食べればポカポカに!?冬の観光を楽しくする札幌のあったかグルメ4選その0

食べればポカポカに!?冬の観光を楽しくする札幌のあったかグルメ4選

2017-02-19
40454 Point
「さっぽろ雪祭り」をはじめ、イルミネーションやウィンタースポーツなどさまざまな魅力が詰まった冬の北海道・札幌。
今回は北の大地の寒さを吹き飛ばし、冬の観光をより楽しくする食べればポカポカの「札幌のあったかグルメ」を紹介します!

あったかグルメ4選①「しゃぶしゃぶ酒家 しずく」の「ワインラム肉と黒豚セット」

あったかグルメ4選①「しゃぶしゃぶ酒家 しずく」の「ワインラム肉と黒豚セット」

tabiiro.jp

「しゃぶしゃぶ酒家 しずく」は、すすきの駅から徒歩約1分の場所にあるお店で、北海道産の食材を中心に使用した鍋料理を味わえます。

なかでもおすすめの「しずくセット」は、白老牛ランプ、白老牛イチボ、江別産黒豚バラといったブランド肉や盛りだくさんの野菜はすべて道産の食材を使用!

最後の〆に、うどんかラーメンか好きな方を選ぶことができます。肉や野菜などさまざまな食材の旨味が詰まったスープでいただく麺は、体がポカポカになること間違いなし!

ビールや日本酒、焼酎、ワイン、シャンパンといった酒も豊富に揃える、すすきので人気の居酒屋です。

◆しゃぶしゃぶ酒家 しずく
住所:北海道札幌市中央区南4条西3丁目9-1 2Mビル7F
電話番号:011-206-0265
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日

あったかグルメ4選②「炙り・海鮮・旬野菜 閤~CUGURIDO~」のしゃぶしゃぶ

あったかグルメ4選②「炙り・海鮮・旬野菜 閤~CUGURIDO~」のしゃぶしゃぶ

tabiiro.jp

「炙り・海鮮・旬野菜 閤~CUGURIDO~」は、札幌駅から地下歩行空間に直結する商業施設「赤れんがテラス」内にある、観光客にも人気の和食処です。

十勝和牛や留寿都産もち豚など北海道産のブランド肉はもちろん、カニやブリ、クエといった魚介類もしゃぶしゃぶで満喫できます。

「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」やポプラ並木を一望できる雰囲気抜群の個室席は、まさにデートでの食事にもぴったり!

札幌へ旅行に出かけた際には、ぜひ立ち寄りたい店のひとつです。

◆炙り・海鮮・旬野菜 閤~CUGURIDO~(あぶり・かいせん・しゅんやさい くぐりど)
住所:北海道札幌市中央区北2条西4丁目1 赤れんがテラス3F
電話番号:011-212-1812
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休

あったかグルメ4選③「らっきょ本店」のスパイスが効いたスープカレー

あったかグルメ4選③「らっきょ本店」のスパイスが効いたスープカレー

tabiiro.jp

体をポカポカにしてくれるのは鍋料理だけではありません!

こちらの「らっきょ本店」は、JR線琴似駅南口から徒歩約2分の場所に位置する、地元で人気のスープカレー専門店。

豚骨、牛骨、トマトといった素材と、26種類ものスパイスと一緒に10時間以上かけてじっくりと煮込むスープは、ピリッとした辛さと具材のコクがギュッと凝縮された、本格的な味を楽しめます!

スープに含まれたスパイスは、健康や美容に好影響を与えるデトックス効果が期待できるため、特に女性の方は要チェックです!

◆らっきょ本店
住所:北海道札幌市西区琴似1条1丁目7-7 カピテーヌ琴似1F
電話番号:011-642-6903
営業時間:11:30~22:00 ※平日のみ15:00~17:00はCLOSE
定休日:第3水曜日

あったかグルメ4選④「ピカンティ 北13条本店」の「アーユルヴェーダー薬膳1/f」

あったかグルメ4選④「ピカンティ 北13条本店」の「アーユルヴェーダー薬膳1/f」

tabiiro.jp

今やすっかり札幌を代表するグルメのひとつになったスープカレーですが、その文化の火付け役となった人気のスープカレー店「ピカンティ 北13条本店」。

ゴロゴロと大きくカットされた野菜をたくさん摂ることができる、体にもうれしいメニューが揃います。

なかでも「アーユルヴェーダー薬膳1/f」は、春ウコン、高麗人参、生姜などをスパイスに使用しており、これを食べれば体の芯から温まるおすすめの逸品です!

薬膳カレーでポカポカに体を温めて、冬の札幌観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆ピカンティ 北13条本店(ぴかんてぃ きた13じょうほんてん)
住所:北海道札幌市北区北13条西3丁目 アクロビュー北大前1F
電話番号:011-737-1600
営業時間:11:30~23:00(LO22:45)
定休日:無休

札幌 しゃぶしゃぶ すき焼き スープカレー 北海道 飲食 食事 カレー ご当地 旅行 国内