マイナスイオンを浴びに行こう。この夏行きたい「滝」4選その0

マイナスイオンを浴びに行こう。この夏行きたい「滝」4選

2017-06-05
163670 Point

image source: www.photolibrary.jp

自然が作りだす迫力と癒し効果と清涼感…。滝は夏こそ訪れるべきスポットです! さらに、昔から不思議な力の集まりやすいパワースポットとも言われてきました。マイナスイオンを浴びて、自然に癒される滝を見に行きませんか?

流星の滝・銀河の滝

流星の滝・銀河の滝

tabiiro.jp

北海道にある大雪山国立公園内で見られる「流星の滝・銀河の滝」は、日本を代表する滝のひとつです。2つの滝が同じ崖から降りてきていて、「流星の滝」が男滝、「銀河の滝」が女滝として夫婦滝とも呼ばれています。水がいくつにも分かれて、力強く流れる太い一本の滝が「流星の滝」、細い白い糸のように流れていくのが優美な「銀河の滝」です。「双瀑台」の展望台に登れば、2つの滝を同時に見ることができますよ。


◆流星の滝・銀河の滝
住所:北海道上川郡上川町層雲峡
電話番号:01658-2-4058


秋保大滝

秋保大滝

tabiiro.jp

宮城県にある「秋保大滝」は、日本三名瀑のひとつ。幅が6メートル、落差が55メートルもあるスケールの大きさと、豪快な流れが生み出す迫力が魅力です。川沿いの遊歩道をたどれば滝壺近くから眺めることができ、涼しい風と冷たい水が心地いいので、暑い夏に訪れるのにはぴったりスポット!
国の名勝にも指定されている大自然の中の滝なので、紅葉の頃と新緑が美しい夏が見ごろです。


◆秋保大滝
住所:宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝地内
電話番号:022-398-2323


白糸の滝

白糸の滝

tabiiro.jp

長野県・軽井沢にある「白糸の滝」は、高いところから大迫力で流れ落ちる滝ではなく、優美で優しい水のカーテンのような滝です。幅が70メートルもあり、高さ3メートルの間を無数の白い糸のように水が優しく流れ落ちているのが特徴。岩肌から湧いている地下水が水源になっているため、水の透明度が高い点も特徴です。夏の1ヶ月間はプロジェクションマッピングが行われ、日本夜景遺産にも選定されています。リゾート地としても人気の軽井沢へ旅行する際は、ぜひ訪れておきたい観光名所です。


◆白糸の滝
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉
電話番号:0267-42-5538


龍門の滝

龍門の滝

tabiiro.jp

大分県にある「龍門の滝」は、鑑賞用だけでない遊べる滝であることをご存知ですか?
「日本一の滝すべり」ができるスポットとして、夏になると一枚岩の上を滑る多くの観光客でにぎわいます。滝は2段になっていて、1段目の滝は高度もある急流ですが、2段目の滝が滑らかな角度になっていることに加え、水苔が生えていてとても滑りやすいので天然のウォータースライダーになっているんです。大人も子どもも楽しめる夏の水遊び場です!


◆龍門の滝
住所:大分県玖珠郡九重町松木龍門
電話番号:0973-73-5505


観光 旅行 国内 観光 スポット 癒し