夏は香川旅へ! 今年行くべきスポット「瀬戸内」の魅力その0

夏は香川旅へ! 今年行くべきスポット「瀬戸内」の魅力

2019-07-23
58999 Point

image source: prtimes.jp

今年行くべきスポットとして世界中から注目を集める「瀬戸内」。アートや自然、グルメ、リラックスなどたっぷりの魅力と共に、この夏に訪れるべき理由を紹介します。

世界的に注目を浴びるスポット

世界的に注目を浴びるスポット
今年の夏、旅の行先としてイチ押しの「瀬戸内」は、日本国内だけでなく海外からも注目を集めています。外国人の延べ宿泊者数は2012年から5年で10倍以上に増加した全国1位の記録を持ち、サイクリストの聖地である「しまなみ海道」は、CNNの“世界で最もすばらしいサイクリングロード”に選ばれるほどの人気ぶりです。

「The New York Times」や欧米の有名旅行雑誌では、今年行くべきスポットとして日本から唯一「SETOUCHI(瀬戸内)」がランクイン。

そんな瀬戸内には夏にしか味わえないグルメ、観光スポットやイベントがたくさんあり、さらに今年は3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」の開催年となっているんです。今年の夏は、ぜひ世界的にも注目を集める「瀬戸内」へ出かけましょう!

瀬戸内国際芸術祭2019「あつまる夏」

瀬戸内国際芸術祭2019「あつまる夏」

prtimes.jp

「瀬戸内国際芸術祭」は、3年に1度、瀬戸内の島々を舞台として開催される現代アートイベントです。岡山県と香川県の両県に渡り、12の島々と2つの港で行われる大規模な一大イベント。大自然が広がるのどかな舞台でアートを楽しめるのが人気の理由です。

春、夏、秋の3回に分けて開催されますが、第2期である夏は“あつまる夏”として7月19日(金)から8月25日(日)に行われます。期間中の7月21日(日)には8月4日(日)同時に「SETOUCHI SUMMER NIGHT FESTIVAL 2019」という音楽や大道芸、食が楽しめるナイトイベントも開催されます。


◆瀬戸内国際芸術祭2019「あつまる夏」
期間:2019年7月19日(金)~8月25日(日)
場所:直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、沙弥島(春会期)、本島(秋会期)、高見島(秋会期)、粟島(秋会期)、伊吹島(秋会期)、高松港周辺、宇野港周辺

「見て楽しむ」まんのう町のひまわり畑

「見て楽しむ」まんのう町のひまわり畑

prtimes.jp

瀬戸内の豊かな自然のなかでも、夏の風物詩とされているのが「ひまわりの里 まんのう」のひまわり畑です。約25万本が一斉に満開になり、まんのう町内では約100万本のひまわりを見ることができます。

8月下旬には、讃岐富士の山頂から昇る太陽が水面に映り、ふたつのダイヤモンドのようにきらめく“ダブルダイヤモンド讃岐富士”という自然現象を見ることができます。年に2回しか見られない幻想的な瞬間を是非、実際に体感してみて下さいね。


◆まんのうのひまわり畑
場所:香川県仲多度郡まんのう町帆山

「食べて楽しむ」マナガツオ

「食べて楽しむ」マナガツオ

prtimes.jp

瀬戸内ならではのグルメも見逃せません。鮮度の落ちが早いため首都圏にはなかなか出回らない貴重な「マナガツオ」は、7月から9月に旬を迎えるスズキの仲間です。刺身の上品な味わいが楽しめるのは、地元だけの特権。

また、「三豊なす」は7月から10月に旬を迎える通常の3倍もある皮の柔らかいなすで、収穫量が少ないためほかの地域ではほとんど見ることができません。瀬戸内をより楽しませてくれる夏の絶品グルメにも注目です。

おわりに

この夏訪れたくなる魅力が満載の、今年行くべきスポット「瀬戸内」へ足を運んでみてくださいね。

瀬戸内 香川 アート 旅行