本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!その0

本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!

2018-08-30
33881 Point
名古屋市中区錦に今年2月にオープンした「ランプライトブックスホテル名古屋」は本屋が運営するホテルというコンセプトを持ったホテルです。1階には24時間営業のブックカフェがあるほか、客室も読書のしやすさを意識した造りになっているなど、本好きにはたまらない空間。宿泊客だけでなく休憩に訪れる人も多い都会のオアシスです。

文/各務ゆか
本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!その1
「ランプライトブックスホテル名古屋」があるのは名古屋駅から1駅の「伏見駅」です。都心部に立地していますが、目の前には下園公園があり喧騒から少し離れることができるのも魅力です。1階には24時間営業のブックカフェ、2階から13階までがホテルの客室となっています。
本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!その2
1階に入ってすぐ目に飛び込むのは、約3,000冊の本があるブックスペース。旅とミステリーを中心にラインナップされた空間です。選書は東京・丸の内にあるブックカフェ「マルノウチリーディングスタイル」が担当。絶版になっている本を独自に復刻していたり、短時間で読むことができる本もそろっているので、好みに合わせて選ぶことができます。宿泊客は「BOOKS TO GO」という部屋に1冊本を選んで持って行くことのできるサービスもあるのでぜひ利用してみてください。
本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!その3
客室にも本を読みやすいこだわりが詰まっているのがポイントです。調光可能な間接照明や目にも優しいリーディングライト、オットマン付きのリーディングソファなどが揃っています。足を延ばして本を読むことができる客室は珍しく、読書のみならずパソコン作業に集中したいビジネスマンにも嬉しい造りになっています。
本屋&カフェ&ホテルが併設した「ランプライトブックスホテル名古屋」が楽しい!その4
1階の「ランプライトブックスカフェ」では、パンやコーヒーとともに本を読むことも可能。宿泊者限定のモーニングセット(写真・700円)は2種類のサンドとドリンクを選ぶことができ、さらにはミニサラダまで付きます。彩り鮮やかで見た目にも大満足な朝食は、食にうるさい女性でも大満足間違いなしです。カフェタイムには、名古屋らしい「鶏そぼろ& 八丁味噌のオープンサンド」といったメニューも登場し、地元客でも賑わいます。

「ランプライトブックスホテル名古屋」は、宿泊に本という付加価値を付けることで、これまでにはない新しい空間を生み出している施設です。単なる宿泊に物足りなさを感じている方におすすめです。

◆ランプライトブックスホテル名古屋
住所:愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
電話番号:052-231-7011

本屋 旅色 カフェ ホテル 名古屋