春風が心地いい! 高台にある伊豆高原の宿3選その0

春風が心地いい! 高台にある伊豆高原の宿3選

2019-03-26
42230 Point

image source: tabiiro.jp

さむくてなかなか外に出れなかった冬がやっと終わり、これからの季節暖かい春風を感じる旅がしたい!そう思っている人は少なくないはず。自然が身近な宿でゆったりと、季節の移り変わりを肌で感じる旅、なんていいですよね。今回は、そんな希望が叶う春風が心地よい高台にある伊豆高原の宿を紹介します。

まるで海外? 非日常を感じる「コルテラルゴ伊豆高原」

まるで海外? 非日常を感じる「コルテラルゴ伊豆高原」

tabiiro.jp

「コルテラルゴ伊豆高原」は、豊かな自然に包まれた高台にあり、空気が澄んだ日には遠くに海を望める心地よいロケーションにあるリゾートホテルです。世界の有名なリゾート地を意識したホテルで、外観は真っ白なプロヴァンス風、館内はセンスのいい輸入家具や雑貨で彩られ、日本にいることを忘れてしまいそうなほど、非日常な空間となっています。

全7室の客室は、メキシコ風、スペイン風などそれぞれ趣が違う作りになっていて、すべての客室に天然温泉の露天風呂が付いています。そのほかに24時間利用ができるパブリックスパもあり、白を基調とした爽やかな空間で伊豆高原温泉を堪能できます。

ディナーは伊豆ならではの新鮮な魚介を使った南仏・イタリアンのフルコース。キャンドルの灯りが幻想的なレストランで旬の味覚を味わいましょう。


◆コルテラルゴ伊豆高原
住所:静岡県伊東市伊豆高原東大室3-3
電話番号:0557-51-5041

開放的な絶景が望める「お宿 うち山」

開放的な絶景が望める「お宿 うち山」

tabiiro.jp

「お宿 うち山」は、大室山のふもとにあり、大島など伊豆七島を望む2階建ての和風温泉旅館。客室は全6室で、そのすべてがメゾネットタイプの古風な木造づくりの離れとなっています。そしてそのすべてに海の見える露天風呂がついているので、海と山の絶景を眺めながら、かけ流しの温泉を堪能できます。趣のある石造りの内風呂もあり、大きく窓を取った開放的な空間がたまりません。

夕食は個室風の落ち着いた食事処で、厳選した食材で四季折々の味覚を味わうことができます。朝食は寝巻のまま食べられる部屋食で、朝食の時間に合わせて炊きあげられる土鍋のご飯は絶品です。ティーラウンジではコーヒーを飲みながら山の絶景を眺めることができ、春の景色をたっぷりと満喫できます。


◆お宿 うち山
住所:静岡県伊東市大室高原2-716
電話番号:0557-52-0010

プライベートな時間が嬉しいラグジュアリーホテル「ホテルふたり木もれ陽」

プライベートな時間が嬉しいラグジュアリーホテル「ホテルふたり木もれ陽」

tabiiro.jp

「ホテルふたり木もれ陽」は、スイート仕様の全客室から海が見渡せるラグジュアリーなプライベートホテルです。全10室の客室はすべて100平米以上の広々とした造りで、それぞれテーマが異なります。宿泊者専用のエステには個室で2人一緒に受けられるメニューや、施術後ドリンクがあるほか、各部屋にフランスのスパブランドのアメニティが置かれているなど特に女性には嬉しいもてなしがたくさん。

ディナーは静岡の旬の素材を使った極上のフレンチをいただくことができ、どれも料理とドリンクとのペアリングが意識された繊細な品々が並びます。「オールインクルーシブ」(施設内の食事やドリンク代も代金に含まれる)という考えのもと、ラウンジやレストランでのドリンクや、客室のミニバーやアイスクリームも気兼ねなく楽しめます。客室のテラスでいただく朝食は、スタッフと顔を合わせないまま準備をしてもらえるので、プライベートな時間を満喫したい人にぴったりです。


◆ホテルふたり木もれ陽
住所:静岡県伊東市宇佐美3594番地809
電話番号:0557-52-6510

おわりに

これからの季節にぴったりの、伊豆高原の高台にある宿を3軒ご紹介しました。自然の中で絶景を眺め、春の風を感じる、リフレッシュできる春の旅行に出かけませんか?

ホテル 高原 静岡 旅行 伊豆