札幌から車で約45分!“レジャーの街”北海道・岩見沢の注目スポットその0

札幌から車で約45分!“レジャーの街”北海道・岩見沢の注目スポット

2018-07-10
11989 Point

image source: tabiiro.jp

北海道札幌から車で約45分のところにある岩見沢市は、最近は”レジャーの街”として注目を集めています。咲き誇るバラが見られる「いわみざわ公園」やオリジナルワインを醸造している「宝水ワイナリー」など、豊かな自然と触れ合え、ここだけでしか味わえないワインも。
北海道の新たな魅力を見つけられる、岩見沢の旅はいかがですか?

岩見沢市とは

岩見沢市とは

tabiiro.jp

岩見沢市はもともと炭鉱で栄え、交通の要所にもなっていた歴史ある街でしたが、最近では札幌のベッドタウン、そして注目のレジャースポットがあることから気軽に行けるレジャーの街として話題になっています。
農園や果樹園、森林公園などの自然や、窯元や美術館などのアート関係、そしてレールセンターや複合駅舎、旧万字線朝日駅など鉄道の歴史を語るスポットなど、さまざまな見どころが揃っている点が魅力です。

ログ ホテル メープルロッジ

ログ ホテル メープルロッジ

tabiiro.jp

特に注目を集めているスポットは、2018年4月にリニューアルしたばかりの「ログ ホテル メープルロッジ」です。札幌の中心地から車で約60分の場所にあり、ゆったりとした広さの全15室の客室、美人の湯と評判のとろみのある天然温泉、シェフによる本格洋食のレストランが揃う温泉宿泊施設です。

農業体験やテニスなどのアクティビティができるほか、本格的なグランピングができる施設としても注目されています。周りを木々に囲まれた緑あふれる中でのグランピングは、より自然を感じられる空間での滞在を楽しみたい方におすすめです。


◆ログ ホテル メープルロッジ
住所:北海道岩見沢市毛陽町183番地2
電話番号:0126-46-2222

宝水ワイナリー

宝水ワイナリー

tabiiro.jp

豪雪地ならではの風土を活かした岩見沢オリジナルのワインを醸造している「宝水ワイナリー」は、ブドウの生育期間と同じ4月下旬から11月上旬まで醸造所の見学や直売所での試飲、購入などを通してワインの魅力に触れられるスポットです。

自家製のブドウ果汁ソースをかけた「赤ブドウソフト」と「白ブドウソフト」のソフトクリームも人気で、直売所ではワインを購入できるほか、雑貨や岩見沢市内で生産・加工されている食品も手に入ります。ぜひ、思い出に残る岩見沢のお土産を探してみましょう。


◆宝水ワイナリー
住所:北海道岩見沢市宝水町364番3
電話番号:0126-20-1810
営業時間:10:00~17:00
定休日:金曜日

いわみざわ公園のバラ園

いわみざわ公園のバラ園

tabiiro.jp

約4万平方メートルという広大な敷地の中で、約630品種8800株のバラとハマナスを栽培している「いわみざわ公園」。道内でも最多の品種数を栽培しています。
ハマナスは北海道の各地に自生している北海道を代表する花で、「いわみざわ公園」では山手の斜面に「ハマナスの丘」を作っています。

6月下旬から見ごろを迎えるバラはハイブリッドティーローズやオールドローズが華やかに咲き誇り、10月中旬ごろまで楽しめるのでこれからの時期でも十分見ごたえがありますよ。


◆いわみざわ公園
住所:北海道岩見沢市志文町794
電話番号:0126-25-6111
営業時間:4月中旬頃~11月初旬頃9:00~17:00(季節により延長になる場合があり) ※バラの鑑賞期間は6月下旬頃~10月中旬頃まで。気候によって見頃は前後する可能性あり
定休日:なし
料金:無料(室内公園「色彩館」は一般入館料100円)

おわりに

今回は札幌から約45分で行けるレジャーの街、岩見沢市の注目スポットをご紹介しました。今大注目のグランピング施設や、ここでしか味わえない岩見沢オリジナルワインがある「宝水ワイナリー」、そして道内でも有数の花園など、さまざまな魅力に触れてみてはいかがですか。

【関連記事】夏の北海道で遊びつくす!旭川・富良野・空知のおすすめ観光スポット4選

北海道の中でも中央から北に位置する旭川・富良野・空知は、豊かな自然がある北海道らしい観...

旅行 北海道 観光 国内