【台湾情報】バカンスの特別感を底上げ!人気温泉リゾートのレストランに夏メニューが登場その0

【台湾情報】バカンスの特別感を底上げ!人気温泉リゾートのレストランに夏メニューが登場

2018-09-01
8869 Point
“台北市内の温泉地”としてローカルに人気の北投。台北駅からMRTでわずか30分くらい到着できる好立地で、立ち寄る日本人観光客も年々増えています。短い滞在なら、ラクジュアリーホテルの日帰り温泉がオススメ。ホテルの格が高ければ、レストランやカフェのクオリティも期待されでいます。「北投麗禧溫泉酒店」(グランドビュー・リゾート ベイトウ)は、源泉掛け流しのお湯はもちろん、豪華なアフタヌーンティーやコース料理が好評です。

夏の味わいを眺めのよいレストランで

夏の味わいを眺めのよいレストランで
北投温泉の白硫泉の源泉“大磺嘴”に最も近い場所にある「北投麗禧溫泉酒店」(グランドビュー・リゾート ベイトウ)。中華料理の「雍翠庭」とフレンチの「歐陸餐廳(C’EST BON)」では、この夏の新メニューが登場しました。

目にも美味しい、シェフ渾身の新作フレンチ

目にも美味しい、シェフ渾身の新作フレンチ
【台湾情報】バカンスの特別感を底上げ!人気温泉リゾートのレストランに夏メニューが登場その3
【台湾情報】バカンスの特別感を底上げ!人気温泉リゾートのレストランに夏メニューが登場その4
窓の外は迫力のマウンテンビュー、遠くには丹鳳山を望むことができます、日没時なら美しい夕陽を見ながら食事が楽しめるのは「歐陸餐廳(C’EST BON)」です。料理長渾身の作、夏のコースメニューは、グルメ必食のお皿が並びます。夜のコースは3種類。2580元(+10%)のディナーセットは、イベリコ豚の生ハムなどの前菜からはじまり、ロブスターのクリアスープ、南アフリカ産のアワビとアスパラのチーズリゾットと続いたあと、ソルベでお口直し。そしてメインは、オージービーフAA7(100g)またはボストンロブスター(半身)をいただき、スイーツとコーヒーまたはお茶で一息……という贅沢な内容です。

夏のキャンペーン、特製石焼ロブスターのサービスも

8月末までは、ランチまたはディナータイムに、2580元以上のコースを2名分注文すると、シェフ特製の石焼ボストンロブスターがサービスされるキャンペーン中。高温に熱した火山石と玉石を敷き詰めた鉄鍋で、香り高く色鮮やかに焼き上げたロブスターのほのかな甘み、プリップリの歯ごたえは、至福の味わい。特別感あるディナーが、さらにスペシャルなものに。

豪華絢爛! フレッシュな夏の味を楽しむアフタヌーンティー

三面がガラス張りで、270度のマウンテンビューが魅力の「雍翠庭」。揺るがぬ看板メニューは台湾料理ながら、手間隙かけて作られる、見目麗しいアフタヌーンティーも安定の人気を誇っています。夏のラインナップも、彩り鮮やか。フレッシュフルーツ、グラス盛りデザート、手づくりデザート、スコーン、本日のシェフ手作りスイーツ、コーヒーまたは紅茶…という豪華な構成です。

ひときわ目を引くのが「橙酒果凍巧克力杯(コアントローゼリーのチョコレートカップ)」。キラキラ輝く宝石に見立てたゼリーの下は、ブラックチョコレートムースやパッションフルーツなど。素材の甘さと酸味のさじ加減が絶妙な大人のスイーツです。ザクッと深くスプーンを入れて、五層に重ねられたさまざまな味を一度に頬張り、そのハーモニーを楽しむのがオススメ。

夏らしさという点では、レモンマカロン、煎茶のピーチタルトも負けていません。ピーチタルトは、ドイツの茶葉ブランドD&Bの皇后煎茶(Tea Ilennium)の風味を活かした一品。日本の煎茶、薔薇の花、矢車菊、ヒマワリをブレンドしたお茶で、桃の甘い香りと相まって、優雅な後味が口に広がります。

台日のお茶の共演! 抹茶ソフトはインスタ映えも抜群

「抹茶鳳梨甜筒(抹茶とパインのコーンソフト)」は、個性的な立ち姿がフォトジェニック。日本の抹茶ソフトの下には、台湾烏龍のパウンドケーキです。台湾と日本の特産茶のマリアージュは、ユニークかつ香り高い仕上がりです。また、台湾産の食材と手作りにこだわったレストランとあって、トッピングされているグミやラムレーズンも自家製のもの。細部にまで手を抜かないレシピで、果物とお茶の持ち味を最大限に引き出す工夫をしています。

こだわり食材の “しょっぱい系”も大充実

“鹹點”と呼ばれるおつまみは全3品。ビーツやミニ人参など採れたての台湾産野菜を盛り合わせたボウル、台湾南部の東港で採れたエビのサルサソース煮、北海道産スモークサーモンのキッシュ……と、ボリューム満点です。

これで680元(+10%)はかなりお得、人気となるのも納得です。このアフタヌーンティーのために、ホテルを訪れる価値も大。

今年の夏、北投へ遊び来たとき、ついで「北投麗禧溫泉酒店」来てみてはいかがてしょうか。


◆北投麗禧溫泉酒店
住所:台北市北投區幽雅路30號
電話:+886-2-2898-8888

旅色 旅行 台湾 温泉 レストラン