泊まれる美術館のような「リバーリトリート雅樂倶」でアートに囲まれた滞在をその0

泊まれる美術館のような「リバーリトリート雅樂倶」でアートに囲まれた滞在を

2018-07-23
22603 Point

image source: tabiiro.jp

富山県のスモールラグジュアリーホテル「リバーリトリート雅樂倶」。約300種類ものアートや建築家・内藤廣氏による設計、天然温泉、富山の旬の味覚が味わえるレストランなど、心を癒してくれるものがたくさん揃っています。

ひと部屋ごとにデザインの違う客室

ひと部屋ごとにデザインの違う客室

tabiiro.jp

「リバーリトリート雅樂倶」の客室は、ひとつとして同じデザインがないのが特徴です。スタンダードタイプの客室はインテリアや間取りのコンセプトが客室名になっていて、ナチュラルホワイトで統一されたギリシャの間や、4名まで泊まれるベーシックの間などがあります。

デラックスタイプは全ての客室で神通峡を眺めながらの入浴ができ、高野槇の浴槽やソリッドタイプバスが洗練された印象を与えています。
個性的なデザインのスイート、100平方メートルの広さがあり、ジャグジーバスから神通峡が眺められるプレミアムスイート、温泉付きラグジュアリースイートなど色々なデザインと広さの客室が用意されているので、好みや滞在シーンによって合わせられる選択肢の広さもうれしいですね。

2つの湯処

2つの湯処

tabiiro.jp

館内には、なめらかで肌あたりのいい春日温泉を堪能できる湯処を2か所完備。ひとつは和風大浴場で、木造りの浴室、赤石造りの露天風呂と和の趣がありながらモダンな印象になっています。目の前には神通峡があり、自然を感じることができます!

もうひとつは洗練された「spring day spa」で、サウナやゆったりとしたジャグジーバス、露天風呂、予約制の温石ルーム、アコヤ貝と心地よい音楽に彩られたリラクシングルームが完備されています。

富山の幸を2か所で

富山の幸を2か所で

tabiiro.jp

さらに、富山の味覚を堪能できるレストランを2軒併設。コース仕立ての和食を提供している「樂味」では、北陸の旬の幸をオーナーこだわりの器に季節感たっぷりに盛り付けた一品が並びます。

「レヴォ」は前衛的地方料理をテーマに、料理人が自ら山菜を摘んだり、湧水を汲んだり、生産者とともに野菜を作ったりと、こだわりぬいた富山の食材をもとに、新感覚の料理を提供してくれるレストランです。

上質な時間を過ごす

上質な時間を過ごす

tabiiro.jp

多彩なジャンルの本がそろったアーティスティックなライブラリーや、お茶会に利用できる茶室、現代作家によるオブジェ鑑賞ができるアートウォーク、15時から宿泊客専用のセルフカフェになるカフェなどでゆったりと過ごせるのも、「リバーリトリート雅樂倶」の魅力。

また、アロマトリートメントやバーもあるので、自分好みの極上の癒しを体験しましょう。

“数奇屋の繊細さとアジアの土臭さ”をコンセプトに、“リトリート”にこだわって設計した館内で、思い出に残る滞在をかなえてください。


◆リバーリトリート雅樂倶
住所:富山県富山市春日56-2
電話番号:076-467-5550


おわりに

ラグジュアリーなホテル「リバーリトリート雅樂倶」。上質なものに囲まれてゆったりとした時間を過ごしませんか。

【関連記事】アートのように美しい一皿を。新宿のデザートバーが夏メニューを提供開始

アジアを代表する女性シェフ&アーティスト、ジャニス ウォン氏(Janice Wong)が手がけるデ...

旅行 宿 富山県 アート 国内 ホテル