絶景温泉に山形牛。自然の恵みを体感できる「蔵王四季のホテル」へその0

絶景温泉に山形牛。自然の恵みを体感できる「蔵王四季のホテル」へ

2018-05-05
26551 Point

image source: tabiiro.jp

山形県の蔵王連峰の麓に佇む「蔵王四季のホテル」は、四季折々の蔵王の自然を満喫できるホテルです。
宿の名物である「離れ湯 百八歩」では、絶景を眺めながら天然温泉でゆったり寛げますよ。今回はそんな「蔵王四季のホテル」の魅力をたっぷりご紹介します。

ニーズに合わせた客室

ニーズに合わせた客室

tabiiro.jp

「蔵王四季のホテル」は、蔵王の観光やハイキングの疲れを癒すのにぴったりの拠点となるホテルなので、さまざまなニーズに対応した客室が用意されています。

琉球畳を使用し、落ち着いた和の雰囲気が漂う洋室の「和モダンツインルーム」は、広々とした浴槽から外の景色が眺められるのが魅力です。マッサージチェアも完備しているので、利便性とリラックスの両方が叶いますよ。

洋室とスタンダードな和室のほかに、グループ旅行や家族旅行にぴったりの20畳か30畳の和室や、最上階には特別室も。

2種類の湯を広々した湯船で

2種類の湯を広々した湯船で

tabiiro.jp

お風呂は、大浴場と別棟に「離れの湯 百八歩」があります。

「離れの湯 百八歩」はホテルから108歩の距離にあり、内風呂(写真上)は浴室の床から天井の梁にいたるまで全てが木造りの情緒たっぷりの湯処です。
湯船に浸かりながら蔵王連峰・滝山を眺めることができる石風呂の露天風呂(記事トップの写真)は開放感にあふれています。
蔵王温泉ならではの硫黄のにおいのする白い天然温泉が楽しめますよ。

大浴場は、肌にやさしい弱アルカリミネラル泉。入り比べをしたくなりますね。

自然に囲まれて浸かれる足湯もラウンジにあるので、リラックスしたひと時を過ごせます。

山形の旬の味を堪能

山形の旬の味を堪能

tabiiro.jp

食事は、地元山形の旬の味覚が味わえます。
極上の山形牛のほか、四季折々、季節によってメニューや品数が変わるので何度行っても新鮮な楽しみがありますよ。

ご飯は夜は「はえぬき」、朝は「つや姫」と米どころ山形の魅力をたっぷり堪能でき、オリジナルの地酒も。

女性に嬉しいおもてなしがたくさん

女性に嬉しいおもてなしがたくさん

tabiiro.jp

きめ細やかなサービスも魅力です。
女性には限定20名でサイズも豊富な色浴衣の貸し出しがあるので、散策や湯上りなど温泉情緒をたっぷり満喫できます。

また、ヨーロピアンスタイルのロビーからは一枚画のような白樺の風景が。

蔵王の恵みを体感するリラックスステイを満喫しましょう。


◆蔵王四季のホテル
住所:山形県山形市蔵王温泉1272
電話番号:023-693-1211

旅行 宿 蔵王四季のホテル 山形県