【全国】2021年春ニューオープンのアミューズメント施設5選その0

【全国】2021年春ニューオープンのアミューズメント施設5選

2021-01-07
53508 Point
2021年こそ、行きたかったあの場所や、やりたかったことを実現したいと思っている人も多いのでは? そんな方に向けて、2021年春オープンの新しいアミューズメント施設をご紹介。今から行きたい最旬情報をストックして、お出かけの準備をしておきましょう!

【1】世界初! ゲームでお馴染みの任天堂がテーマ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに!(大阪府)

【1】世界初! ゲームでお馴染みの任天堂がテーマ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに!(大阪府)
画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
©Nintendo

ハリウッド映画やさまざまな世界的人気エンターテインメント・ブランドをテーマに、アトラクションやショーなどのエンターテインメントを繰り広げるユニバーサル・スタジオ・ジャパン。新たに、世界初となる“任天堂”をテーマにした大規模エリアが2021年春にグランドオープン予定です。
【全国】2021年春ニューオープンのアミューズメント施設5選その2
©Nintendo

世界初の「マリオカート」をテーマにしたライド・アトラクション『マリオカート ~クッパの挑戦状~』のほか、大人気キャラクター「ヨッシー」に乗って冒険に出かける『ヨッシー・アドベンチャー』など、ゲームの世界を体感できるアトラクションを多数用意。

ほかにも、パーク内で購入できる『パワーアップバンド』とスマートフォン・アプリを連動させることで、マリオのように実際にハテナブロックを叩いて集めたコインを確認できるなど、現実世界にいながら、マリオのように全身を駆使し、躍動できるアクティビティも登場。ゲームの楽しみをテーマパークに最適化した、これまでにない“アソビ体験”が待っています。

◆ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
住所:大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話::0570-20-0606
営業時間:日により異なる(要問合せ)
定休:無休
料金:<1デイ・スタジオ・パス>12歳以上7,800円~、4~11歳5,400円~、65歳以上7,100円~

【2】生誕35周年を記念するアトラクション「ドラゴンクエスト アイランド」が「ニジゲンノモリ」に登場(兵庫県)

【2】生誕35周年を記念するアトラクション「ドラゴンクエスト アイランド」が「ニジゲンノモリ」に登場(兵庫県)
© 2021 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

兵庫県立淡路島公園内にある「ニジゲンノモリ」は、日本を代表するアニメ作品をテーマにしたアトラクションが楽しめる新感覚テーマパーク。巨大なアスレチックを有した「クレヨンしんちゃん アドベンチャーパーク」や、立体迷路で忍者修行などができる「NARUTO&BORUTO忍里」のほか、実物大のゴジラを体感できる「ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~」、「ナイトウォーク 火の鳥」など、4つのテーマで構成されています。

2021年春に新たにオープンするのが「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」。ドラゴンクエスト生誕35周年となる節目を記念し、ゲームの世界をリアルとデジタルを融合させて表現した、フィールドRPGアトラクションです。オリジナルストーリーに沿いながら、自分自身がゲームの主人公となって「ドラゴンクエスト」の世界を冒険。ここでしか手に入らないオリジナルグッズやフードなどもあるので、ドラクエファンはもちろん、大人から子どもまで幅広い年齢層が楽しめるアトラクションです。

◆ニジゲンノモリ
住所:兵庫県淡路市楠本2425番2号
電話:0799-64-7061(ニジゲンノモリ運営事務局)
営業時間:10:00~22:00 ※淡路島公園は入園自由。アトラクション及び時期により営業時間が異なる。詳細はHPをご確認ください。
定休日:無休
料金:入園無料、<ゴジラ迎撃作戦>12歳以上(110cm~/25kg~110kg未満)3,800円、11歳以下(110cm/25kg以上)2,200円、11歳以下800円、<NARUTO&BORUTO忍里>「忍里入場料+天の巻体験料+地の巻体験料」12歳以上3,300円、5~11歳(12歳以上の同伴者が必要)1,200円、5歳以下無料 ※「地の巻〜外伝〜体験料」込みの場合12歳以上4,800円、5~11歳(12歳以上の同伴者が必要)2,200円、<クレヨンしんちゃん アドベンチャーパーク>12歳以上(マスターコース)4,600円、12歳以上(付き添いコース)1,500円、5~11歳/身長120㎝以上(マスターコース)2,800円、5~11歳/身長120㎝未満(キッズコース)2,500円、※4歳以下無料。小学生以下の子どもには付き添いが必要。「チャレンジ!アクション仮面飛行隊!」の利用は、身長120cm以上、体重25kg以上110kg未満の制限あり、<火の鳥>12歳以上2,500円、5~12歳1,200円、5歳未満無料 ※ほか、アトラクションにより料金が異なる。詳細はHPをご確認ください

【3】70年の歴史を活かしリニューアルオープンする「西武園ゆうえんち」(埼玉県)

【3】70年の歴史を活かしリニューアルオープンする「西武園ゆうえんち」(埼玉県)
2020年に開業70周年を迎えた「西武園ゆうえんち」。その記念事業として、「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトに2021年春にリニューアルオープンします。

マーケティング集団「刀」によりプロデュースされる新たな園内には、1960年代の日本の街並みや商店街をイメージした施設のほか、『ALWAYS 三丁目の夕日』の監督で知られる山崎貴氏のコラボレーションによるCGなど最新技術を用いたアトラクションも導入。VFX の第一人者である山崎氏によるハイクオリティな映像美が、「刀」が創り出すライド・アトラクションの壮大な世界観の魅力を引き出し、感動と興奮に包まれること間違いなしです。

遊園地全体が昭和の熱気に包まれ、童心に帰って思わず走り出してしまうような、幸福感にあふれる場所に生まれ変わる予定です。

◆西武園ゆうえんち
住所:埼玉県所沢市山口2964
電話:04-2922-1371
※営業時間、定休日、料金など未定

【4】開業以来初の屋内常設展示施設誕生! 「ロマンスカーミュージアム」(神奈川県)

1927年の小田急線開業以来初となる屋内常設展示施設「ロマンスカーミュージアム」が、2021年4月中旬にオープン予定。「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」がコンセプトの施設は、小田急線海老名駅とJR相模線海老名駅の両駅間に広がる都市開発エリア「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」に隣接しており、新たに誕生する街のシンボルとしての役割も担います。
館内には、歴代のロマンスカー車両を展示する「ロマンスカーギャラリー」や、小田急沿線を模した「ジオラマパーク」、特急ロマンスカー・LSEの実際の運転台を活用した「電車運転シミュレーター」に、ここだけの限定商品も揃う「ミュージアムショップ」などで構成される予定。ロマンスカーや小田急沿線にちなんだメニューが楽しめるカフェも併設予定で、家族みんなが楽しめる施設になりそうです。

◆ロマンスカーミュージアム
住所:神奈川県海老名市めぐみ町(海老名駅隣接地)
※電話、営業時間、定休日、金額など未定

【5】宇宙旅行を体感!? 「よみうりランド」の新アトラクションゾーン「SPACE factory」(東京都)

最高時速110kmで森の中を疾走する「バンデット」や、高さ25mから一気に落下する立ち乗り回転コースター「ループコースターMOMOnGA」など、絶叫アトラクションが充実している「よみうりランド」。園内は7つのエリアに分かれており、そのひとつ「グッジョバ!!」エリアに2021年3月19日(予定)、新たに「SPACE factory(スペースファクトリー)」がオープンします。
△完成イメージ

パートナー企業である大正製薬株式会社のドリンク剤「リポビタンD」をテーマにしたアトラクションとワークショップが楽しめるエリアで、宇宙開発を目指して頑張る人々を応援する大正製薬のプロジェクト「リポD SPACE PROJECT」の一環として、宇宙を体感できる施設になる予定です。アトラクションには、リポビタンDの製造工場と宇宙旅行のファンタジーを体感できるスイング式吊り下げ型コースター「リポビタンロケット☆ルナ」と、日本初の回転型ホッピングタワー「ファイト イッパーツ!」が登場。また、錠剤に見立てたラムネ菓子を作ることで、薬づくりの疑似体験ができるワークショップ「リポビタンラボ~リポ博士とヒミツの研究~」も常設します。

◆よみうりランド
住所:東京都稲城市矢野口4015-1
電話:044-966-1111
営業時間:10:00~17:00、9:30~20:30など ※詳しくは公式HPをご確認ください。
定休日:不定休 ※詳しくは公式HPをご確認ください。
料金:<入園料>18~64歳1,800円、中・高校生1,500円、小学生以下・65歳以上1,000円、<ワンデーパス(入園料+のりもの乗り放題)>18~64歳5,500円、中・高校生4,400円、小学生・65歳以上3,900円、3歳以上~小学生未満3,400円 ※のりものには各種利用制限あり。事前にご確認の上お買い求め下さい

おわりに

2020年は行楽シーズンの春のお出かけが少なかった分、2021年は新たにオープンした施設や新アトラクションで思い出づくりをしたいですね。

旅行 オープン アミューズメント 開業