので、一度は行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

お目当ての縄文杉を見るためのトレッキングなどを考えると、個人で行くのは大変ですよね。そこで、自分に合った「エコツアー」を選べば、ガイドさんがついて無理なく、安全に屋久島を回ることができます!

屋久島は「エコツアー」の人気の行き先なので、慣れている人向けや、一人参加限定などたくさんのツアーが組まれています。きっとぴったりのツアーが見つかりますよ。

屋久島観光協会

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?④おすすめのスポット:青木ケ原樹海

2017年旅行トレンド「エコツアー」って?④おすすめのスポット:青木ケ原樹海

www.fujisan.ne.jp

ブナとミズナラの巨木が美しい青木ケ原樹海も、「エコツアー」で行きたいスポットです。とても美しい場所だと知っている一面、個人で行くのは危険だと思っている方も多いかもしれません。

そこで、「エコツアー」でガイドさんと一緒に行けば、樹海や洞窟など、富士が作りだした奥深い自然を安心、安全に楽しむことができます。行ってみたいけれど個人では怖い場所や、自然を壊してしまいそうで不安になるところこそ、「エコツアー」で訪れたいですね。

富士河口湖 総合観光情報サイト

おわりに

2017年の旅行トレンドとなりそうな「エコツアー」ですが、環境保護や地域固有の文化の保護を考えなければならない時代なので、これから先も広がっていく可能性が大。せっかく旅行に行くなら、現地の人々や文化と触れ合って、色んな事を吸収したいですね。

【関連記事】旅先こそ最高の履き心地を。銀座に旗艦店オープンで話題の「ECCO」に迫る!

デンマーク発のシューズブランド「ECCO(エコー)」。このたび、12月8日にフラッグシップ「EC...


【関連記事】長野県の美しい風景を「リゾートビュー ふるさと」で見に行こう。

「リゾートビュー ふるさと」は、長野駅から松本を経由して南小谷駅までを走るリゾートトレイ...

エコツアー トレンド 旅行 スポット 観光