ミルクレープ生みの親による新スイーツを大阪で発見! 

ミルクレープ生みの親による新スイーツを大阪で発見! "重ね菓子"とは?

2018-03-30
57652 Point
大阪の阪急うめだ本店地下1階に新しいお菓子のお店がオープンしました。今ではどこのケーキ店でも見かけるスイーツ、ミルクレープを考案したシェフがプロデュースする、今までにないお菓子が楽しめるお店です。見た目もきれいなので新しい大阪土産として話題を集めそうですよ。

文/田口真由美

ミルクレープの生みの親がプロデュース

ミルクレープの生みの親がプロデュース
2018年1月に大阪阪急百貨店うめだ本店にオープンした「カサネオ」は、ミルクレープを考案した関根シェフがプロデュースする“重ね菓子”の専門店。クレープはフランスブルターニュ地方の郷土料理がルーツですが、ミルクレープは1988年に関根俊成シェフがラザニアからインスパイアし作り出した、日本生まれのお菓子なのだそう。今では多くの人に知られ、親しまれるまでになりました。そんなシェフが重ねることで生まれる新たな味わい、食感をテーマに創作したお菓子のお店が「カサネオ」なのです。

透けるほどに薄い生地で極上の食感に

透けるほどに薄い生地で極上の食感に
何層にも重ねることで生まれる食感と、生地とクリームの美味しさが決め手となる、シンプルながら奥の深いケーキ、ミルクレープ。「カサネオ」の看板商品はその生みの親である関根シェフが素材、製法を追求し完成させた究極のミルクレープです。一つ一つの生地を透けるほどに薄く仕上げ20枚も重ねているので、食感ははかなく、繊細。新鮮なクリームを使い、口どけにもこだわっています。
ミルクレープ生みの親による新スイーツを大阪で発見! 
そのほかにも、食感も味わいも異なる2つのクリームを重ねた「ダブルショコラ」や季節限定の「抹茶ミルクチョコ」など、味のバリエーションを展開。クリームと生地の美味しさでとことん勝負する、美しいミルクレープが店頭にならんでいます。

手土産にもしやすい、かわいい新スイーツも

手土産にもしやすい、かわいい新スイーツも
ミルクレープ以外にも、重ねることで美味しさを追求した焼菓子があり、こちらはお土産にぴったり。フランス菓子、ガトーバスクから発想したという「しっとりミルガトー」は、しっとりリッチな風味の生地にチョコレートやコンフィチュールを重ね、その組み合わせを楽しむお菓子。生地の焼き目もストライプ模様で見た目も楽しく、新しい大阪土産としてリストに加えてみてはいかがでしょう。


◆カサネオ梅田阪急店
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
電話:0120-031-718(お客様相談室)
営業時間:10:00~20:00、金土~21:00 ※阪急うめだ本店に準ずる

おわりに

今までにない究極のミルクレープ、気になりますよね。今後も新しい重ね菓子をリリースすべく創作中とのことなので、ぜひカサネオに注目してみてください。

旅行 お菓子 ミルクレープ