できたての生タピオカを味わえる台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」が新宿に関東初上陸その0

できたての生タピオカを味わえる台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」が新宿に関東初上陸

2018-08-01
15492 Point
大阪を中心に人気が集まっている台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」が2018年8月24日(金)に、新宿駅中央東口前にグランドオープンします。台湾スイーツの種類は日本随一! できたてのタピオカを堪能できるお店が、いよいよ関東に初上陸します!

期間限定の新宿店のみで食べられるメニューも登場

「心を癒すひとくち、台湾時間」をコンセプトに、大阪梅田の1号店は2017年9月のオープンから現在まで連日行列の絶えない人気店となっている「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」。2018年現在、台湾スイーツ・ドリンクのメニューの多さでは日本随一を誇っています。

今回関東初出店を記念して、台湾産マンゴーを惜しみなく使用した「台湾マンゴー満足スムージー」と、台湾の人気スイーツを一度に味わえる「台湾満足スムージー」を新宿店期間限定で販売することも決定。どこか懐かしい気持ちになれるメニューの数々は、新宿の新たな注目スイーツとなりそうです。
できたての生タピオカを味わえる台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」が新宿に関東初上陸その2
(左)アッサムの薫る自慢のミルクティーで作ったスムージーに、台湾スイーツの豆花・芋圓・仙草をトッピングした台湾を贅沢に詰め込んだ「台湾満足スムージー」。/(右)太陽をたっぷり浴びて育った甘酸っぱい台湾産マンゴー果肉をのせた、ひんやり冷たい「台湾マンゴー満足スムージー」。まだまだ終わらない夏にぴったりの一品です。

こだわりの生タピオカ

こだわりの生タピオカ
タピオカの一番美味しいタイミングは仕込んでから1時間以内と言われています。「台湾甜商店」では、一番おいしいタイミングで提供できるよう、店内で毎日一時間以上かけ、10回以上こまめに仕込みを行なっています。もちろん、自慢の生タピオカは全商品にトッピングしています。

他メニューにも注目

他メニューにも注目
その他、タロイモとさつま芋の味を閉じ込めた優しい甘さともちもちの食感がくせになる、一度食べると止まらない九份名物の「芋圓(ユーユェン)」を台湾から直輸入。
毎日店内で有機豆乳を使ってつくる「豆花(トーファ)」はとろふわの食感にこだわり、新鮮なミルクティーとできたてのタピオカ、シンプルだからこそおいしさが際立つ不動のNO.1テンミルクティーなど、さまざまなメニューを展開しています。

他メディアでも取り上げられた、見た目は植木鉢としか思えない外見の意外性のあるスイーツ「盆栽パフェ」もぜひ。
◆台湾甜商店新宿店
開業日:2018年8月24日(金)
所在地:東京都新宿区新宿3-36-10ミラザ新宿ビル2F
営業時間:11:00 ~ 22:00
定休日:不定休(営業時間は変更する場合あり)

【関連記事】夏はやっぱり、焼き肉とビール!池端レイナがおすすめする東京の焼き肉店4選

2016年、台湾のテレビドラマでメインキャストを務め、日本でも月9ドラマ「好きな人がいること...

旅行 国内 台湾 カフェ スイーツ 新宿 東京都 オープン